スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PK

2012年08月16日 03:44

「今から思えば」大臣は半分、意識せずに洩らした。「試されていたのかもしれない」
「何を試されたんですか」秘書官がすぐに質問してきた。
「たとえば」大臣は少し間を空け、考えた後で、「たとえば、勇気の量を」と言う。


PKPK
伊坂 幸太郎

講談社 2012-03-08
売り上げランキング : 10132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと前に読んだ。
…久しぶりだから、どんな書き方してたか分からん(笑)→適当に

面白かった…とイキナリ書いてみる。
伊坂幸太郎らしい、と感じた。

3つの中編から成っている。3つのお話はしつこくない程度に関係している。
1つ目のお話は「PK」
大臣が秘書官に調査をさせる。「ワールドカップ予選で小津選手がPKを決めることができたのは、なぜか?」

2つ目のお話は「超人」
ある男には、将来の殺人者の名前がメールで送られてくる、という特殊な能力がある。彼は将来の殺人者を、事前に殺す。

3つ目のお話は「密使」
人類の未来を託された密使は、ゴキブリ。そこに、時間をちょっとだけ人から盗める男が現れる。

さあ、断片的だ。たぶん、そんな断片をいい具合に結びつけて、お話ができてる。
いい断片を、無理なく結びつける。そんな伊坂幸太郎らしさ。

勇気が試される。戦うのか、戦わないのか。
どうしようもないくらい大きなことに対して、戦うと決めること。
ドキドキしてどうしようもないことが、淡々と。
いや、淡々としてるから、ちょっとドキドキするのかも。

やっぱり、どこまで書いていいか分からないから、記事の内容はフワフワしてしまうけども、良いもの読んだ感が伝わればいいのに。

★★★★★(星5つ)

[PK]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

SOSの猿

2009年11月26日 01:41

「救急車、どこに行くの」と訊ねていた。
母は即答した。「どこかでね、誰かが、痛い痛い、って泣いているんだよ。だから、助けに行くんだよ」


SOSの猿SOSの猿

中央公論新社 2009-11-26
売り上げランキング : 47
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伊坂さんの新しそうな本、買っちゃいました。ちょっとずつ、ゆっくり読むつもりだったのに、なかなか上手くいかないもんです。

読売新聞に連載してたんですね。そういえば、一回見たような記憶があります。ちょこちょこ読むのは耐えられないな、と思ってみなかったフリをしたような記憶が。
五十嵐さんって人がこの本と対になる「SARU」って漫画を出すようなことも巻末に書いてありますね。

内容ですが、主人公の二郎が、SOSを求められるところから始まります。誰かが困っていたら、首を突っ込まずにいられない性格の二郎は、精一杯断ろうとするのですが、やっぱり、できる限りのことをすることになります。

知人の息子が引きこもりで…。そのSOSに取り組む二郎の「私の話」と交互に語られる「猿の話」。証券会社で起きた誤発注の原因を探る生真面目な男と、男が出会う奇妙な因果関係が語られます。

二つのお話に絡みつくように出てくる西遊記。いろんなところに現れては消える孫悟空がかき回すかき回す。何が本当で何が幻覚なのか?そもそも、そんなところに意味はあることか…?

やっぱり、心地よく読める。いろんな「惑い」を持ってくよくよするのが、ひどく良い。嘘正しいと思う。物語臭いまま、すっきりできる感じが潔くて、好きだな。

評価は★★★★★(星5つ)

…おっと、アマゾンにはまだレビューがないようですね。珍しい…。
というわけで、今日はここまで。

あるキング

2009年09月03日 23:30

王様は、バットを持ってんだよ

あるキングあるキング

徳間書店 2009-08-26
売り上げランキング : 75
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伊坂さんの本は見つけたら反射的に買うことにしている。今までハズレはなかったけど、どちらかというと、今回みたいに本自体が薄めのものの方が好き。

プロ野球に仙醍キングスという弱小球団がある架空の世界。そこで唯一のヒーローとして活躍した南雲慎平太が、その監督人生最後の試合に、相手チームのファールボールのせいで命を落とす。熱狂的ファンの山田夫妻はその屈辱的な試合を見ながら、一人の子を産む。「王(キングス)が求め、王に求められる」で王求(おうく)と名付けられたその子。図らずも「球」という字を崩したその名前の子供は親の期待通り異常な野球のセンスを見せる。

アマゾンに伊坂さんが手書きした言葉。あるキング

誰も読んだことのないような伝記を書いてみました。


伝記…伝奇も掛けてるのかも。確かに語り手も今までにはなかっただろう。…ってか、これを伝記と言い切るところが凄いな(笑)

いつものテイストとは少し違うかもしれない。伏線の鮮やかな回収で魅せる訳でもなく、胸がすくようなお話でもない。しかし、文章の巧さ・力強さは紛れもなく伊坂さんのもので、読んでいて気持ちいい。

不思議な世界観なのに、グッと引き込まれる。ベタなようでいて、きれいなオチ。

いつも何かテーマがある気がする。そのテーマを嘘くさくなく読者に読ませる。とびっきりの嘘で以て。
今回も後味まで爽やかで。

★★★★★(星5つ)
[あるキング]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。