スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・イクリプス―Sky Eclipse

2009年02月25日 07:55

何故、神様は現れない?
今こそ、チャンスではないか。
そんなことを考えたのは、ずっと昔のこと、まだ小さかったときのこと。一度でも、目の前に現れてくれたら、信じただろう。自分のためではなく、神のために戦うことだって、たぶんできたはず。
そして、
きっと、今となにも変わらないだろう。


スカイ・イクリプス―Sky Eclipse (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)スカイ・イクリプス―Sky Eclipse (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
森 博嗣

中央公論新社 2008-11
売り上げランキング : 9340
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『スカイ・クロラ』シリーズの番外編です。おそらく、シリーズの他の作品を読んでからではないと、意味が薄い本ではないかと思います。お話自体より、「お、この登場人物が」「あ、あの話がこんなところで」ってところに面白さを見出していました。他のを読まずに、この本を手にとっていないので断言はできませんが、やっぱりこのシリーズは出た順番に手に取るべきかな、と。

短編集です。それぞれのお話はシリーズの雰囲気は保ったまま、シリーズの登場人物に関するストーリーを補完している。
たとえば、一話目はシリーズを通した主人公であるクサナギと、整備士のササクラのお話。シリアスな雰囲気の少ない、良い導入になっている。

短編を全部並べて見えるのは、そんな読み方が正しいのかわからないけど、時間の変化みたいなもの。シリーズの本編は、巡り巡って変わらない、そんな風に読めたのに。この短編でも「変わらない」って言葉は頻出なのに。
永遠の子供キルドレの一点に尖った様子に対比させて言うと、鈍磨とか風化とかそんなものが読めた。それが、全然悪くないんですよね。

で、補完されたストーリーをどう読むかについて。それに関しては、この本のレビューを検索してたら、凄いブログみっけた。
スカイ・イクリプス - いっせーのレビュークラブ - Yahoo!ブログ
この短編集を読んで、シリーズ全体を再構成しなおしている。読み始めて後悔しました。これを読む前に自分で全部読み返したかったな…。
とにかく、凄く書き込まれてます。しっかり読み直してみたい人には、オススメできないほど(笑)
世の中にはこれくらいちゃんと本を読む人がゴロゴロいるんだろうな、と反省しつつ、自分でもはじめから読みなおしてみたいな、と思っています。

評価は★★★★☆(星4つ)

ところで、短編集の感想の書き方に困るのは僕だけでしょうか?
あらすじも書きにくいし、感想も…
能力の低さの言い訳なんですけどね(苦笑)
[スカイ・イクリプス―Sky Eclipse]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト

2008年に読んだ記憶に残る6冊の本

2009年02月23日 07:05

今さらだ(爆)

こういうのやってみたかった訳です。でも、「他の人たちとカブるのは恥ずかしい」とか思ってしまう天の邪鬼でガキな僕。当然のように「じゃあ、凄く中途半端な時期にやっちゃおう」ってなところに落ち着いた訳で。この腐った心の持ち様が嫌いでもあり好きでもあり。…後で読み直して恥ずかしい気持ちになるのは確実ですが。

そして、いろいろ一息ついた今、満を持して一年の記事を読みなおすと…

少ない(笑)

記事が少ない。これでよく書評ブログを名乗っているよ、まったく。流石にもっといろいろ読んだだろ…たとえば……

思い出せない(笑)

というわけで、「面白かったと思った本くらいメモしてるだろ」という淡い期待を元に、記事を読み直しました。その結果「ああ、これ良かったな」という本を6冊選ぶのに、わずか5分。薄いな、僕の読書って。
では、本の山の読書の浅さを存分に感じて下さい。

  • 本の山。 わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 -

  • 文章の読み方の基本を教えてくれる本。そして、日本の国語教育ってヤバいよね、と改めて考えさせてくれる。
    正しく文章を読みたい。そんな風に、日本語に不自由さを感じている人にオススメ。つまり、僕くらいのレベルにちょうどいい本でした(笑)
    「本の読み方は自由」なんていう国語教育の洗脳が憎くなってくるかも。

  • 本の山。 最後の授業 ぼくの命があるうちに -

  • 死を宣告された教師が最後の授業をする。幼い子供に何を残せるだろうかと考え、教師だから「授業」に。子供に「生きているって楽しいんだ」って語る力強さが、関係ないはずの僕も、ちょっと前向きな気分にしてくれて。すんごい心が動いた。

  • 本の山。 ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論 -

  • ゲーデルって人がとても好きになった。生きるのが苦手だという風にしか見えないゲーデル。それは精一杯誠実に生きてるから。
    友人・家族を徹底的に大切に思うやり方が、ゲーデルの生き方をよく表しているように見えて感動的でした。

  • 本の山。 ジョーカー・ゲーム -

  • <このミステリーがすごい!2009>第2位
    とかになっていて、わざわざ書くのも恥ずかしいですが…当たりでした。面白かったです。
    単純に「うわぁ、かっこええ」ってのが感想です(笑)
    題材にしている時代は第二次世界大戦直前ですが、それは関係なく軽く楽しめる。良いエンターテイメントだと思います。

  • 本の山。 ハサミ男 -

  • 上手いんですよ。去年、ミステリーとして一番楽しんだ本だと思います。
    ハサミ男って呼ばれる殺人鬼が「偽のハサミ男」を探すお話です。少しずつ先が気になってきて、最後は頭に残ってる伏線が一気に攻めてくる。
    お話自体も面白くて、「はぁ、すっきりした」って感じで読み終われる本でした。

  • 本の山。 終末のフール -

  • 小説では、この本が最も心が動かされました。
    地球が滅亡する。当然のように世界が荒れて、一瞬やってきた静かな時期。そこで、力強く生きている人たち。
    不幸なんて概念が成り立たなくなってるくらいのどん底で、なぜか愉快に生きてる人たちのお話は、こんな風には生きたいと思わせる力があると思った。


…。
有名な本ばっかり…やっぱり浅い(笑)
念願が叶って僕は満足。
[2008年に読んだ記憶に残る6冊の本]の続きを読む

ランキング


ああ、まともな記事なんて

2009年02月02日 04:11

やっぱり、真面目なことを書くのが苦手なMaThyです。本について何か書くのは、本当に大変。「あれで真面目にやってるつもり?」と言いたい方はたくさんいるだろうけど、今はそんな凶器みたいな言葉に耐えられそうにないので、心にグッと閉まっていただいて。

今は、そんな僕が論文書いてます。もう、何もできない。ブログの更新?何?それ、食えんの?
本は読んでる。読まないと死ぬから。でも、書いたら、死ぬ。

そんな僕ですが、ちょっとメモしたいものを見つけちゃった訳です。ああ、どこにメモればいいんだこれ。できれば、いろんな人に見せたいのに。

そんなことを考えたら、僕が書き散らかしているもののうち、一番人目にふれそうなところに置きたくなりました。いつもは、できるだけ、余分なものは置きたくないブログだけれど。



クレヨンしんちゃんのエンディングテーマでしたよね、これ。はじめて聞いた時から好きでした。何年ぶりの再会だ、これ?

月灯りふんわり落ちてくる夜は


なんだ、このきれいな詩。
なんだ、この雰囲気のある声。

論文、後1週間くらいは頑張れそうな気がした。
心の底から感謝した。


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。