スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルー=ガルー 忌避すべき狼

2009年11月23日 22:57

「足りない?」
「足りないのさ。三回目の被害者と五回目の被害者に関しては――臓器が一部発見されてない」


ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)

講談社 2009-10-22
売り上げランキング : 110037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


京極さんの本ですね。好きなのですが、時間がかかるので時々しか読めません。今回はたまたま本の切れ目に、目に付いたので読んでみましたが…やっぱり時間かかりますね(苦笑)

何か変わったプロジェクトから出てきたようですね。

二〇三〇?二〇五三年の近未来社会の設定を読者から応募し、その設定を元に、京極夏彦氏が新たな物語を生み出す、というプロジェクトがスタートしました。


とか書いてある。

そんな訳で、舞台は近未来。主人公たちは、今とは形態の違う学校に通う、近未来的な学生です。そんな彼女たちの周りで殺人事件が起こります。学生を狙った連続殺人…?自分から首を突っ込んだり、巻き込まれたりしながら、いつしか事件の中心に。

ミステリ小説と言えば、そうかもしれませんが、謎解きには力が入れられていません。それよりは、教育とか人権とか自分とか、そういうことに悩むお話です。つまりは、近未来を舞台にした、ベタな話ですね。

社会がシステムとして、大まかに、何となく、ちょっとだけ、完成しているのかもしれない、という雰囲気。そういうほんの少しの成熟がシステムの硬さと狭さを生んでいて、そこからはみ出る、または叩き出されると、途端に生きにくい。
これも今と変わらないかもしれないけど、少し社会の許容範囲を狭めてやることで、特異な叩き出され方が演出されている。

ふと、思い出したのが、新世界よりって本。この前読んだ本だけど、未来の社会のお話で、完成されたシステムと、そこから叩き出された時のギャップが主題の一つだと思った。

読書量が多くないので分からないけども、未来設定のお話ではベタな見せ方の部類なのかもしれない。確かに現代の人にとって、書きやすいテーマにも見える。現代の基準から少し変えてあげて、そこに生まれる歪さって、分かりやすそうですよね。
この本に関してはアニメ化の話があったようだから、分かりやすさが重要だったのかも。

ところで、この本のタイトル『ルー=ガルー 忌避すべき狼』ですが、最後までピンと来ませんでした。それらしいセリフが出てくるのに、何か遠い。これは個人的に、残念ポイントでした。

僕の評価は
★★★★☆(星4つ)
[ルー=ガルー 忌避すべき狼]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。