スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の王子さま

2008年08月09日 23:57

「人間はね」と王子さまは言った、「急行列車で走り回っているけれど、何を探しているか自分でもわかっていない。ただ忙しそうにぐるぐる回るばかりなのさ……


星の王子さま (集英社文庫) (集英社文庫)星の王子さま (集英社文庫) (集英社文庫)
アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ

集英社 2005-08-26
売り上げランキング : 5304
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今さらこんな本を読んでみた。アマゾンでは訳が問題になっているようだったので、一応明記しておくと、池沢 夏樹さんって方の訳。著作権(?)が切れて新訳がいくつか生み出されたとかで、同じ「星の王子さま」でも翻訳者によって評価が違ってきている。そんな新訳の中の一つが本書。
僕は他のを読んでないので、訳者ごとの違いが知りたい方は、アマゾンのレビューを見る方がいいかも。

ここにはメモしていないけど、少し前に『人間の土地』を読んだ。それも「今さら感」は否定できないけど、とても面白かったんです。そんな折、学校の生協で『星の王子さま』を見つけました。横には「文庫・新書合わせて3冊で15%オフ」の文字。適当に他の2冊を選んで、本を買ってしまったわけです。

で、グッと読んで、ガッと終わって、へローンとした感想を持ちました。
うん、良い本だった←バカ

…。

子どもたちに向けて書かれた本だと書いてあります。きっと、子供たちに伝えたくてしょうがないことがあったんですね。そして、とても丁寧に書かれている。

君たち子どもは周りの大人を見てどう思う?
つまらないことに意地になっているように見えないか?
君たちはもっと大事なことを知っているだろう?
それが待っている明日が素敵に見えるだろう?
大きくなっても、それを忘れずにいられるといいね。

丁寧なストーリーでもって「もし良かったら僕のメッセージが伝わればいいな」という謙虚な言葉で書かれている。できるだけ子供の視点を想像しながら、できるだけ子供のころのことを思い出しながら、丁寧に丁寧に。そんな中に「やっぱりサン=テグジュペリも大人なんだな」という悲しさみたいなのを感じてみたり。
それを含めて面白かったと感じたわけですが。僕みたいなおっさんになりかけのダメ人間が面白がっても作者はきっと喜ばないだろうけど、楽しい時間でした。

ああ、おっさんおばさんは読んでみてもいいかも。きっと、反省できることもあるんじゃないかな。その後「ぜひ、子供のうちに読んでおくべき本」とか言いだすような人は死ねばいいけどね(笑)

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
大変満足いたしました。

関連する本の記事として、『子供』をテーマに3冊ほど。
くちぶえ番長
少女には向かない職業
チルドレン
[星の王子さま]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。