スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる

2010年03月15日 01:16

科学というものは世界を理解しようという試みだ。そして実際に、世界を理解できる試みのように私には思える。しかし、その科学という試みじたい、世界の中で生じている。つまり、われわれがいきている世界は、世界を理解しようという/理解できる試みを中に含んでいるわけだ。別にそんな世界である必要はなかったのに、なぜかそうなっている。

科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)

日本放送出版協会 2005-01
売り上げランキング : 43174
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

哲学はけっこう好きだ。とりわけ科学哲学は、すっきりさせてくれそうな、視野を広げてくれそうな、そんな期待を抱かせてくれる。だから、科学哲学の本を買うことに対して、比較的財布の紐は緩い。

でも、今回はなかなかに辛い読書で。

内容には、ところどころ惹かれるんですよ。著者が擁護したいという科学的実在論という立場も好感が持てる。
「科学はこの世界に起こる現象を理解できる。そして、少しずつ理解してきている」
他の哲学哲学した理論よりは、問題の難しいところに真正面から取り組んでいるように見えるのが良い。

でも…

一言で言うと、集中できない読書だった。関係のない、面白くもない、むしろ恥ずかしい会話形式が、苦痛だった。体調も悪かったかもしれないが、そんなところや、あんなところが気になって、内容が追えない。

そして、すっきりできなかった。もちろん、はじめから書かれているように、難しいところを突いているというのは分かるのだけど、結局、各議論の中で「どうやったら問題から一番上手く逃げれるか」という話になってる気がしてしょうがない。
それなら、科学的実在論の価値は何なんだろう?

ある理論に対する無駄な肩入れが入るせいで、読み物として、バランスを欠いていないか?

モヤモヤして、もう駄目だ。話をまとめられそうにない。ちょっと、上手くまとまっている書評を紹介。

世界を丸ごと理解するために「科学哲学の冒険」: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
そもそも、この書評を読んで購入した。この本の一番正しい読み方が、書いてあると思う。本の読み方が上手い人が読むと、それだけで本の価値が変わる。

科学哲学の冒険
ちょっと専門的なレベルで著者の議論を評価している。「一部無理がある」という評価であるが、僕にはさっぱり。

Chase Your Dream ! » 科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる
こちらも読書を楽しめた例。文章も楽しめたとのこと。強く主張するが、楽しめた人の方が、正しいと思う。

この読書が失敗したのは、きっと体調と、僕の読み方が下手なせいだ。そして、会話形式は好みの問題だ。
しかし、本を読み、何かを書くのが、ここまで辛かったのは、はじめてかもしれない。
そういう意味で、記憶に残る読書かも。

★★☆☆☆(星2つ)

[科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト

ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論

2008年10月13日 16:40

「古典数学の無矛盾性を前提とすると、その形式体系において、内容的には真であるにもかかわらず、証明不可能な命題の例を与えることができます」


ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論 (講談社現代新書)ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論 (講談社現代新書)
高橋 昌一郎

講談社 1999-08
売り上げランキング : 12130
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


山路を登りながら、こう考えた。:ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論 - livedoor Blog(ブログ)
この記事に興味を持って、読みました。僕の記事を読むのはやめて、上記の記事を読むのが良いかと思います。

さてさて…。帯には二つの宣伝文句が載っている。

天才ゲーデルの実像とは?
これで不完全性定理がわかる!


下の方がフォントサイズがでかくて強調されているのだけれど、この本の価値はゲーデルについて書かれた部分にあると思う。そこが本当に面白い。

とりあえずは、本の構成にそって話を始めよう。まず、不完全性定理の説明が試みられている。例題を使い、不完全性定理の理解に必要な言葉が説明される。完全・不完全・可能・不可能・矛盾・無矛盾…分かりたい言葉は山ほどある。だが、この本での説明は雰囲気程度だ。この本の例題を一つずつ理解し、言葉の意味をおさえていくのはけっこう大変だと思う。もっと手軽に、という人は、あるかどうか知らないけど、「図解不完全性定理」とかのがいいのかも。

また不完全性定理の証明の方法を知りたいのなら、この本にはほとんどない。僕は下の本を読んでみたが、概論を何とか理解できた、というあたりで止まっている。
ゲーデル 不完全性定理 (岩波文庫)
知的で面白いが、概論を理解するだけでやたら時間かかったしまった。その先は、今のところ理解不能。概論だけど証明の道筋はおおよそわかるようになっている…と自分を慰めたり。

…脱線しちゃいましたが、ゲーデルの哲学に話を戻そう。

不完全性定理が分からなくても、ゲーデルに関するお話は面白いと思う。どんな人生を歩んできて、何に思い悩んで、どんな人とどんな付き合いがあって…。ゲーデルの価値がわかる人たちが、どれほどゲーデルにとって大事な存在であったか。そんな人たちが、ゲーデルをどのように尊敬し、生きるのが苦手だとしか思えないゲーデルをどのようにサポートしたか。
ちょっと感動的なお話だったと思う。

もしゲーデルが最後まで数学の世界で研究を続けたら、どれだけ数学の進歩に貢献しただろうか。今でもそんな言葉を見るくらいのゲーデルが、最後は哲学の世界に。来世を信じ、そして、神の存在を証明しようとした…
何を求めて、それを証明しようとしたんだろう?

良いもの読んだな、という気分です。
★★★★★(星5つ)

関連記事
論理哲学論考
ウィトゲンシュタインも一瞬現れる、ってことで。
あんまり良い登場じゃないけども(笑)
[ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論]の続きを読む

ランキング


入門!論理学

2007年04月22日 23:26

あるいは、もう少し正確に、でもちょっと変な言い方をすれば、論理学は日本語文法の一部であり、かつ、日本語文法を越えている、そう言いたくなります。

入門!論理学入門!論理学
野矢 茂樹

中央公論新社 2006-09
売り上げランキング : 39375
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


野矢さんの本。はずしたくない著者さんの一人。そして、当然、この本もかなり面白かった。

論理学に入門しつつ、ついでにその本質に触れてみよう、という本。そのテーマに沿う形で、汎用性の高い言葉たち、「?ではない」(否定)、「かつ」(連言)、「または」(選言)、「ならば」(条件法)、「すべて」(全称)、「存在する」(存在)、が丁寧に扱われている。

まずはこれらの言葉の論理法則を明らかにする。明らかにするためには、その言葉を使った命題が何から導かれ(導入則)、そしてその命題が何を導くのか(除去則)が問題になる。

たとえば、「かつ」について「AかつB」という命題を考える。
どういう時に「かつ」を使った命題が作れるのか(「かつ」を導入できるか)
どういう時に「かつ」を使った命題を分解できるのか(「かつ」を除去できるか)
これが「かつ」という言葉を知る上で、重要になる。

何か難しそうな雰囲気(?)だけど、実際は単純で、
「A」という命題と「B」という命題から「AかつB」という命題が得られる。
これが導入則(笑) 「A,B→AかつB」とか書いてあったかな。これは、「Aが正しい」と「Bが正しい」が別個に与えられた場合、「AかつBが正しい」が言えるということに等しい。

また除去則は、書き方をまねると、
AかつB→A
AかつB→B(除去則)
こんな感じになる。「AかつBが正しい」を「Aが正しい」と「Bが正しい」の二つに分解し、「かつ」を除去できる。

これぐらいなら、当然と言えるかもしれない。でも、これを上記のたった6つの言葉について繰り返すだけで、驚くほど広い世界が開ける。そして、それですら論理学の入り口なんだよ、ということが本書では語られている。

普通の論理学の本なら入り口から記号を使いまくって説明されるそうだ。だが、この本では記号を使わないことにこだわっている。その分、冗長に見える表現が増えるが、それはそれで趣き深いし、飽きないように配慮されてる。たとえば、文章はできるだけ軽い口調で面白いし、トピックも豊富だ。野矢さんの意図としては、記号を使わないことで、論理学の入り口をよりナチュラルに体験できるのだとか。

満足の一冊だった。論理学について少し勉強してみようかな、とも思う。
僕の評価は★★★★★(星5つ)
[入門!論理学]の続きを読む

ランキング




広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。