スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前多田便利軒

2009年03月19日 22:23

そのチャンスは残されている

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
三浦 しをん

文藝春秋 2009-01-09
売り上げランキング : 2273
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「忙しい年になる」曾根田のばあちゃんの予言通り、その年に便利屋の多田が関わる人たちは何だか問題ばかり抱えている。
その中でも事あるごとに多田を悩ませるのが元同級生の行天(ぎょうてん)。初仕事の帰り際に、行天を拾うところからお話が展開していくのだが、とにかく困った奴で。住むところのないからと、便利屋に居候。すすんで仕事を手伝うでもなく、しかし、仕事には付いて来たがる。たまに役に立つのだけれど、人の目を気にしなさすぎる振舞いは多田を困らせるばかりだ。

少しずつ匂わされていくのだけれど、多田も行天も暗い過去がある。それは、大事なものが自分から決定的に離れていってしまった記憶。絶望的に修復できないものを抱えた時に、人はどうしたらいいんだろう?便利屋に関わる人たちとその問題が、時に多田の記憶を刺激する。

お話はシリアスな雰囲気を匂わせながら進み、しかし、行天や他の登場人物のキャラクターのお陰で暗くなりすぎず、読み心地に関して言えばむしろ軽めのテイスト。匂わされたクライマックスへの期待半分、心地いいお話だなって印象半分、「何か中途半端だな…」という気持ち半分(あれ?計算が合わない…)。
中途半端だって印象は心地よさと一体なのかな。多田の過去は、そこまで予想外でもないし、お話のオチもそんなに強くはない。それで、お話の引っ張り方とオチの威力はバランスが取れていない気がしたけれど、その「ああ良かったね」で終われるお話の作りが、心地よさに一役買ってるのかもしれない。
特に悪い印象なく、時間を潰せるかな、という一冊だと思いました。

★★★☆☆(星3つ)

また、『まほろ』というのは町田をモチーフにした街らしい。町についての描写が気になる人は、
山路を登りながら、こう考えた。:まほろ駅前多田便利軒 - livedoor Blog(ブログ)
こちらのブログ記事など参照にされてはいかがでしょう?


本の山で、この雰囲気に関連しそうな記事
本の山。 卵の緒 -
本の山。 くちぶえ番長 -
[まほろ駅前多田便利軒]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。