スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女には向かない職業

2008年06月04日 10:20

いい頃もあった。
怪物になったのは、いつなんだろう?
あたしたちは幸せをいつ失ったんだっけ?


少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)
桜庭 一樹

東京創元社 2007-12
売り上げランキング : 32870
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


気になっていた作家さんの本を読んでみた。
読みだしたら地味に止まらなかった。

大西葵って中学二年生の子が主人公で。
夏休みと冬休みに一人ずつ人を殺した、と独白するところからお話が始まる。

薄い本で、最初から最後まで、何かしらのクライマックスな気がするので、中身にはあんまり触れられないけど、印象を軽く書いておこう。

何か妙にリアルに見えたんですよ。
普段は無駄に明るいふりをしてるけど、何かの拍子にふと考えこんだりして。
そして、その考えが時に深い考察になってしまったり。
でも、怖い結論は避けてみたり。
自分にはどうしようもない親というものに翻弄されて、でも嫌いになれないで。
友達の空気に流されたり、秘密を共有している友達をちょっと怖く思ってみたり。

あからさまにリアルなフリをしているだけなんですが、そういう風に読んでしまったわけです。
普通なら、すっきりしない話はあまり好きになれないんですが…。
この現実味のない話の妙なリアルさが、心に残ってしまった、という感じ。

このお話、けっこう好きだ。

評価は★★★★☆(星4つ)

この記事も樽井さんがレビューを書かれています。
僕のより内容が濃いよう(爆)
気になる方は⇒こちら

関連記事として、僕が雰囲気が似てるかも、と思うものをあげてみます。
水曜の朝、午前三時
新釈 走れメロス
時をかける少女
どこが似てるんだ?と言われそうですが、まあ、僕の独断なわけでして。
[少女には向かない職業]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。