スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の王子さま

2008年08月09日 23:57

「人間はね」と王子さまは言った、「急行列車で走り回っているけれど、何を探しているか自分でもわかっていない。ただ忙しそうにぐるぐる回るばかりなのさ……


星の王子さま (集英社文庫) (集英社文庫)星の王子さま (集英社文庫) (集英社文庫)
アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ

集英社 2005-08-26
売り上げランキング : 5304
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今さらこんな本を読んでみた。アマゾンでは訳が問題になっているようだったので、一応明記しておくと、池沢 夏樹さんって方の訳。著作権(?)が切れて新訳がいくつか生み出されたとかで、同じ「星の王子さま」でも翻訳者によって評価が違ってきている。そんな新訳の中の一つが本書。
僕は他のを読んでないので、訳者ごとの違いが知りたい方は、アマゾンのレビューを見る方がいいかも。

ここにはメモしていないけど、少し前に『人間の土地』を読んだ。それも「今さら感」は否定できないけど、とても面白かったんです。そんな折、学校の生協で『星の王子さま』を見つけました。横には「文庫・新書合わせて3冊で15%オフ」の文字。適当に他の2冊を選んで、本を買ってしまったわけです。

で、グッと読んで、ガッと終わって、へローンとした感想を持ちました。
うん、良い本だった←バカ

…。

子どもたちに向けて書かれた本だと書いてあります。きっと、子供たちに伝えたくてしょうがないことがあったんですね。そして、とても丁寧に書かれている。

君たち子どもは周りの大人を見てどう思う?
つまらないことに意地になっているように見えないか?
君たちはもっと大事なことを知っているだろう?
それが待っている明日が素敵に見えるだろう?
大きくなっても、それを忘れずにいられるといいね。

丁寧なストーリーでもって「もし良かったら僕のメッセージが伝わればいいな」という謙虚な言葉で書かれている。できるだけ子供の視点を想像しながら、できるだけ子供のころのことを思い出しながら、丁寧に丁寧に。そんな中に「やっぱりサン=テグジュペリも大人なんだな」という悲しさみたいなのを感じてみたり。
それを含めて面白かったと感じたわけですが。僕みたいなおっさんになりかけのダメ人間が面白がっても作者はきっと喜ばないだろうけど、楽しい時間でした。

ああ、おっさんおばさんは読んでみてもいいかも。きっと、反省できることもあるんじゃないかな。その後「ぜひ、子供のうちに読んでおくべき本」とか言いだすような人は死ねばいいけどね(笑)

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
大変満足いたしました。

関連する本の記事として、『子供』をテーマに3冊ほど。
くちぶえ番長
少女には向かない職業
チルドレン
[星の王子さま]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

フランケンシュタイン

2008年07月13日 20:28

信じてくれ、フランケンシュタイン、おれは善良だった。魂は愛と慈愛に燃えていた。だがおれはひとり、みじめなくらいひとりぼっちじゃないか?


フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1))フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1))
森下 弓子

東京創元社 1984-01
売り上げランキング : 50919
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと縁があって、読みました。
薦めていただきまして。
乱雑な本棚の山形県さんのお気に入りだそうです。
古いSFみたいなテーマに、ホラーというジャンル(?)なんで、普通なら絶対に手に取らないのですが。
でも、これが面白くて。
ありがとうございました。

語り手は北の方の海で、一人の男を拾う。
そして、その男(フランケンシュタイン)と彼が作った怪物についての話を聞くわけです。

この本の中では、3人の語り手が自分の出来事について話をする。
全体の語り手とフランケンシュタインと怪物。
フランケンシュタインと怪物の部分がもうやたらめったに迫力があって、先が気になってしょうがない。
先はたぶん予想通りなんだけど、何て書いてあるかが読みたくて。
切実さがモチベーションをグッとあげてくれるような感じ。
続きを読みたくなる度合いってのは、個人的には、けっこう本の魅力を決める指標の一つなんだけど、この本はその点ではけっこうなものでした。

特に怪物がかわいそうで。
チープな感想だけど。
行動は、健気で、どこかかわいかったりすらして、頭の良い喋り方をする。
でも、不思議なくらい全ての人が、はじめから最後まで彼の敵で。
分かろうと努力すらされないってのがかわいそうな気にさせるのかな…。

解説を読んで、ちょっと面白いな、と思ったのも珍しいかも。
ああ、そんな風に読むと面白かったのか、とか思えたりして。
まだまだ読みのレベルが浅いことも分かって、プラスになりました。

予想よりずっとずっと作りこまれているという感想なのに、それでも、まだ完成度が低いお話なんだって。
人はどういうのを称して、完成度が高いと言うんだろう?
ちょっと気になってしょうがない。

評価は★★★★★(星5つ)
古典って、やっぱり当たるもんだな…。

本の山の関連しそうな記事
海外の文学小説。
変身

海外のSF小説。ちょっと古くて、お話が面白かった。
夏への扉

雰囲気が近い気が。
トーマの心臓

[フランケンシュタイン]の続きを読む

ランキング



変身

2007年03月06日 23:51

ある朝、グレーゴル・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した。

変身 変身
カフカ、高橋 義孝 他 (1952/07/30)
新潮社


この商品の詳細を見る


カフカ。一度読んでみたかった。『城』と『変身』が並んでいて薄い方を選んだ。正解かどうかはさておき、大変な本であった。

この本は上の引用の一文から始まる。妙にリアル(な気がする)虫の描写が気持ち悪い。僕はどっちかというとそういうのが苦手なので、なかなか辛い場面もあったが、何とか読み切れた。そして、読みきった後は、面白かったかも…なんて思ったりもする。

ある日グレーゴルは虫に変わってしまう。彼には養うべき家族がいる。仕事も辛いとはいえ、それなりにこなしていた。虫に変わったその日、体をボロボロにしながら、彼は必死に部屋の外に出る。そこには、家族と彼が出勤してこないのを訝って家まで様子を見に来た上司がいる。上司は逃げ、家族は彼を部屋に閉じ込める。

精神も体もボロボロになるグレーゴル。当然、家族も追い詰められる。

気持ち悪いのに、切ない。だが、グレーゴル視点の描写はあくまで淡々としている。オチは…語りにくいから語らないということで。

解説にあった「夢」という言葉と冒頭の「夢」という言葉を眺めると、シュールな割りに分かり易い話な気がする。この言葉を中心に考えるとけっこういろんなことがすっきりすると思った。

細かいところは専門家がよく分からない議論をするのだろう。虫が何のメタファーか?とか。そこには興味なし。大体、この本だけからは読み切れないことをこの本の解釈とする意味が僕には全く理解できないし。僕が文学にのめり込めない理由もそんなところだろう。

…話が愚痴っぽくなってる。反省。

僕のこの本の評価は★★★☆☆(星3つ)
ちょっと面白かった。
[変身]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。