スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七回死んだ男

2007年06月18日 04:57

お判りだろうか。つまり同じ日が何度も繰り返されるのである。

七回死んだ男 (講談社文庫)七回死んだ男 (講談社文庫)
西澤 保彦

講談社 1998-10
売り上げランキング : 4278
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



西澤さんの本。
けっこう前に読んで、記事にするのを忘れていた。
西澤さんのベストといえばこの本、という評価だと思う。
実際、僕も大好きな本です。

主人公の久太郎はある『体質』を持っている。
突然、ある日が9回繰り返されるというものだ。
自分が意識するわけでなく、突然ある日が繰り返されはじめ、そしてそれが9回繰り返された後、元の時間の流れに戻る。
時間の"反復落とし穴"に落ちてしまうという『体質』
これを『体質』って言葉で表せるのが西澤さんの凄いところ(笑)

この9回の間は久太郎が何をしようと、最終回以外はリセットされる。
つまり、元の時間の流れに戻る直前の一回だけが現実に反映される。
当然のように、一度反復落とし穴にはまってしまったら、ある一日を繰り返しながらいろいろ試してみることになる。
一番良い結果になる行動を、最終回の日に繰り返せば、それで思いどおりの結果が得られる。

そして、ある日が繰り返されることになる。
なかなか不穏な空気が漂う日。
財産の配分を書いた遺言状で遊ぶ祖父と、それに目の色を変える親族たち。
やっぱりお前にたくさんあげようかな?いや、やっぱり…
親族たちは必死にご機嫌取り。
繰り返されるのは、そんなピリピリした日。
そして繰り返しの2回目、突然祖父が死ぬ。
自分が何もしなければ、1回目と結果が変わらないはずのその日に。

久太郎はその原因を考える。
自分のどの行動が、その日を劇的に変えることになったのか?
反復のたびに少しずつ明らかになる、周りの人たちの行動。
一つずつ可能性をあたっていくが、何を試しても、祖父死亡エンドに収束していく…
結局、久太郎は祖父の死を防げるのか?
そして、全てが終わった後に残るモヤモヤの正体は?

僕の評価は★★★★★(星5つ)
文句ない。
こんなにすっきりできる本なんてそんなにないだろう。
ストレスなく読める文章と、その中にはさまれるユーモアも文句なし。

関連記事(本の山一押しの長編たち)
オーデュボンの祈り
木曜組曲
扉は閉ざされたまま
[七回死んだ男]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

フラッタ・リンツ・ライフ

2007年06月14日 22:46

美しい曲線を雲の間に描く。
音もなく。力を抜いて。
翼は水蒸気をぶった切る。でも静かに。
纏いつく凍った塵たちが、ちらちらと輝いて。
きっと瞬間で溶けて、蒸発して、消えていくように。
そう、沢山の命が、最後だけ、ほんの一瞬だけ、
光ってから散っていくみたいだった。


フラッタ・リンツ・ライフフラッタ・リンツ・ライフ
森 博嗣

中央公論新社 2007-05
売り上げランキング : 6411
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


森さんの本。
スカイ・クロラからはじまったシリーズの四作目。
このシリーズの完成度は近頃の森さんの本の中ではかなり高いと思う。
この本も面白かった。

架空の世界。
その世界ではビジネスのように戦争が行われている。
そこには、"キルドレ"という年を取らない飛行気乗りたちがいる。
そのうちの一人クリタが今回の主人公。
また、シリーズ全体ではクサナギという、今回のお話でクリタの上司である人物を主人公としている。
天才的なパイロットで、国民的アイドルのクサナギ。
今回も、クリタの視点から見たクサナギが大きなお話を作っている。

キルドレの彼らはいつも空にいたい。
地上に堕ちていたくない。
彼らにとって、地上には空に上がっていけない淀みのようなものしかない。
それらのほとんどは汚い大人たちのせい。

クリタはそんな地上で、クサナギの秘密を知り、そしてその後に起こる事件の中で怪我を負う。
パイロットからはずされてしまったクリタは、空に焦がれながら地味な仕事を繰り返し…。

クサナギは、そしてクリタは、空に戻れるのか?
静かだけれど、印象に強く残るお話だった。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
いや、良かった。

アマゾンのレビューのレビューは続きから。
にほんブログ村 本ブログへ
[フラッタ・リンツ・ライフ]の続きを読む

ランキング



年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ

2007年06月10日 07:40

俺の会社には合わないということはありません。すべての業種に活用できるノウハウです。自分の商売に当てはめて考え、応用してみてください。驚くような結果を出すことができるでしょう。

年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ
平 秀信

アスコム 2007-01-31
売り上げランキング : 33105
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本も借りて読んだ。えらく感じ悪い本だった。
本の構成は大きないくつかの章に分かれているようだけど、細かい項目が適当に詰め込まれているようにしか見えない。感じの悪さに辟易していて、構成を追う気になれなかったようだ。

内容は公平に見ること自体難しいが、ためになるとは言い難い。ためにならないと感じるのは紹介されている手法が使い古され、しかも印象がよくないものばかりだからだ。

情報を提供しているサイトを知っているだろうか?『これをすればあなたも億万長者になれる!』みたいなサイト。これらのサイトで売られている情報はほとんどの場合、下らない情報だ。偽モノと言ってもいいだろう。この本で紹介されている手法は、そんな下らないサイトで使用されている手法ばかりだ。

魔法のフレーズ『今年の流行です』
『限定』と言ってみる。
利用者の声を客に見せる。
「信用できないとお思いでしょう?」とか言う。

こういうのが次から次にやってくるとけっこう勘弁して欲しくないですか?僕の場合、こういう方法が胡散臭いサイトで使われているのを知っていてこの本を読んだから、そう思うだけなんだろうか?

そうだとしても、感じの悪さは他からも漂っている。お客は教育して『あげる』ものだと言ってみたりして、常にかなりの上から目線だし、「正しいことだけしてもダメだ」とか普通に言ってしまっているし。
『貧乏性な人がせこい技を駆使してたまたま金持ちになってしまった報告』とか言ってしまいたいところだ。

僕の評価は★☆☆☆☆(星1つ)
少なくとも新しい情報はそんなにないのでは?
[年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。