スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親不孝通りラプソディー

2009年06月23日 23:56

一九八五年。
オレも相棒も、十七歳だった。


親不孝通りラプソディー (ジョイ・ノベルス)親不孝通りラプソディー (ジョイ・ノベルス)
北森 鴻

実業之日本社 2008-11-19
売り上げランキング : 482061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


親不孝通りディテクティブの続編。テッキとキュータの若かりし頃のお話。

未だにガキの領域に踏みとどまっている馬鹿な高校生が、美人局に引っかかったあげくに信用金庫から現金強奪を計画し、それを実行に移したことさえ十二分に驚愕に値するというのに、その金額が一億超という途方もない事実を告げられて、平然としていられるほど俺は人間ができ上がっていない。当り前だろう。その金が、正真正銘由緒正しき裏金であることは、キュータが計画を俺に持ちかけていた段階で聞かされていたが、


…。

現金強奪の際、キュータは偽の手がかりをばらまき、捜査を撹乱する方法を選びます。そのために用意した、警官の射撃訓練所から盗み出した、弾丸。これがまた、いわくつき。
キュータが、仕方なく組んだ人間が、ヤクザとのつながりもある、狂犬キョウジ。
さらに、過去に起こった現金強奪事件と結び付き、強奪されたお金の総額3億超。
お金の周りに群がる怪しい集団…。

一気に読んでしまう系の面白さでした。

人によっては気に入らないかな、というポイントが二つほど。
一つ目が、カッコがついてない台詞が突然挿入されること。時々、いつの間にか、誰かわからない人の台詞が始まっていて、混乱することがあったかな。
二つ目が、高校生らしい、直接的な表現の下ネタ。ああ、下品さ(笑)
この二点に関しては、けっこう意見が分かれるかもしれないな、と思いました。

だけど、僕はかなり満足。
★★★★☆(星4つ)
親不孝通りディテクティブと合わせて読むと、満足感もさらに大きめかな、と思いました。
[親不孝通りラプソディー]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

那そば館の謎 裏京都ミステリー

2008年08月20日 07:26


刹那に、僕は意識のモードを切り替えた。
京都でも屈指の貧乏山寺、そこの寺男から、かつての《生業》の従事者へ、と。


支那そば館の謎 裏京都ミステリー (光文社文庫)支那そば館の謎 裏京都ミステリー (光文社文庫)
北森 鴻

光文社 2006-07-12
売り上げランキング : 35876
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


北森さんの短編集。
いつもの連作短編ではなく、一つ一つが独立の短編集。

今回の主役はある貧乏山寺の寺男。
かつて、泥棒稼業に従事していた彼は、とある偶然で、寺の住職に拾われる。
以来、寺男としてつつましく暮らしていたが、ことあるごとにこの寺の周りで事件が起こる。
他殺死体が寺近くの川に浮いてるのを見つけてみたり、うざいエロ作家が事件をひきつれて転がり込んできたり、ちょっとした頼みごとの後ろに暗い話が隠れていたり。
泥棒時代の手段を駆使しながら事件を解決して…

何か、それだけの話だったかも。
いい話テイストだけど救われない雰囲気の間に明るいお話も挟まっていて、その所々においしそうな料理がちりばめらている辺り、確かに北森テイストなんだけども、全然物足りなかった。
設定それなり、お話うざめ、上手さほぼゼロ、というところかな。
すんごいパンチの弱い作品だったな、と思う次第。

僕の評価は★★☆☆☆(星2つ)

関連記事は連作短編のよりお気に入りたち
チルドレン
親不孝通りディテクティブ
死神の精度
屋上物語
[那そば館の謎 裏京都ミステリー]の続きを読む

ランキング



屋上物語

2007年07月17日 00:50

さらに"男気"の兄ィに向かって凄味のある笑いを浮かべ、彼女はいった。
「兄さん、男気ってのは、マ抜けの勇気って言葉を知っているかね」


屋上物語屋上物語
北森 鴻

祥伝社 2003-06
売り上げランキング : 69110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


北森さんの本。
好きな作家さんの一人。
この本も面白かった。

あるデパートの屋上にあるうどん屋。
そこの名物店主『さくら婆ァ』が主人公。
屋上で様々な事件が起こり、それをさくら婆ァが解決する。
うどん屋に常連としてやってくる興行師の男(ヤ○ザ?)や高校生なんかを使ったりして。

お話は短編の重なりで一つの小説になる、という形式。
北森さんが得意な形式なんだろう。

語り手は屋上にあるモノたち。
たとえば、屋上の稲荷社の使い狐だったり、小型観覧車だったり、屋上そのものだったり。
彼らは事件について自分達が見たこと・知っていることを誰かに伝えたい。
でもそれは無理なことで、ヤキモキしていたりする。
さくら婆ァはまるでそれを読み取ったかのように、事件を解決していく。

屋上から絶望を感じさせる様子で紙飛行機を飛ばした男の子は何を伝えたかったのか?
屋上で首を絞められて死んだ警備員は一体どうして死んだのか?
屋上のベンチに忘れられたPHSが定時に鳴るのはなぜ?
…。

そうした謎たちが微妙につながっていき、そして最後は、さくら婆ァが本当に知りたかったことに答えが出る。

一つ一つのお話が面白く、また最後のオチもそれなりに満足なものだと思いました。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
すっきり読める本だと思います。

アマゾンのレビューのレビューは続きから。

関連記事を短編連作系から
親不孝通りディテクティブ
メイン・ディッシュ
チルドレン
死神の精度
[屋上物語]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。