スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉

2008年03月13日 16:32

数字のセンスを身につけるために、数字をとおして「考える力」をも鍛えるのが、この上下巻の隠れた使命だったのです。


「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
山田 真哉

光文社 2008-02-15
売り上げランキング : 16048
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さおだけ屋と食い逃げ上巻に続く山田さんの本だ。これも楽しめました。

この本では上巻で紹介した会計的な考え方に対して、自ら疑問を投げかける。数字には便利な反面、禁じられるべき使い方がある。薬には「用法・用量を守って正しくお使い下さい」って注意書きがある。この本は、数字が苦手な人に処方された上巻の、注意書きとその説明書なんだろう。

音楽や本のランキングに代表されるような作られた数字や経済効果のような根拠のない(薄い)数字…まずは、こういった間違った数字の使い方について言及している。
用法を間違えるなよ、ほら、全然治らないでしょ?みたいな。

会計的な根拠だけを元に、計画を立てたり、効率化を追及したりすることの危うさは、薬で言えば、さしずめ用量をミスった例ってところだろうか。
効き目のある薬を飲みすぎて、異常に眠くなって、次の日の試験を寝過ごすみたいな、そんなバカバカしさがある。

他の薬の可能性もあるのに、使い方が間違っているかもしれないのに、強くこだわるのはまずいんだ。本当に治したいなら、狭い視野じゃあ、本気とは言えないんだぜ?そんなことを言っているわけだ。それを伝えるために、山田さんはいくつか工夫を凝らしている。

たとえば、二分法という便利な考え方が紹介されている。二つに分けて「どちらか?」と考えれば思考が非常に楽になる。ビジネスの要素を「社外」と「社内」に分けて分析したり。
変わった例では、ブログを書くときのネタ探し。「自分の体験」と「他者から聞いた話」のどちらのネタを使うか、と先に決めることでネタ探しが一気に楽になるんだとか。

で、「便利だぞ」と言っておいて、次の章の冒頭で、「本当に価値のある決定を探すにはこの二分法を捨てることが重要だ」と言ってみる。
ほら、山田さん、頑張ってるでしょう?
なかなかに感じのいい本でした。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)

関連記事
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
[「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

砂漠

2008年03月13日 02:02

「人間とは、自分とは関係のない不幸な出来事に、くよくよすることですよ」西嶋は構わず、言い切った。例の、西嶋の好きな引用だ。

砂漠砂漠
伊坂 幸太郎

実業之日本社 2005-12-10
売り上げランキング : 20715
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日は酔っている。いい具合に。
何も書かなくてもいいような本をチョイス。
面白いだろう、普通。

酔ってる僕が思い出すに、ある大学生5人組のお話だった。彼らが大学生活で出会う、砂漠に雪を降らせるようなキセキ。

伊坂さんのお話らしくいかにもな悪人が出てきて…
その他にもゴチャゴチャして…
問題に立ち向かい生まれるキセキ。
………。
もう言うのやめたぁ(酔)

特に西嶋という男が痛快。ああ、痛快だった。
酔ってる僕は解説なんて野暮なことしたくないんですよ(西嶋風)

何か懐かしい大切なものを思い出して、さらにその上をいくキセキに泣けばいいと思う。それなら幸せになれるだろう。

★★★★★(星5つ)

アマゾンのレビューなんて見たくないね。酔って書いた記事は明日後悔することにする。
ま、明日も飲む予定なんだけどねぇ?。

新釈 走れメロス

2008年03月08日 22:10

芽野史郎は激怒した。必ずかの邪知暴虐の長官を凹ませねばならぬと決意した。


新釈 走れメロス 他四篇新釈 走れメロス 他四篇
森見 登美彦

祥伝社 2007-03-13
売り上げランキング : 12003
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この本が書店に並びだした頃、一度見かけて「酷い本だ」と思ったことがあった。
ロクに中身も見ずに。
そのときは、「走れメロス」の冒頭(上の引用)だけを軽く読んだ。
芽野史郎はメノシロウと読むらしい。
何か、胡散臭いでしょう?
さすがに買わんだろう、これじゃあ。

でも、近頃、森見さんの本を一冊読んでみた。
「夜は短し…」って本。
ちょっと幸せな気分になれる感じの馬鹿馬鹿しさがかなり気に入った。
・・・というわけで、この本にいたるわけです。

この本も馬鹿馬鹿しかった。
とても良い意味で。
この本の帯に本上まなみさんって人の言葉が載ってて

太宰さんに言いつけたい!


らしい。
ここまで言ってしまうのは恥ずかしいけど、太宰さんや他の短編の原作者がこの本の内容を知ったら面白いだろうな、とは思う。
意外と、このノリを許してくれなかったりして。

…下らない妄想はさておき。
短編一つ一つにコメントでも書いてみようか。

山月記
良いお話だった。
5つの短編の中で、僕が元の話の内容を知ってるのは、これと走れメロスだけ。
元のお話もやるせないが、少し僕らに近づいてきたこっちの山月記はもっとやるせない。
えぐられるような独白を残し去る姿は生々しくて…。
この主人公の位置まで堕ちていくのはとてもたやすいように思う。
傲慢で他人を見下しながら、はき違えた自信を持ち、その後挫折し、隠れ、そして消える。
ギリギリ踏ん張っている自分をちょっとだけ誉めてやろう。

藪の中
原作を知らない。
きっと知っていたらもっと楽しかっただろう。
自分の教養のなさが恨めしい。
それでも十分楽しめる出来だ。
たくさんの語り手の食い違うものの見方。
一つのお話が、語られる人によって微妙に違う。
みんなが自分を必死に説得しながら、自分のお話を作る。
読んでいるときは楽しいが、思い出すとやるせない。

走れメロス
ダントツで馬鹿馬鹿しかった。
太宰さんの胡散臭い友情をさらに胡散臭くして、走る芽野。
セリヌンティウス役は芹名。
彼を見てると、馬鹿であることのすばらしさが分かる。
下らないことのために人は命をかけなければならない。
元の走れメロスだって、そんなもんだろう。
だから走るし、だから待つんだ。

桜の森の満開の下
いい話だ。
満開の桜が怖いのも分からなくないし、何かをなくしてそれが何か気づけなくて、空しさを覚えるのもリアルだ。
少しずつ、少しずつ狂っていく。
何が狂っているのかも分からずに。
最愛の人が横にいるのに。
ホラーだな。

百物語
凄くグダグダしたお話だ。
引っ張って引っ張って、百物語には語り手は参加しない。
誰にも記憶されず、何かをつかもうと、目を血走らせた男。
たくさんの人たちの中で一人違うところにいて。
輪の中に入れずにいる語り手(森見)がいなかったはずの彼の唯一の目撃者。
ここにも一人、自分の道を行きすぎた人。


文学って、自分のコンプレックスを読者に叩き込むために書くんだろ?
そんなことを思った。
自分よりはるかに行き過ぎて、まともに生きていけなくなった人を描いて、楽しかったんだろうか?
文学って頭に悪いよねぇ。
思考が固まる。
だけど、面白い本であった。

評価は★★★★☆(星4つ)
早く内容を忘れたい気もしないでもない。
[新釈 走れメロス]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。