スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢上教授の午後

2009年08月31日 06:15

「むろん、この状況を歓迎しているわけではないのだが。だがね、一度こんな場面に行きあってみたいと思っておったのは確かだろうな」
「というと?」
「ずばり、閉ざされた空間での犯罪」


矢上教授の午後矢上教授の午後

祥伝社 2009-07-10
売り上げランキング : 85413

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋をふらふらしながら、タイトルに惹かれて買った本。可もなく不可もなく…よりは少し満足できなかったかな。

大学の中にある老朽化した建物。普段人気の少ないその場所に、微妙な秘密を抱えた学生・助手・教授なんかが集まっている。そこに、雷雨で停電。エレベータが動かなくなり、ちょっとややこしい形の非常階段・非常扉のせいで、結果的に建物が封鎖される。そこで、殺人事件が。

ベタと言っても良い展開。ベタなのも嫌いではないので、ここに何か新しさがあったり、キャラクターが特殊だったり、文章が上手かったり、という特徴があれば良い。しかし、全ての点で弱い。

不自然な印象が残る。

登場人物が多く、会話主体の文章。しかし、個々の人物に特徴がないため読みにくく、また会話が多いのに説明口調ばかりで軽快さがない。上に引用した「というと?」みたいに、会話を成り立たすための、「とりあえずの相槌」が多いのも良くない。一度だけ、主人公の矢上教授が「○○じゃ」なんて口調で喋るけど、どんなキャラづけがしたいのさ?

細かく章を分けて視点が変わる。そこで、登場人物が後ろ暗いことを、こそこそと。しかし、登場人物の区別が難しいため、もうどこの誰の話なんだか。

お話の伏線も頭に残りにくい。ただただ、見せ方が汚いのが原因。たくさんの小さな謎を散りばめる手法はけっこう好きだけど、書く力がある人が取るべき手法だと思う。

一番不味いのは、随所で必然性が無視されること。なぜか取られない合理的な行動は、おそらく筆者の想定不足。読者は、必要のないところで解放されることのないストレスを溜めるだろう。たとえば、「最後までオチを語らない探偵」というベタな設定のせいで起こる、展開。何か切羽詰まって見せるから頂けない。

思いついたトリックに適切なお話を選べなかったのかな?

僕の評価は★★☆☆☆(星2つ)
けなし過ぎたな、と反省しつつも、妥当な評価かなと思うけど…。
[矢上教授の午後]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。