スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵の緒

2008年07月20日 12:06

僕は捨て子だ。子どもはみんなそういうことを言いたがるものらしいけど、僕の場合は本当にそうだから深刻なのだ。

卵の緒 (新潮文庫 せ 12-2)卵の緒 (新潮文庫 せ 12-2)
瀬尾 まいこ

新潮社 2007-06
売り上げランキング : 4261
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久しぶりに本を借りて読みました。
坊っちゃん文学賞大賞らしい。
軽い本で、特に読みたい本がないような時に、ちょうど良い。

二つの短めのお話が入っている本でした。
・卵の緒
・7's blood
どっちも、ほんのちょっと問題のある家庭の話。

卵の緒では、語り手の男の子(育生)の家庭は母子家庭で、しかも、育生は自分のことを捨て子かもしれないと何となく思っている。

7's bloodでは、語り手の女子高生(七子)の父親が、愛人との間に息子(七生)を残して死ぬ。
七生の母親は傷害事件を起こして刑務所に。
七子の母親はなぜか七生を引き取り、その後入院してしまう。

淡々と問題が起こって、周りの人とのつながりが、静かに語り手の問題をほぐしていく。
インパクトはないけど、悪くない。

でも、ちょっと汚い見方をするとわざとらしい。
文章からは感じられないんだけど、テーマがいかにも狙っているように見える。
そう見えてしまう辺りが、僕の汚さを如実にしているってことなのだろうけど。
個人的には、何かほかに本がある時には読まないだろうな。

僕の評価は★★★☆☆(星3つ)
僕は7's bloodの方が若干お気に入り。
特に、母親が七生を引き取った理由の辺りはきれいだったかも。

関連してそうな記事
くちぶえ番長
シュガータイム
水曜の朝、午前三時
[卵の緒]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。