スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考具―考えるための道具、持っていますか?

2009年04月29日 23:28

常日頃思うのですが、考えることが仕事なのに、そのための道具を持っていない人があまりに多い気がします。わたしたちは毎日何かアイデアを考え、企画にして、実行することで対価を得ているのです。しかしそのためのインフラ=道具の充実度はあまりにも酷い。最新鋭機種のパソコンの前にずっと座っていても、何も浮かんできません。考えるためにどうすればいいのか???

考具―考えるための道具、持っていますか?考具―考えるための道具、持っていますか?
加藤 昌治

阪急コミュニケーションズ 2003-03
売り上げランキング : 2671
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今さら、こんな本を読みました。いろんな本を読みっぱなしにしていますが、書けるタイミングで読み終わった本がこの本でして…。ああ、あの本もこの本もほったらかし。読み終わったのは、こんな今さら内容を紹介するのも憚られるような本。…残念。

…と、こんな残念な形ではありますが、なかなか楽しめました。全く新しさはない本なのですが、考具という新しい軸でごっそりと集められてきたことで、それらが新しい価値になっているのかもしれません。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」


って言葉通りじゃないですか。
ちなみに、この言葉は、
アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング
4484881047

この本からの引用です。アイデアに関する本としては、僕は「アイデアのつくり方」の方が好きです。「考具」は、「アイデアのつくり方」の質をちょっと低くして、その分、使いやすくしたものという位置づけだと思います。

それぞれの考具については、今さらなんで置いておいて、アイデア作り一般について適当に思うところを。

僕は、アイデア出すのが難しいとか、あんまり思ったことがありません。「企画」ってレベルにまで作り上げた回数はそんなにないので、「考具」が扱っている話題全てを簡単だと言うことはできませんが、アイデア出すくらいなら簡単だと思っています。

僕は基本的には「考具」に近い発想法をしているようです。どちらかというと、アイデアとなる既存の要素の組み合わせとして「より突飛な組み合わせ」を積極的に選ぶ傾向はありますが、その時目に入ったものをアイデアの素としたりしてアイデアを作る辺り、似た手法を採用していたのかな、と。
そして、「誰にでもできることだ」「できない人はやり方を知らないだけだ」と考えていた訳です。その点については、考具って本も似たような発想の本だと思います。

後は、「質」なんですよ。僕はこの部分こそ難しいと思います。
アイデアは「既存の要素の組み合わせ」ってことで異存ないのですが、「信じられないほど新しいのに、信じられないほどぴったりの組み合わせ」って奴が時々ありますよね。この度合をアイデアの「質」だとすると、たぶん、「考具」って本が弱い部分もここだと思うんです。本に載っている例が既に低品質なのが、特に残念。確かに、この程度の「質」までならば、この程度のノウハウで何とか辿り着けるだろうさ。「量」を出せれば、時に「質」が高い組み合わせが見つかるかもしれない。でも、ある程度だというのも間違いない。

「質」はセンスだろ。
ここは譲りたくない。

「アイデアのつくり方」はアイデアを待つステップってのがある。「考具」には扱えなかったこと。僕にもイマイチできないこと。きっと、センスが働く時。
もしかしたら、質の高いものに浴びるように触れられれば、何かわかるのかも?
そんなことを思いながら、自分が「いいなぁ」と思うものに日々敏感に生活し…たいのに、何だか余裕がなくなってきて泣きそうな、そんな4月最後の更新でした。

★★★★☆(星4つ)
[考具―考えるための道具、持っていますか?]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト

アンガー・マネジメント

2008年12月11日 01:24


「『なぜ自分は怒るのか?』の原因を徹底して追及するよりも、『自分は怒りをコントロールしてどのようになりたいのか?』を思い描いていこう」


アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技
安藤 俊介

大和出版 2008-09
売り上げランキング : 9645
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、安藤さんからいただきました。
とても嬉しかったのですが、なかなか記事を書けず…
申し訳ない限りです。
申し訳なさとは関係ないのですが、この本、なかなか面白く読めました。

「怒り」をどうやってマネジメントしようか、という本。
僕みたいにイライラしやすい人間としては、エッセンスをゲットしておきたいところ。
それがけっこうサラッと入ってくる。
マネジメントするコツは一言で言うと、「いかに自分の怒りや怒りの元を客観視するか」

怒りそうな瞬間、いかにその状況を自分から引き離すか。
怒ってしまった経験、それをいかに分析できる状況に変えるか。
そして、怒らない仕組みを作っていく。
まとめてしまったらそのまんま過ぎる気がするけれど、この本のいいところは、納得しながら実践できそうなところ。
やるべきことが具体的で、読後に気持ち悪いところも残らない。

ちょっと難を言うとしたら、薄いかもしんない。
同じ内容を身につけるのに、一冊の本が必要かな?
十分文字数は少ないけれど、実はもっと少なくてもいいんじゃないかという気が若干…

僕の評価は★★★★☆(星4つ)

少し前に読んだ「 もう、不満は言わない」という本もネガティブな感情を追い出す悪くない提案が書かれていた。
自分の気持ちを客観視し、ネガティブな感情が起こらない仕組みを作っていくというところは似ている気がする。
あっちも若干薄く感じてしまったのだけれど、特に自分の行動の客観化部分に関してはかなりお気に入りの本だったりする。
流行っている方向性なのかな?とちょっと気になってみたり。

そういえば、一つ思いついたことをメモしておこう。
自分の嫌いな気持ちを消していくために、自分から遠くに置くという手法があるなら、歓迎すべき気持ちをできるだけ近くにもってきて、モチベーションを上げたりできそうな気がする。
今すぐ仕事に集中できる!みたいな方法があると、僕みたいにダラダラした人間にはとってもいい気がするんだけどな…

関連する記事
もう、不満は言わない
最後の授業 ぼくの命があるうちに
[アンガー・マネジメント]の続きを読む

ランキング


もう、不満は言わない

2008年10月06日 00:11

「人生をつくり出すものは考えであり、考えは言葉によって表現されます」。言い換えると、「明確に言葉で表現したものは、実際に行うことになる」ということです。
私たちはみな、毎日自分の人生をつくっています。だから人生の手綱を取って自分の望む方向に向けてやることができます。


もう、不満は言わないもう、不満は言わない
ウィル・ボウエン

サンマーク出版 2008-06-05
売り上げランキング : 335
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕らしくない本を読んだ理由は、A8.netのオファーがあったから。
ラッキーなオファーだ。
さらに、ラッキーなことに意外と楽しく読めた。



こんな感じで本とブレスレットが届いた。
不満を言わないようにすると人生が変わるらしい。
効果は本によるとかなりのものだ。

あなたと同じように初めは半信半疑だった人たちが、やってみた結果、慢性的な体の痛みから解放されたとか、人間関係が解放されたとか、仕事がうまくいくようになったとか、いつも幸せな気分で過ごせるようになったとか、そういうことを知らせてくれます。



ブレスレットをはめて、不満を口にした時に違う手に付け替える。
これを繰り返すことで、自分の発言に注意するようになり、結果、不満を言わない生活をゲット。
そしたら、もうウハウハ。
そんなストーリー。

ちょっと試してみた。
元々、けっこう不満ばかりの生活を送っている僕だけど一人でいる時も
「腰いてぇ」
「疲れた」
「死ねばいいのに(自分に向って)」
とけっこう一人でブツブツ言ってることに気づいた。
キモいな、ホント。

人と会ったら会ったで、気づいた時にはイライラしたことの報告を半ば終えてたりする。
けっこう病気だ。
自分の病気に気づいた今となっては、これを続けるだけで自分の発言が改善されるなら、楽な試みだと思う。

別に不満だけじゃなくて、言いたくない種類の言葉に注意するのは悪くないだろう。
ブレスレットがなくても、デスクの上の置物を移動させたり、ポケットの中のカギを移動させたり、ってのでもいいらしい。
ブレスレットが欲しいなら、ボランティアがただで配ってたりするし…A Complaint Free World
本を買えば応募した人みんなにプレゼントらしい。

本の中身にも触れておこう。
この運動の始まりとか体験談とか利点を書いてあるが、一冊の本にするには内容が薄い。
いろんなところで様々な言葉が引用されていてその部分は面白く読めた
ネット上で読んだら、もっと少ない時間で同じだけためになったかも、とも思う。

また、不満を口にするようなグループに属しているなら、仲が良くても「離れればいい」という考えが紹介される。
僕にはちょっと厳しいかも。
でも、どうでもいい関係や切ってしまえるのに続いている不快な関係は切ってしまうといい、とは思う。
義理でちょくちょく訪問してるけど、どうしても頭の悪さにイライラしてしまうようなブログとか、もう行くのはやめたらいいじゃないか。
僕のブログに義理で訪れている方も、もっと大事なことに時間を使っていただければ…
…と、ちょっと自分の首を絞めてみる(笑)

総合的に見て、僕にとって新しく、いろいろ楽しめる本でした。
評価は★★★☆☆(星3つ)
これからも続けていきたいな、と思ってますが、まだまだ道は遠い(苦笑)

関連記事(生き方を愉快なものにしてくれる本?)
最後の授業 ぼくの命があるうちに
反社会学講座
[もう、不満は言わない]の続きを読む

ランキング




広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。