スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕貫探偵

2007年12月31日 01:53

どんなに眼と鼻の先に置かれていても、心身ともに健やかな者の視界には絶対に入ってこないというものが世の中にはある。見えていても見えていない。

腕貫探偵 (ジョイ・ノベルス)腕貫探偵 (ジョイ・ノベルス)
西澤 保彦

実業之日本社 2007-12-14
売り上げランキング : 279629
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕らしく、今年最後の記事は西澤さんの本で閉めよう。さすがに、大晦日なんかに本の愚痴とか書きたくないですしね。

期待通りの西澤さんド真ん中な本でした。ちょっと怪しい設定なのに、妙にすっきりするお話。短編小説だけど、つながりのあるお話をちりばめて、全体をハッピーエンドで終わらせる辺りもそれっぽい。個人的に、物語をハッピーエンドで終わらせられる作家さんの方が凄いと思っている。ひねらないとオチがつかなかった、というようなお話って凄いと思えないわけで。
本当はそろそろ短編じゃなくて、長めの西澤さんっぽい本を読みたいという正直な意見もあるわけですが、今回それは置いておこう。

櫃洗市の苦情係という貼り紙とともに"いかにも"な市役所職員が現れる。愛想がなく、役所的なお堅い服装で、形式にやたらこだわる。
そして、わざとらしい腕貫。
現れる場所は学校の学生課だったり、病院の中だったり、やたら自由。都合いいところに都合のいいタイミングで現れる。

貼り紙には、なんでも相談してくれ、というようなことが書いてある。市に対する苦情だけでなく、個人的な悩みでもOKだとか。そして、そこに個人的な悩みを抱えた登場人物たちが通りかかる。

この探偵、存在自体がものすごく都合がいい。お話の問題部分とオチの段差を無理やりつなぎ合わせるために現れる。この探偵の視点は完璧にお話を知っている人の視点。だから、あの人の行動の意図はなんだったのか、というような微妙な問題に対しても、断定。
「まったくちがいますね」
「それは当たっています」
淡々と断定。これがけっこういい。何となく不可解なお話がピタピタとおさまっていく。

楽しめるお話でした。
僕の評価は★★★★☆(星4つ)
ちょっとこの形式多すぎないか?という辺りが気になったところ。
[腕貫探偵]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

街づくり――本以外のネタに逃げる

2007年12月20日 14:07

ネット上を徘徊していた。
まさに徘徊。

ほら、おじいちゃん、迷惑だからね。

今にもそんな声が聞こえてきそうだった。
いや、既に誰かがそう言ったかもしれない。
だが、おじいちゃんの耳は予想以上に遠く、そして、それ以上にボケが進行していた。

帰巣本能という奴だろうか。
気がついたら、ここに戻ってきていた。
とたんに、少しだけ戻ってくる若さ。

ああ、ただいま。ばあさんや、昼飯はまだかの?

じいさん、昼ごはんはさっき食べたばかりでしょう?


ふふふ…。重症。


というわけで、徘徊途中に面白いもんを見つけた。

何か、街を作ってくれるとかってウェブサイト。
そのウェブサイトで街を作ると、URLを一つもらえる。
そして、そのURLに誰かがアクセスすると、少しずつ街が発展していくんだって。

というわけで、作りました。
その名も「Mati Town」
名前が酷いのは、ボケのせい。

ああ、みんなボケのせい。
URLを貼り忘れてしまいそうなのも、ボケのせい。

Mati Town

右下のBuild my cityから、新しい街を作れるらしいですよ。

パチンコ屋に学ぶ経済学

2007年12月17日 01:04

「4分の1インチドリルが100万個売れたのは、人びとがこれを欲したからではなく、4分の1インチの穴を欲したから」

パチンコ屋に学ぶ経済学パチンコ屋に学ぶ経済学
伊達直太(人生戦略会議)

WAVE出版 2007-10-24
売り上げランキング : 149672
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



久々の更新。1ヵ月更新できなかったら、ブログを閉めようと思いながら、ブログを書いている。
リンク貼っていただいている方に悪いですからね。
今回は、ギリギリセーフ?怪しいもんだ。

久々に書くのだから、もうちょっと本を選べばいいのに、今日の本は酷い。上の引用を見て欲しい。引用する部分がなかったら、著者がどこかから引用した言葉を引用してしまった。この本が借りた本じゃなくて、自分で買った本だったら、今頃、ブログの閉鎖が決まっている頃だ。けなすために文章を書くのすら嫌になっているところだったろう。

この本の冒頭に、パチンコ屋をお手本に経済に関することを学ぼう、と書いてある。パチンコ屋は素晴らしく、しかも、町中にあふれている、これを使わない手はない、とかなんとか。だが、この本の中で、パチンコ屋をお手本に何かを身につけるということはない。

パチンコ屋で"例える"ことはたまにある。このことはパチンコ屋で言えばこういうことだ、という例え。だが、実際に、パチンコ屋でそのようになっているかどうかは甚だ怪しい。っていか、一部は確実にそうなっていない。

著者の経済に関する知識も怪しい。むしろ、知識がないから開き直っている感じ。どこかで聞きかじったような内容を自分解釈しつつ、後は勢いで誤魔化している感じ。
いや、誤魔化せていない感じだ。だって、間違っているだろ?
経済の知識がなくたって、途中で言葉の意味が変わってたら、この本が怪しいって分かるだろう。うんざりだぜ。
この本から分かるのは、このライターがパチンコ好きで、知識と文章を書く能力に欠ける人物だ、ということかな。

それにしても、パチンコ好きならこの本の良さが分かるんだろうか?もしそう思ってこの本を書いたんだとしたら、それはそれでパチンコ好きを馬鹿にしている気もする。
パチンコをしない人には、パチンコの例えも無意味で、もうどうしようもない。文章を抽象的にすることで知識のなさを隠そうとしている。引用の多さもそれを物語っている。もちろん具体的じゃないから、絶対に役に立てるのは不可能だ。パチンコ屋に関するトリビアすら手に入らない。

何がしたかった本だろうか?

僕の評価は★☆☆☆☆(星1つ)
[パチンコ屋に学ぶ経済学]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。