スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PK

2012年08月16日 03:44

「今から思えば」大臣は半分、意識せずに洩らした。「試されていたのかもしれない」
「何を試されたんですか」秘書官がすぐに質問してきた。
「たとえば」大臣は少し間を空け、考えた後で、「たとえば、勇気の量を」と言う。


PKPK
伊坂 幸太郎

講談社 2012-03-08
売り上げランキング : 10132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと前に読んだ。
…久しぶりだから、どんな書き方してたか分からん(笑)→適当に

面白かった…とイキナリ書いてみる。
伊坂幸太郎らしい、と感じた。

3つの中編から成っている。3つのお話はしつこくない程度に関係している。
1つ目のお話は「PK」
大臣が秘書官に調査をさせる。「ワールドカップ予選で小津選手がPKを決めることができたのは、なぜか?」

2つ目のお話は「超人」
ある男には、将来の殺人者の名前がメールで送られてくる、という特殊な能力がある。彼は将来の殺人者を、事前に殺す。

3つ目のお話は「密使」
人類の未来を託された密使は、ゴキブリ。そこに、時間をちょっとだけ人から盗める男が現れる。

さあ、断片的だ。たぶん、そんな断片をいい具合に結びつけて、お話ができてる。
いい断片を、無理なく結びつける。そんな伊坂幸太郎らしさ。

勇気が試される。戦うのか、戦わないのか。
どうしようもないくらい大きなことに対して、戦うと決めること。
ドキドキしてどうしようもないことが、淡々と。
いや、淡々としてるから、ちょっとドキドキするのかも。

やっぱり、どこまで書いていいか分からないから、記事の内容はフワフワしてしまうけども、良いもの読んだ感が伝わればいいのに。

★★★★★(星5つ)

[PK]の続きを読む

ランキング



モダンタイムス

2009年01月02日 11:52

「勇気はあるか?」

モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
伊坂 幸太郎

講談社 2008-10-15
売り上げランキング : 2433
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読んでから記事にするまでがやたらと長い僕ですが。
これも思い出し思い出し、何か書いてみます。
『魔王』というお話と同じ世界設定で、少し未来のお話。

主人公の渡辺拓海は浮気をしたために、奥さんが雇った怖いお兄さんに拷問されそうになっている。
そんなところからお話は始まる。
お話は展開して、仕事をしている場面。
先輩が逃げ出したその仕事の最中に「よく分からない言葉」を見つける。
「人は分からないことに出会った時、まず検索する」
そして、特定の言葉を検索した人が次々不幸な目にあっていく。

敵はどうやら「システム」とでも呼ぶべき大きなもののようだ。
「そういうことになっている」なら人はあきらめなくてはならないんだろうか?
皆が「そういうことになっている」からやっている・やられているだけ。
渡辺たちはそれに必死に抗ってみる。

渡辺は『魔王』から続く特殊な力を持つ家系に生まれた。
渡辺も特別な力を持っているのか?
追い込まれた状況で、本当に特別な力は表れるんだろうか?
奥さんが渡辺に期待している特別な力って何なんだろう?
…そういえば、この奥さんがメチャクチャかっこよくて。
伊坂さんのファンで、これから読まれるような人は期待したらいいと思う。

ちょっと分厚い本だけど、モチベーションが高いまま読める。
これはやっぱりお話の展開のさせ方がうまいからだろう。
人によっては、このやり方を見飽きた人もいるかも、だけど。
伏線たちが回収された時に得られるパンチがちょっと弱いかもしれない。
でも、確かに弱いけど、読後の爽快感は僕にど真ん中で。
「勇気はあるか?」の答えに注目だ。
これに答える最後の数行で、500ページ読んでみる価値はあるよな、と思う。

★★★★☆(星4つ)
伊坂さんの本はとりあえず、今のところ例外なく大好きだ。
これからも期待してたい。

関連記事
本の山 。 オーデュボンの祈り
とりあえず、まだ井坂さんの本を読んでない人で興味のある人は、一番はじめから手にとってみるのはどうだろう?
文庫だし。
[モダンタイムス]の続きを読む

ランキング



終末のフール

2008年09月14日 13:27

かわりに、おまえもいつか、誰かを許してあげなさい

終末のフール終末のフール
伊坂 幸太郎

集英社 2006-03
売り上げランキング : 36173
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


帯に伊坂さんのこの本に寄せる言葉。

静かで、可笑しくて、
力強いものに触れたくて、
8つのお話を書きました。
どの話にも思い入れがあり、
大事な本となりました。


それはそれは面白い本でした。

世界の寿命が発表された。8年後に小惑星が落ちてくるという。絶望した人々が暴れに暴れ、町は荒れに荒れ…。そして、数年後、突然、疲れたかのように町が大人しくなった。

避けられない死を前にして人はどれくらい人を許せるだろう?
その優しさは、確かに静かで力強かった。

時に、力強さを失わない人に前に進む力を分けてもらったり、
昔は持っていたモノを思い出したり、
大切な何かを新しく身につけたりしながら、
静かに、できるだけ愉快に生きていく人たち。

思わず、自分が同じ状況だったら、と考えずにはいられない。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」



★★★★★(星5つ)

関連記事
死神の精度
チルドレン
どっちも伊坂さんの短編もの。
どちらも良い本だと思います。
[終末のフール]の続きを読む

ランキング





広告




FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。