スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反社会学講座

2007年09月05日 22:32

彼ら社会学者は、自分たちこそが社会正義であり、自分たちの処方箋だけが病んだ社会を救えるのだ、と信じて疑わないチョット危ない優等生だからです。

反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1)反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1)
パオロ・マッツァリーノ

筑摩書房 2007-07
売り上げランキング : 16620
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前レビューした『つっこみ力』を書いたパオロさんの本。こっちの『反社会学講座』の方が早く出版されていた本で、近頃文庫になった、ということらしい。アマゾンでの評判通り、『つっこみ力』よりこっちの方が面白かったです。

この本は、社会学の学問としての歪みをからかいまくった本だ。根拠が薄い、または議論に都合のいいデータだけを選んできて、それを元に無駄に不安をあおる社会学者。それをバカにしまくる。
けっこう爽快。
また、その語り口の軽さに対して、議論に必要なデータをしっかり集めてくる辺り好感が持てるし、そもそも議論自体に説得力がある。

扱われているトピックは『少年犯罪の凶悪化』『パラサイトシングルは悪』『日本人は勤勉だ』『ふれあいが大好きな日本人』『日本人はダメでイギリス人は立派』『少子化問題』などなど。読んでみたら、どれだけ社会学者の都合で議論がなされているか分かるだろう。
ちなみに著者の結論は、『少年犯罪は凶悪化していない』『少子化は問題じゃない』だ。

単純に新しい考え方・知識という点でも魅力的な本だけど、その文章も十分に読みがいがある面白さ。ユーモアはお洒落と言って良いレベルだと思う。
たまにジョークと本気の違いが曖昧になる気がするが…それは各自の良識のある判断に委ねられているんだろう(笑)

僕の評価は★★★★★(星5つ)
四つにしようか一瞬迷ったけれど、まあ、今日はこれくらいで。
ちなみに、この本はウェブ上で公開していたものを書きなおしたものらしく、今もその内容を読めるようです。
スタンダード 反社会学講座
買うか迷っているような人は、一度ここで内容を見てみるといいかもしれません。
[反社会学講座]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。