スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイルド44

2009年03月30日 20:25

この社会に犯罪は存在しないという基盤を。

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
Tom Rob Smith 田口 俊樹

新潮社 2008-08-28
売り上げランキング : 2840
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2009年の「このミステリーがすごい!」で海外版トップだった小説。
暗い雰囲気で爽快感は少ないが、意外と楽しめたかも。上下2冊はちょっと長い気がしますが…。

スターリン体制下のソ連で、連続殺人事件が。何が特殊かというと、この事件が連続殺人事件として扱われない点。
表向きは次々と事件が解決していく。その解決は時には事故として処理されるというものだったり、時にはいかにも怪しい誰かが捕まるというものだったりする。
犯罪はあってはならない=犯罪は存在しない、が成立した社会の歪さ。

歪な社会では、正しさが求められるはずの警察も歪だ。できれば、犯罪であって欲しくない。犯罪数は国家が決めた通り、少しずつ減っていかなくてはならないからだ。もし犯罪数の制限を守れなければ、国家に対する反逆行為になり、きっといつか反逆者として捕まる。だが、事件が解決されないことも、同様に反逆だ。結果、事故や、障害者のような罪を着せやすいものの犯行、というところに落ち着く。

国家保安省の捜査官であるレオはかつての英雄だった。出世コースを歩んでいたが、あるスパイ容疑者が絡んだ事件が原因で転落していくことになる。彼の転落とともに、社会状況が語られる前半部分は方法として秀逸だと思った。
出世コースからこぼれた彼の前に、一度は自分が事故として黙殺した連続殺人事件が再び現れる。存在しない犯罪を追うのは明らかに国家に対する反逆であるが、国家に疑いを抱き始めたレオは事件に関わる道を選んでしまう。これは、彼に関わりのあるもの全てを巻き込むことを意味する。親も妻も友人も。そして、一人でも裏切れば、即逮捕され銃殺されるか、苛烈な強制労働に送られ死ぬか、どちらか。

事件自体は特殊ではない。ちょっとくらい猟奇的でも、それが原因で本のネタとして特殊だということにはならないだろう。
でも、この本が可能になる背景の部分が凄すぎる。
そして、その社会に絡められ語られる人間のつながり。暗い社会に翻弄される幼い兄弟たち、そしてレオとその妻であるライーサのつながり。常に危険が仄めかされているため、続きは気になりっぱなし。
しかし、それと同時に気が滅入ってしょうがない。暗いしやるせない。
けっこう頑張って読んでしまったのに、手放しに「面白かった!」と言ってしまえない重さは、ちょっと疲れてしまったかも。

★★★★☆(星4つ)
[チャイルド44]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

まほろ駅前多田便利軒

2009年03月19日 22:23

そのチャンスは残されている

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
三浦 しをん

文藝春秋 2009-01-09
売り上げランキング : 2273
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「忙しい年になる」曾根田のばあちゃんの予言通り、その年に便利屋の多田が関わる人たちは何だか問題ばかり抱えている。
その中でも事あるごとに多田を悩ませるのが元同級生の行天(ぎょうてん)。初仕事の帰り際に、行天を拾うところからお話が展開していくのだが、とにかく困った奴で。住むところのないからと、便利屋に居候。すすんで仕事を手伝うでもなく、しかし、仕事には付いて来たがる。たまに役に立つのだけれど、人の目を気にしなさすぎる振舞いは多田を困らせるばかりだ。

少しずつ匂わされていくのだけれど、多田も行天も暗い過去がある。それは、大事なものが自分から決定的に離れていってしまった記憶。絶望的に修復できないものを抱えた時に、人はどうしたらいいんだろう?便利屋に関わる人たちとその問題が、時に多田の記憶を刺激する。

お話はシリアスな雰囲気を匂わせながら進み、しかし、行天や他の登場人物のキャラクターのお陰で暗くなりすぎず、読み心地に関して言えばむしろ軽めのテイスト。匂わされたクライマックスへの期待半分、心地いいお話だなって印象半分、「何か中途半端だな…」という気持ち半分(あれ?計算が合わない…)。
中途半端だって印象は心地よさと一体なのかな。多田の過去は、そこまで予想外でもないし、お話のオチもそんなに強くはない。それで、お話の引っ張り方とオチの威力はバランスが取れていない気がしたけれど、その「ああ良かったね」で終われるお話の作りが、心地よさに一役買ってるのかもしれない。
特に悪い印象なく、時間を潰せるかな、という一冊だと思いました。

★★★☆☆(星3つ)

また、『まほろ』というのは町田をモチーフにした街らしい。町についての描写が気になる人は、
山路を登りながら、こう考えた。:まほろ駅前多田便利軒 - livedoor Blog(ブログ)
こちらのブログ記事など参照にされてはいかがでしょう?


本の山で、この雰囲気に関連しそうな記事
本の山。 卵の緒 -
本の山。 くちぶえ番長 -
[まほろ駅前多田便利軒]の続きを読む

ランキング



2009年に読んだ記憶に残る2冊の本

2009年03月01日 03:14

2つ前の記事が前フリとして使われるとは誰も予想してなかったのではないだろうか?全ては、このネタのための布石。1回普通の記事を挟んだのも、まさかいないだろうとは思ったが、疑っている人がいるかもしれないと思って用心した結果であった。
人の裏をかけさえすれば、それでいい。
このガキさが、「本の山」を書いてる奴の基礎部分を成していることに、そろそろ周りの人が気付き始め、ドン引きし始めたのではないだろうか。

というわけで、2009年の読書まとめです。僕の人生に一度しかない2009年の読書まとめの機会を、まだ2か月の時点で使い尽くします。記事の浅さが顕著な僕のブログでも、書く前から6分の1の浅さを約束されているのは今回の記事だけでしょう。この記事をここまで読む奇特さをお持ちの方も、是非、引き返すべきかと思います。

今年の記事を読み返してみると、なんと、わずか6冊の本しか取り上げておりません。最早、絶望的。ここから選び出された2冊は、いったいどんな価値があるのだろう?わざわざ貶めているようなものではないのか?

そして、僕が泣く泣く貶めてしまう2冊の本は…


  • 本の山。 予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 -

  • 「今さら」と言って良い取り上げのタイミングだったので、グーグルさんとかで若干の調べ物を行い、水増しした記憶があります。
    経済学ってのが大嫌いなのです。あんな曖昧な話しかしないのに、なぜか使う人は「世の中の原理が分かってる」みたいな態度に見えて。まあ、100%僻み的な何かなんですけどね。
    その曖昧な部分が面白いんだぜ?という話にも読めるこの本は、態度からして清々しく思えました。しかも、その「面白いんだぜ?」って部分は、そう書くのではなく、本全体からにじみ出てくるようなもので。
    凄い本だな、と思い出すにつけ、思うのです。

  • 本の山。 精霊の守り人 -

  • 「今さら」にもほどがあるというタイミングで読んだのですが、ずば抜けた面白さで…。その遅さのせいで、世の中には既に僕が書けるものより優れた書評であふれておりました。で、それを貼り付けたりして記事を書いたという…ダメだ、書いていて情けなくなってきた(笑)
    この正直な面白さは得難い、とシリーズ続きを読みながら、一冊一冊思います。そして、その中でも、1冊目の本書は印象が桁違いでした。続きの本を読んでると「欠けているものがあるのではないか」と感じるくらい、僕にとって完璧な作品です。日本語が読めて、このお話を読まないのは嘘だろ、なんて大きなことを言いたくなりました。


まとめてみて、改めて、このブログの「遅さ」が浮き彫りですね。2008年のまとめとか2007年のまとめとかに載ってそうな本じゃないか(笑)
ブログから情報を得る場合、情報の新しさってけっこう大事だろうから、やっぱり、価値の水増しを徹底しないとな。そんなことも考えたりしてます。
まるで、反省しているかのような、そぶりを見せても、「やっちゃった感」が全く消えずに焦る僕ですが、やはり何もできずに、記事を終えるしかないのでした。

[2009年に読んだ記憶に残る2冊の本]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。