スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の10月

2007年10月31日 23:52

今月は終わっていた。
1つしか記事を書いてない。
実際、本とか読んでないに等しい。
一冊だけ「秘密室ボン QUIZ SHOWクイズショウ (講談社文庫)」という本を読んだストックがあったけど、書くほどのこともないな、とか思ってしまった。

自分のことを活字中毒だと思っていたのだけど、そんなことは全然なかったようだ。
本を読もうという気にもならなかったし、本を読んでいても、内容が頭に入ってこなかった。
忙しかったし、精神的にも追い詰められていたが、『活字中毒』は誇張表現だろう。
自分の身の丈にあった自称を使わないと、恥をかく。

というわけで、これから自称「気が向いたら本を読み、さらに気が向いたらそれをレビューする奴」ということで。
長いし、アホっぽい。
実際、アホなんだから仕方ないけども。

さて、アホはそろそろ寝ることにします。
お休みなさい。
また来月(それは7分後にやってくる)
スポンサーサイト

行きずりの街

2007年10月14日 03:35

行きずりの街 (新潮文庫)行きずりの街 (新潮文庫)
志水 辰夫

新潮社 1994-01
売り上げランキング : 7936
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして五体がたちまち硬直した。反射的な拒否反応。さーっと音をたてて頭に昇ってくるもの。全身がよろめくほどの目眩を感じたのは、まぎれもなく血が沸騰してきたからだ。怒り、屈辱、憎悪、思いのたけすべてを叩き込んだ敵意。


本屋でかなり宣伝されていたような。
昔人気のあった本らしい。
「今の本と比べてみよう」というノリの宣伝がされていた。
僕としては「小説はちゃんと進化しているようだ」という感想を持てた。

昔、ある東京の学校を、スキャンダルで追い出された主人公。
一人の女生徒との恋愛が問題になった。
その後、田舎に戻り塾講師をしていた主人公であったが、その塾での教え子が失踪してしまう。
そして、主人公は昔の職場が近くに教え子を探しに出てくる。

そこで、主人公の前に天敵が現れる。
自分を学校から追い出した張本人。
最悪の出会いをしたその日、主人公は昔の恋人とも出会う。

明らかになっていく教え子と昔の学校との関係。
けっこう危なそうな奴らも現れてくる。
主人公も危険な目にあい、ボロボロになりながら戦う。

主人公は過去を振り切れるのか?
教え子を無事に田舎につれて帰れるのか?
昔の恋人との関係はどうなるのか?

…今一つドキドキできない本だった。
いや、そこそこ面白いんだけども。
90年代では新しかったのかもしれないが、今となっては新しさはないようだ。
読みにくい漢字がわざわざ使われていたり、会話がかみ合っていなかったり、という辺りは90年代とか関係なくダメな点だと思ったりもする。

というわけで、僕の評価は★★★☆☆(星3つ)
普通の本だろう。
今のベストセラーな小説の方が面白いと思いました。
カバーもタイトルもセンスが感じられないですしね。

アマゾンのレビューの話は続きから。
[行きずりの街]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。