スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依存

2008年12月31日 23:58

やれやれ、だ。よくいるいる、そいういう、自分の非常識を社会的正義と混同するひとって。どっちが変質者なんだか判りゃしない。

依存 (幻冬舎文庫)依存 (幻冬舎文庫)
西澤 保彦

幻冬舎 2003-10
売り上げランキング : 141489
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある大学生グループに関するシリーズ。
酒を飲みながら語られる不思議な話に、主人公たちがロジックと妄想だけでオチをつけていく、そんなシリーズだ。
得られたインプットから、矛盾のないオチを捻出していく。
それはどれだけ突飛でも構わない、というか突飛であればあるほど楽しい。
鮮やかなオチを見せてくれる、僕のお気に入りのシリーズ。

今回はその主役の位置にいる匠千暁の過去について。
そのお話に現在進行しているお話が絡ませてある。

匠たちのグループが白井教授という先生の家に招かれる。
白井教授の新しい奥さんとして現れるのが、匠の産みの母親だという。
絶望のどん底に突き落とされたように見える匠から、少しずつ語られる過去。
匠は「双子の兄を母親に殺された」と言う。
少しずつ語られていく、ドロドロと込み合った事情。

その過去の話とかわりばんこに、今メンバーに起きている問題、過去の疑問が語られていく。
マンションのオートロックの扉に挟まれている小石の話から、
ケイコという名前の子が誘拐され、無傷のままお土産を持たされて帰ってくる話から、
想像が妄想と呼べるようなレベルで展開され、なぜかそれなりに満足のいくオチが作られる。
しかも、それがまたいろんな話に複雑に絡んでいて。

テーマはタイトルの通り『依存』
それぞれのキャラクターが、自分の中に育てた「拠り所」
それを守るために、周りを偽り、自分を偽り。
自分を偽るために、無理やり作り上げていく妄想がリアルだ。
そして、自分自身が、それに絡め取られていく。
もう、自分ではほどけない。

お話一つ一つは弱いお話。
でも、それが重なって、少しずつ満足が得られていく。
最終的には「ふぅ、西澤さんの本読んだぜぇ」って感じで終われる。
…うん、ファンのための本ですな。

そんな西澤ファンの僕の評価は★★★★☆(星4つ)
決して、西澤さんの本に手を出したことない人が読むべき本ではないと思う。

関連記事
本の山。七回死んだ男
西澤さんの名作といえば、これ。
本当はこのシリーズを薦めたいけど、記事を書いてない僕の怠惰が問題orz
[依存]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト

アンガー・マネジメント

2008年12月11日 01:24


「『なぜ自分は怒るのか?』の原因を徹底して追及するよりも、『自分は怒りをコントロールしてどのようになりたいのか?』を思い描いていこう」


アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技
安藤 俊介

大和出版 2008-09
売り上げランキング : 9645
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、安藤さんからいただきました。
とても嬉しかったのですが、なかなか記事を書けず…
申し訳ない限りです。
申し訳なさとは関係ないのですが、この本、なかなか面白く読めました。

「怒り」をどうやってマネジメントしようか、という本。
僕みたいにイライラしやすい人間としては、エッセンスをゲットしておきたいところ。
それがけっこうサラッと入ってくる。
マネジメントするコツは一言で言うと、「いかに自分の怒りや怒りの元を客観視するか」

怒りそうな瞬間、いかにその状況を自分から引き離すか。
怒ってしまった経験、それをいかに分析できる状況に変えるか。
そして、怒らない仕組みを作っていく。
まとめてしまったらそのまんま過ぎる気がするけれど、この本のいいところは、納得しながら実践できそうなところ。
やるべきことが具体的で、読後に気持ち悪いところも残らない。

ちょっと難を言うとしたら、薄いかもしんない。
同じ内容を身につけるのに、一冊の本が必要かな?
十分文字数は少ないけれど、実はもっと少なくてもいいんじゃないかという気が若干…

僕の評価は★★★★☆(星4つ)

少し前に読んだ「 もう、不満は言わない」という本もネガティブな感情を追い出す悪くない提案が書かれていた。
自分の気持ちを客観視し、ネガティブな感情が起こらない仕組みを作っていくというところは似ている気がする。
あっちも若干薄く感じてしまったのだけれど、特に自分の行動の客観化部分に関してはかなりお気に入りの本だったりする。
流行っている方向性なのかな?とちょっと気になってみたり。

そういえば、一つ思いついたことをメモしておこう。
自分の嫌いな気持ちを消していくために、自分から遠くに置くという手法があるなら、歓迎すべき気持ちをできるだけ近くにもってきて、モチベーションを上げたりできそうな気がする。
今すぐ仕事に集中できる!みたいな方法があると、僕みたいにダラダラした人間にはとってもいい気がするんだけどな…

関連する記事
もう、不満は言わない
最後の授業 ぼくの命があるうちに
[アンガー・マネジメント]の続きを読む

ランキング




広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。