スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男のための自分探し

2008年10月26日 02:37

男が「気持ちいい」と感じるのは、ハーレム建設に役立つものばかりです。

男のための自分探し男のための自分探し
伊藤 健太郎

1万年堂出版 2008-08
売り上げランキング : 1405
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕が絶対に手を出さないような本だな、と記事を書く段になって改めて思っております。
これも、A8.netのオファーだったわけです。
「たまにはこういう本を読んでみて良かった」と思うどころか、「一生に、何度こんな酷い本を読めるだろう?」と思ってへこんでいるところです。
お金のもらえる記事っていつもは嬉しいのですが、今回みたいに酷い本に当たった場合、何かいろいろ考えてしまいますね(笑)

作者さんは東京大学大学院で修士を取られて哲学者になられたとか。
哲学者って何なんでしょうね?
学校で哲学の研究を続けられている先生方が聞いたら失笑するんじゃないかと思うのは僕だけでしょうか?
しかも、修士って、みたいな。

とりあえず、内容に移りましょうか。

幸せってどうやったらなれるのか?という問いから始まります。
「その答えは結婚だ!」…というのはウッソー、そんなスタートです。
欲望が求めるままの快楽、つまり女・金・地位とかそんなのゲットしても、本当の幸せはゲットできない。
本当の幸せは、人生の意味を探しながら、本当の幸福を求めて生きていけば…って感じで終わる。
もう、日本語にもなってない(笑)

この下らないスタートから、意味のないゴールまで、哲学(笑)を使ってうろうろさせてくれる。
哲学というのは仮の姿で、有名哲学者の言葉を適当に引用しているだけ。
その言葉に対する「反射」だけでいろいろ書いてあります。
それなのに、哲学について中途半端な(ぶっちゃけ偽の)説明をつけようとするから、本には構成すらない。
そして要約してみたら、上に書いたみたいに5行くらいで終わったりする。

でも、集められた言葉はけっこう好きです。
最後の方に駆け足で出てくるウィトゲンシュタインの言葉とかいいなぁ…。
ウィトゲンシュタインが、こんなナンセンスな本に引用されたいかは謎ですが。
そんな本ですが一応ウィトゲンシュタインの「幸福に生きよ」って言葉に向けて書かれた本だったりします。
その周辺だけ、若干整合がとれているように見えるのも作者の思い入れの問題かな、と思う次第です。
幸福とは「幸福になりたい」という欲求が消えることによって初めて解決する問題だ、って感じのことが書いてあります。
安っぽいけど、それっぽい。
そして、ここにきて「僕、もう幸せなのかもしんない(笑)」とか思ってみたり。

そういえば、僕の知っている人が「幸せになるには元気の出る嫁」って言ってた。
大好きな言葉で、奴は実に幸せそうだ。
この本はこの一言に劣る。
評価は☆☆☆☆☆(星0個)
ランク外です。

関連してそうな本の記事
論理哲学論考
[男のための自分探し]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

2007年02月22日 21:48

裁判長!ここは懲役4年でどうすか 裁判長!ここは懲役4年でどうすか
北尾 トロ (2006/07)
文藝春秋


この商品の詳細を見る


だったら縮めてやれよ裁判長。

ちょっとした資料として、傍聴に関する本が読みたかった。
オビには「面白すぎ」とか書いてあるし、12刷出てるし、少し期待して読んでみた。
結果、僕は好きでないと思った。

まず、品がない。
あまりにも低俗な興味で傍聴をしている。
どんな悲惨な事件でも、面白さしか求めない。
レイプされた人のナマの声を聞くのが目的とかって書いてあった。
こんな人に見られていると不幸だろうな、と思った。
元々、下品な考え方って好きじゃない。
下品な考え方を持っている人は「これが人間の正直な考え方だ」と無駄な自信を持ってたりするからタチが悪い、と話をすりかえている僕もちょっと下品ですね(反省)

文章も分かりにくい。
何か話がつながらないな、と思ったら別の話に移っていたりする。
一度や二度じゃないから、本当にいらだった。

…まあ、とりあえず、内容に触れるか。
内容としては、著者が傍聴に行き、その時々で見た人たちについて作者の観察が書かれている。
なかなか変わった人たちが多く、その点で裁判所はとても面白いところのようだ。
やる気のない弁護士、反省の見られない被告人、自己陶酔型のストーカー、ねちっこい検察官、ベテラン傍聴マニア…
面白いラインナップではある。
こういう人たちを中心に見ていくことで、裁判に関するちょっとした偏見も少しは晴れそうな気がする。
裁判とはすべからく固い雰囲気のものだ、とか。

また、傍聴の意義についても軽く書かれている。
傍聴人がたくさんいる裁判では裁判官や検事などのやる気が違うとか。
公平な裁判のためにたくさんの人が傍聴している状況というのも重要なのかもしれない。

僕の評価は★☆☆☆☆(星1つ)
いいところあっても、不快なものはしょうがない。
低俗な傍聴マニアとかちょっと好きになれそうにないな。

[裁判長!ここは懲役4年でどうすか]の続きを読む

ランキング



われ笑う、ゆえにわれあり

2006年05月20日 22:55

本書は、笑っていただくことを目的にしている。もちろん笑の中から哲学的洞察や金もうけの方法などを読み取っていただくのは大歓迎である。読み取れた場合にはわたしに教えてもらえれば幸いである。

われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)
土屋 賢二

文藝春秋 1997-11
売り上げランキング : 26734
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


面白かったです。
確かにくだらないし、ためにならない。
正直、途中で飽きたりもした。

でも、はじめに読んだ時、爆笑できたんだ。

下らないお笑いに毒されて、面白そうなものにも地味に慣れたり飽きたりしてくると、大笑いできるってすごく貴重なことだろう。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
満足でした。

[われ笑う、ゆえにわれあり]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。