スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル・ジョーカー

2009年09月27日 03:49

「……ダブル・ジョーカーを使うつもりはない」
あの日、予期せぬ会見を終えて部屋を出て行こうとする風戸の背中に向かって、阿久津中将は低い声でそう言ったのだ。
「同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ」


ダブル・ジョーカーダブル・ジョーカー

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-08-25
売り上げランキング : 693
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジョーカー・ゲームに引続き、楽しんで読みました。この軽くて単純な面白さと来たら…!

設定もジョーカー・ゲームと同じで、第二次世界大戦直前の日本にこんなスパイ機関(D機関)があったら…というもの。短編が5つ。お話ごとに、軍の第三者の視点、スパイに追いつめられる人間の視点、スパイ自身の視点、と語り手が変わっていく。

たとえば、表題と同タイトルで、最初の短編である『ダブル・ジョーカー』は、軍の第三者の視点で語られる。D機関を煙たく思う軍隊で、新たなスパイ機関(風機関)が組織される。風機関の統率者である風戸の視点で、あるスパイ容疑者に対するD機関と風機関の勝負が描かれる。

ジョーカー・ゲームでも、初めのお話は軍の第三者の視点のものであった。これにより、D機関がこの時代にあって、いかに特殊なものであるかということが受け入れやすくなっていると思う。時代背景の説明やスパイ機関の説明が、説明臭くなく自然に扱われている。

思い返してみると、短編一つ一つのテンポの良さに加えて、お話の配置のバランスが良い。特に深くつながっていないお話を最後まで読んで、過不足なく終わらせるのはなかなか凄いテクニックなんではないか?

一つ残念かもしれない部分が、お話一つ一つのオチのインパクトがそれほど大きくないこと。「そりゃあ、すげぇや」っていう、さらに軽いノリの部分があると、僕みたいな深さを理解できない人間は、さらに楽しめたかも。

でも、全然満足。
★★★★☆(星4つ)

参考
本の山。 ジョーカー・ゲーム
[ダブル・ジョーカー]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

ジョーカー・ゲーム

2008年11月05日 00:32

この連中を動かしているものは、結局のところ、
――自分ならこの程度のことは出来なければならない。
という恐ろしいほどの自負心だけなのだ。



ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
柳 広司

角川グループパブリッシング 2008-08-29
売り上げランキング : 6641
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


帯の宣伝が気になって衝動買い。大正解の買い物でした。

第二次世界大戦直前の日本に、スパイ養成機関があったら、という設定。スパイなんて卑怯なことしなくても日本が戦争に負けるはずがない。そういう風潮の中でD機関と呼ばれるスパイ養成機関を一人で作りあげてしまったのが、かつては自身も優秀なスパイであり、現在は「魔王」と呼ばれ恐れられる、結城中佐という男。集められてくる人間も、また癖のあるものばかりで、選抜の時点でこんな試験に軽々と合格している。

 たとえばある者は、建物に入ってから試験会場までの歩数、及び階段の数を尋ねられた。
 世界地図を広げてサイパン島の位置を尋ねられた者もある。その地図からは巧妙にサイパン島が消されていて、受験者がそのことを指摘すると、今度は広げた地図の下、机の上にどんな品物が置いてあったのかを質問された。
 まったく意味をもたない文を幾つか読まされ、しばらく時間が経ってからその文を、今度は逆から暗唱させる試験があった。


スパイは自分以外、誰も信用できない土地で、一瞬も気を抜くことなく、時に何年も自らを隠し通さなければならない。天皇陛下のために敵を殺し、死んでいくことこそが賛美される世界で、彼らは「死ぬな、殺すな、目立つな」と教えられる。その極まったストイックさと優秀さは単純にかっこいい。

またこんなにも「ど真ん中フィクション」なお話をリアリティを持って演出する文章もものすごい迫力があった。無駄のない文章が強烈に余韻を残す。心から満足。
評価は★★★★★(星5つ)

冒頭の数ページだけアマゾンで読めるようです。読んでしまった僕としては、「後、もうちょっと読めるようになってたらグッとくるのに」と思うところですが、気になる方は以下から読んでみて下さい。
なか見!検索

関連しそうな当ブログの記事
アンノウン
死神の精度
扉は閉ざされたまま
[ジョーカー・ゲーム]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。