スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉

2008年03月13日 16:32

数字のセンスを身につけるために、数字をとおして「考える力」をも鍛えるのが、この上下巻の隠れた使命だったのです。


「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
山田 真哉

光文社 2008-02-15
売り上げランキング : 16048
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さおだけ屋と食い逃げ上巻に続く山田さんの本だ。これも楽しめました。

この本では上巻で紹介した会計的な考え方に対して、自ら疑問を投げかける。数字には便利な反面、禁じられるべき使い方がある。薬には「用法・用量を守って正しくお使い下さい」って注意書きがある。この本は、数字が苦手な人に処方された上巻の、注意書きとその説明書なんだろう。

音楽や本のランキングに代表されるような作られた数字や経済効果のような根拠のない(薄い)数字…まずは、こういった間違った数字の使い方について言及している。
用法を間違えるなよ、ほら、全然治らないでしょ?みたいな。

会計的な根拠だけを元に、計画を立てたり、効率化を追及したりすることの危うさは、薬で言えば、さしずめ用量をミスった例ってところだろうか。
効き目のある薬を飲みすぎて、異常に眠くなって、次の日の試験を寝過ごすみたいな、そんなバカバカしさがある。

他の薬の可能性もあるのに、使い方が間違っているかもしれないのに、強くこだわるのはまずいんだ。本当に治したいなら、狭い視野じゃあ、本気とは言えないんだぜ?そんなことを言っているわけだ。それを伝えるために、山田さんはいくつか工夫を凝らしている。

たとえば、二分法という便利な考え方が紹介されている。二つに分けて「どちらか?」と考えれば思考が非常に楽になる。ビジネスの要素を「社外」と「社内」に分けて分析したり。
変わった例では、ブログを書くときのネタ探し。「自分の体験」と「他者から聞いた話」のどちらのネタを使うか、と先に決めることでネタ探しが一気に楽になるんだとか。

で、「便利だぞ」と言っておいて、次の章の冒頭で、「本当に価値のある決定を探すにはこの二分法を捨てることが重要だ」と言ってみる。
ほら、山田さん、頑張ってるでしょう?
なかなかに感じのいい本でした。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)

関連記事
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
[「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉

2007年05月03日 19:24

好きになれるかどうかはわかりませんが、正しい訓練さえすれば、数字は誰でもうまくなれます。
テストでいうと、100点を取れるかどうかはわかりません。でも、75点は取れるようになります。うまくなるコツは"99%の意識と1%の知識"です。


食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
山田 真哉

光文社 2007-04-17
売り上げランキング : 7953
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』の山田さんの本。とても面白かった。1時間で読める本を目指して書いた、ということで内容も薄くて読みやすい。

この本の目的は「数字にうまくなること」

それには徹底的に意識して数字を見ること・使うことが必要だという。
たとえば、Web2.0の『2.0』
たとえば、タウリン1000mg配合の『1000mg』
たとえば、筆者の友達が指定した待ち合わせ時刻『6時53分』
こういった効果的な数字の使い方に敏感になり、そして、自分でも使ってみることが重要だという。

そして、次が簡単な計算をしてみること。
たとえば、簡単に数字を設定して、バイトを雇うコストと、食い逃げされた時の損失を比べてみるとか。
たとえば、企業の成長率を簡単な割り算をしてみて比較してみるとか。
特に、『割り算』を通した『比較』という項目には少し力を入れて説明してある。

とにかく、山田さんの本は例の設定や例題が上手いと思う。飽きずに読める。しかも、内容も良い意味で薄く、文字数も少ないから、さらに飽きる可能性は減るだろう。「これで数字にうまくなれるか」というのは読む人によるだろうけど、数字に苦手意識を持つ人の手助けとして見た場合、とてもよく頑張っている本だと思う。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
『さおだけ屋』とかぶる例があったりしたことと、まだ上巻というのが星を減らした理由で、5つでも良かったかな…
あ、でも、タイトルはセンスないな、と思う。マイナスだ。答えも予想される答えがそのまま載っている。
[食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉]の続きを読む

ランキング



さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

2006年07月31日 22:22

さおだけ屋はちゃんと利益を出し、商売として成り立っているのだろうか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
山田 真哉

光文社 2005-02-16
売り上げランキング : 1273
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というわけで、今さら、さおだけ屋です。ブログを更新しないのも酷いな、と思いまして。この本を読んだのはかなり前です。勢いで購入したものでした。
けっこう面白かったです。

「利益って何か?」とか、「こんなことでも利益が出る」とかいったことを身近な例で見せてくれています。全体的に、今まで会計に全く関わってこなかった人は、知らないかもしれないこと、という本当に対象を絞った入門書でした。初心者の僕はそこそこ「へぇ」って思いました。

今日はすぐにアマゾンのレビューに行ってしまおう。

333件もあった。全部読めなかった。残念だ。全部で星3.5くらいの評価だった。
基本僕の周りでもそうだったが、批判の中には「薄っぺらい」とか「内容がない」「誰でも知っている」という批判が多かった。
いつも思うのだが、こういった人は、自分がその本の対象に入っていないことにも気がつかないのであろうか?プロローグに説明されているというのに、流行に任せて買って、時間とお金が無駄だったとキレる。挙句の果て、「本を捨てた」とか言い出す。

頼むから、せめてbookoffに売るくらいはしようよ。そんなにお金を大切にしない奴が人のお金の考え方を批判してる場合じゃないよ。そんなことを思ったのだ。

そう、イライラするレビューだった。

この本は全く会計に知識のない初心者が会計に対する良いイメージを持つための本である。知識があって読んだら、そりゃあ薄いだろうさ。厳密さも気になるだろう。
でも、そういう本だろ?

というわけで、たまに更新したら愚痴を書く、ダメ人間のブログでした。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)

以下も参考にしてみてください。
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。