スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンノウン

2008年10月20日 02:50


 自衛隊が本来の活躍をすることはあってはならない。日々の努力の成果を発揮してはならない。それが平和というものであり、武力を持っている組織は国民から白い目で見られている間が幸せなのだと朝香二尉は言った。
 しかしそれは隊員の存在意義を奪う。「いったい何のために」というセリフを、俺は酒の場で何度も拝聴してきた。日頃は使命の重要性を説く上司が、前後不覚になったとき愚痴をこぼす。



アンノウン (文春文庫)アンノウン (文春文庫)
古処 誠二

文藝春秋 2006-11
売り上げランキング : 253096
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中学生か高校生くらいの頃にはじめて読んで、凄く面白かった印象があった。
近頃、文庫になっているのを見つけて、ちょっと買いなおしてみたわけです。
これがやっぱり面白くて。
ちなみに、昔に読んだ時は講談社の新書でした。
なぜか文春文庫。
大人の事情は分からないが、こういうのって本を見つけにくくすると思う。
今回はたまたまでも見つかって良かった。

自衛隊の基地が舞台。
そこで隊長室の電話に盗聴器が仕掛けられているのが見つかった。
厳格で几帳面な隊長で、施錠はほぼ完璧。
そもそも、隊長室を離れることがほとんどない。
誰が何の目的でこんなことを?

事件そのものは小さいし、答えもインパクトに若干欠けるかもしれない。
でも、「自衛隊の基地内」という特殊性がかなり面白い。
むしろ、事件の部分はおまけなんじゃないかとも思えるくらい新しい世界。

お話の中で絶えず問われる自衛隊の意義。
国民のために命をはり、その国民から疎まれる。
彼らは制服姿で外も歩けないのだ。
それが正しいのか。
読者は強く考えさせられることになる。
たぶん元自衛官である著者も、できるだけたくさんの人に考えてもらいたくて、軽い見た目の本を書いたんじゃないだろうか?

シリアスな問題を残しつつも、なかなか爽快な本でした。

解説が面白かったからいろいろ抜き出してみよう。

しかしそれでもタマタマ戦後六〇年日本が侵略されなかったのは憲法九条のおかげとマジで信じ切っとるアホが日本に少なからずおるから、不思議である。


国防の最前線に立ち、青春をきびしい訓練に捧げてきた若者たちに、平和を享受しまくるだけのボケ共は何をしてきて、せんかったか。


この書はサスペンス小説の皮をかぶった、我が国に対する警鐘なのである。



食わず嫌いも多そうな本であるけれど、けっこう読んでみてもらいたい本だったりする。
評価は★★★★☆(星4つ)

雰囲気が近そうな記事?
砂漠

関係は薄い気がするけど、たまたま見つけたお話のコピー。

 2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
 その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
少女「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま
敬礼していた。



参照ページ
[アンノウン]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。