スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評のブックマーク

2010年03月22日 22:21

長くやろうやろうと思っていた、ブックマークの整理。今日こそは、という訳で、気になった『書評』をまとめます。気になった『本』ではなくて。
以下、何も断ってなければ、リンク先は、書評が書かれたページです。

□□□ 小説 □□□
屍(し)の命題

こんな不可能状況を作り上げただけでもう凄い

叫びと祈り

素晴らしい。大傑作の本格ミステリ短編集である。

スティル・ライフ
「キレイなストーリー」に惹かれる。

WATCHMEN/ウォッチメン(コミック)
 危ない香がありつつも、読むことに価値のありそうな本。

□□□ 理系読み物 □□□
明日をどこまで計算できるか?

このように、気象、遺伝、経済の三分野について、予測が不可能であることを追求する。

 書評では、「経済については著者と同意見。他は…」と書かれているが、それならこの三分野を抽出した著者の一番の切り口の意味が…なんて考えちゃったりして、読む前から期待に胸膨らむ。潔癖な議論に期待。

無限への飛翔
 僕も惨敗したい。

ニセ科学を10倍楽しむ本

なくならない以上は対策するしかないのだ。


□□□ 文系読み物 □□□
ヒューマンエラーは裁けるか
 題材の難しさにときめく。気になるキーワードでもある。

マクニール 世界史

それからどうなる?なんでそうなる?に次々と答えてくれる本書は中毒性が高く、読むシヴィライゼーションといってもいい。

13日間で「名文」を書けるようになる方法

この大学の学生がうらやましい。

 僕もうらやましがりたい。

日本語は亡びない

本書の感動は、その過程にあるのだから。

 感動できる新書というのが、限りなくそそられる。

【おまけ】
面白そうな小説のタイトルが羅列されてる。
ジュンク堂書店さんに聞いてみた。「売れると思ったのになぜ売れぬ」の書籍リスト
オチがめちゃめちゃびっくりする日本の小説教えて
最高傑作だと思う小説あげてけ
SF小説で面白い作品を挙げろと言われても一つも出てこないよね


…以上、書評が気になって読みたくなった本のリストでした。我ながら偏ったリサーチだなぁ(笑)
読みやすくまとめる方法は後々模索するということで。

スポンサーサイト

やばい

2006年06月03日 01:02

こんなに更新できないなんて考えてもみなかった。

僕にとって、5月から6月は毎年やってくる厄年みたいなものなのかもしれない。

何一つ上手くいかないところが自分でも笑える。ははは・・・。


書きたい本はたくさんあるのに、ちっとも書けない。ブログにリンクをはるのが面倒だな、とか思うともうダメ。書く気がなくなってしまう。

一日に3つのブログを更新するのはやはり僕には無理だったのだろうか?
とりあえず、後1ヶ月くらいは様子見をしてみようと思う。

で、読んでいる本くらいは紹介しておこうと思う。
 

今読んでいるのはこの2品である。
いずれも、いい。僕はこの本を読んで羽生さんのファンになりそうです。
デイヴィッド・ハンドラーのファンにもなりそうです。日本語訳がなかなか読みにくいですが、それを補ってあまりある面白さ。


以下、雑記(というよりは、全て雑記ですが)
アマゾンのベストセラーを右のアマゾンのオススメのところに載せていたが、昨日、突然全てアダルトの本になっていた。驚いた。
しかも何度やり直しても、アダルトの本になる。
僕の日ごろの行いのせいか?と思ったが、アマゾンでそんな本を閲覧したことも買ったこともない。理解不能。
このまま放置しよか、とも思ったが「感じのいいブログ」計画も捨て切れなかったので、全部ハリー・ポッター絡みの本にして難を逃れた。

今日は復旧しているようで何より。


そして、もう一つ。この前に書いたεに誓ってであるが、自分で森さんのファンとか言っておきながら、致命的なことをしていることに気がついた。

英語の副題を載せ忘れていた。

凹む。そして、こんなことに凹むオタッキー(死語)な僕にもっと凹む。

でも、このまま放置だ。

以上、ただのぼやきでした。FC2 Blog Ranking

臨機応答・変問自在

2006年05月26日 22:38

『臨機応答・変問自在―森助教授VS理系大学生』 森博嗣 集英社新書


酒を飲むと、何故、次の日に頭が痛くなるんですか?
 ★いろいろ悪いことをしたから、反省しているのではないでしょうか。



こんな感じの本だった。僕は森さんの本が好きでよく買うが、これもそこそこ満足できた。
森さんは大学の教官で、毎回授業の後に質問を受け付けて、それに簡単な回答をつけて次の授業で返す、ということをずっと行っているらしい。
それの上澄みを集めたのがこの本、ということだ。

講義を聴く気持ちはあっても寝てしまうことってよくありますよね。
 ★あります。偉そうなことをいっても人間は動物。本当にどうしようかと思うことがあるね。


生活から無駄なものを切り捨てていくと、最後に残るのは何だと思いますか?
 ★無駄でないもの。君自身が残ることを祈る。


雰囲気はこんな感じ。回答の質はマチマチだが、ものによっては、実用書(啓蒙書かも?)が一冊書けそうな考え方もあると思う。というよりは、似たような考えで書かれた実用書を見たことがある。

可能な限り、自由に考えるようにしている、と書いてあった。
日ごろ狭い考えしかできない僕にとっては、目から鱗の回答も多かった。
また、授業中の雑談で取り扱われているらしい問題などにも大いに興味を持った。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
こんな感じの本で、これだけの満足が得られたことの方がすごいと思う。

アマゾンのレビュー
はこんな感じ。さすがにここまでひねくれた読み方のレビューが多いと不快に感じてしまう。


アマゾンのベストセラーらしい「涼宮ハルヒの?」っていう本が気になってきた。だって、いつもトップにあるんだもん。
気が向いたら読んでみようかな・・・


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。