スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学

2008年02月18日 22:21

利益を上げる、とは単に安く買うことにとどまりません。それは、よりよい外部商品を通じて利益構造を変えていくことでもあるのです。そう考えると、今まで注目していなかった仕入れにスポットライトを浴びせる本当の理由が見えてくるでしょう。

牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書)牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書)
坂口 孝則

幻冬舎 2008-01
売り上げランキング : 107620
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ふと気になってこんな本を買ってみました。日本では、仕入れがおろそかになりがちだけど、実際、とても大事なんだよ。そんな内容の本であった。

表題のように、ありとあらゆる分野で利益は仕入れにとても敏感に反応する。一品あたりの仕入れ額が数円変わったら…
9円って簡単に半分になったり簡単に2倍になったりしそうでしょ?
それは利益が半分になったり2倍になったりするってことだよ?
それが作者の用意した読者をひきつけるためのお話。そして、ここから仕入れの重要性に話が移っていく。

今では日本の企業も仕入れの価値に気がついてきたらしく、今まであまり見掛けなかった仕入れ部門の人材募集も多いんだとか。仕入れの重要性の自覚について、さらに引用すると、
あるコンサルタントの話だと、企業に新社長が就任したときに、「これまではマーケティング・セールスの状況を確認することが多かった」そうですが、今では「まず仕入れ費用が正常か、不正な取引が行われていないかを確認することが多くなった」そうです。

だけど、この本で一番面白いのはやっぱり仕入れそのものについてのお話。
上手い仕入れ、下手な仕入れ、犯罪まがいの仕入れ、グレーゾーンな仕入れ。
特に失敗例が面白い。仕入れ先の品の良い態度にコロっとだまされる仕入れ担当者なんて、とても親近感がわく例であった。

ところで、この仕入れ先に騙されてしまう例を見ていて思い出したのがこの本。
年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ
この本で紹介されている「すごい裏ワザ」が、仕入れ担当者をだます仕入れ先の行動とかなり重なる。やっぱり、昔から使い古された汚い手法をさも自分の「上手い」手法のように語っているだけの本だったようだ。きっと、世の中に賢明な会社ばかりなら、この社長の詐欺まがいの会社なんて生きていけないだろうに。残念でならない。

脱線してしまった。「牛丼一杯の儲けは9円」の方の話に戻ろう。

この本、内容は面白いところも多いのだが、いかんせん、グダグダしている。構成がよくないと思う。
作者が自分で言っているほど、きれいに内容を分離できていないので、読んでいて飽きてきたり、イライラしたりしてしまうところがある。もっと良い本になったろうに、と思うとちょっぴり泣きそうだ。
いや「泣きそう」はもちろん誇張ですよ、誇張。

僕の評価は★★★☆☆(星3つ)


(以下、2/21につけたし)
何か、えらいもん見つけたから自慢だ嘘。びくびくしながら、カタカタとメモメモ。
この本の作者さんのブログにこの記事のリンクが貼ってある、みたいだ。
これ
ちょっとした感動と恥ずかしさと。
もっと誉めちぎっておけばよかった。
何にしろ、上手に下手こいた気分だ。ちょっとした感動だけを心に、恥ずかしさを忘れ、進歩なく、反省なく、泣く泣く生きていこうと思う。
(つけたし終わり)
[牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト

タカイ×タカイ

2008年02月11日 06:17

そんなこといったら、犯人がしたことの中で一番不自然で理由にならないのは、殺人を犯したことですよ。

タカイ×タカイ (講談社ノベルス モF- 41)タカイ×タカイ (講談社ノベルス モF- 41)
森 博嗣

講談社 2008-01-11
売り上げランキング : 1519
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


またしても、森さんの本を読んでガッカリしてしまった。
ここまで来たら、わざわざ読んでしまう僕が悪いことは間違いなさそうだ。

今回の事件は、主要登場人物である真鍋が、登校している時に起こる。
マジシャンの家に15メートルほどのポールが立っていて、そのてっぺんで人が死んでいたのだ。

…もう既に何か嫌な予感がする。
その予感は完全に的中するんだけどね(笑)

大して不思議でない、上記のような状況に、さらにどうでもいい解決がつく。
誰がやったのかという問題に関しても、凄いどうでもいい。
なぜか登場人物たちが、無駄に思わせぶりな話をして、まるでお話が複雑であるかのような雰囲気を出そうとして、失敗。

ああ、タカイタカイ(意味なし)

僕の評価は★★☆☆☆(星2つ)
次の本では、森さんの本に星ひとつをつけちゃうかもな…
…って次も読む予定なのが、痛い。
[タカイ×タカイ]の続きを読む

ランキング


効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

2008年02月04日 22:58

ぜひ、何か、やってみてほしいのです。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代

ダイヤモンド社 2007-12-14
売り上げランキング : 265
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


電車の中吊り広告で見て気になった。何か、すんごい人らしい。
2005年、ウォール・ストリート・ジャーナルから「世界の最も注目すべき女性50人」に選出
2006年、エイボン女性大賞を受賞(史上最年少記録)

こんな感じ。エイボンが何か知らないけど、凄い気がする。騙されやすい体質なんですよ、僕は(笑)

この本では、『労働生産性』、タイトルで言うところの"効率"にこだわった本だ。特に、情報が大量にあるといわれている現代でのインプット・アウトプットの方法と、それを可能にする自分づくりに焦点が当てられている。
勝間さんは本を書くときに『再現性』を一つのテーマにしていて、確かに、けっこういろんなコンテンツがそのまま使えそうな感じでした。また、本の構成がきれいで、読んだまま頭の中に残せるのもいい。

インプットのコツは、整理してインプットしよう、…って書くとそのまんまだ(笑) とにかく本全体で強調されている"フレームワーク"もここで一番威力を発揮する様子。フレームワークというのは、そのまま『型』って意味だろう。情報を整理するべき型を大量に持っておくことが大事なんだとか。
具体例としては、戦略の3C(Customer, Company, Competitor)などが挙がってた。この情報は3Cのうちどれに当てはまるか、って考えながら議論なんかを構成していく、例の戦法だ。確かに情報の整理ってこうしたら便利だな、と思えた。

インプットに関しては他にも、良いものから情報を仕入れよう、ってことが強調される。特に良いものが、自分の経験、他者の経験、良書、だそうだ。本とかガンガン買って、積んどけってさ(笑) 痛快な意見だと思う。そして、貧乏性の僕には難しいんだ、これが。

他の項目も面白かった。アウトプットでは「最終的には出版を目指せ」とか言ってみたり。けっこうなことではないか。ちょっと出版に夢を見すぎる人が増えてしまいそうだけど。
何にしろ、「ぜひ、何か、やってみてほしい」という思いがよく伝わってくる本だ。

僕が思ったのは、何かフレームワークとか、他のもいろいろ便利だろうけど、もっと自由であってもいいかな、みたいなこと。使いたいところは確かにあるけど、全部には使いたくない。残しておきたいところが山ほどある。そのあたり、勝間さんはどんな風にしてんだろう?調節の仕方が知りたかった。
特に、生活の仕方。こんな窮屈な生活してまで、上げたい効率って何なんだろう?僕も大人になったら分かるのかも(笑)

世の中には全ての情報に対して、こんな風に武装している人もいるんだろうけど、そういう人にはなりたくない。特に、この本の中で時々出てくるマッキンゼーでの会話とか、正直キモかった。
マッキンゼーで、フレームワークのない会話なんて、主婦やサラリーマンのおしゃべりと同じよね

ああ、普段も調子にのってそうな連中だよね、確かに。一人二人の知人を思い浮かべながら、そんなことを思ってみたり。実際、もしマッキンゼーの人がことごとく、こんな感じで喋る人たちだったら、確かに仕事はできそうだけど、一生友達になれそうにもない。たぶん、まともに会話もできないな。僕の会話の自由さと来たら…(ちょっと反省しつつ)

何にしろ、面白い本であった。
評価は★★★★☆(星4つ)
効率アップとか興味があったら読んでみてもいいかも。特にIT機器を使った効率アップ。軽い気持ちで他人に薦められる程度には良い本でしたよ。

[効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法]の続きを読む

ランキング




広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。