スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親不孝通りラプソディー

2009年06月23日 23:56

一九八五年。
オレも相棒も、十七歳だった。


親不孝通りラプソディー (ジョイ・ノベルス)親不孝通りラプソディー (ジョイ・ノベルス)
北森 鴻

実業之日本社 2008-11-19
売り上げランキング : 482061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


親不孝通りディテクティブの続編。テッキとキュータの若かりし頃のお話。

未だにガキの領域に踏みとどまっている馬鹿な高校生が、美人局に引っかかったあげくに信用金庫から現金強奪を計画し、それを実行に移したことさえ十二分に驚愕に値するというのに、その金額が一億超という途方もない事実を告げられて、平然としていられるほど俺は人間ができ上がっていない。当り前だろう。その金が、正真正銘由緒正しき裏金であることは、キュータが計画を俺に持ちかけていた段階で聞かされていたが、


…。

現金強奪の際、キュータは偽の手がかりをばらまき、捜査を撹乱する方法を選びます。そのために用意した、警官の射撃訓練所から盗み出した、弾丸。これがまた、いわくつき。
キュータが、仕方なく組んだ人間が、ヤクザとのつながりもある、狂犬キョウジ。
さらに、過去に起こった現金強奪事件と結び付き、強奪されたお金の総額3億超。
お金の周りに群がる怪しい集団…。

一気に読んでしまう系の面白さでした。

人によっては気に入らないかな、というポイントが二つほど。
一つ目が、カッコがついてない台詞が突然挿入されること。時々、いつの間にか、誰かわからない人の台詞が始まっていて、混乱することがあったかな。
二つ目が、高校生らしい、直接的な表現の下ネタ。ああ、下品さ(笑)
この二点に関しては、けっこう意見が分かれるかもしれないな、と思いました。

だけど、僕はかなり満足。
★★★★☆(星4つ)
親不孝通りディテクティブと合わせて読むと、満足感もさらに大きめかな、と思いました。
[親不孝通りラプソディー]の続きを読む

ランキング



スポンサーサイト

訪問者

2009年06月19日 23:24

「君は、訪問者かね?」

訪問者訪問者
恩田 陸

祥伝社 2009-05-14
売り上げランキング : 3104
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


恩田さんっていろんなタイプの本を書かれる。僕はその中で「ああ、よく作りこまれているなぁ」と思える本が好き。今回は、「やや作りこまれてる」くらいかな。読んで損をした、とは思わないくらいの…。

映画監督であった故・峠昌彦についてのインタビューと称して、井上は4人の老人に近づく。その4人は昌彦の実の父親候補。井上は身分を偽って、誰が父親かを探りにきたのだ。老人たちは老人たちで「訪問者に気をつけろ」という手紙を受け取っている。身分を隠して近づいてきた井上への不信感が募る中、昌彦と似たような状況で死んだ千沙子の影が至るところに現われてくる。さらに、嵐で外部と遮断されたところで、突如現れる謎の死体。

死の謎についての推理という点では木曜組曲に近いかもしれない。でも、木曜組曲の方が断然作りこまれていたという印象。実際、上のあらすじを読んで頂いても分かるように、お話自体はありきたり。オチも、決して意外なものではなく、むしろ、すっきり度は低め。

期待しすぎると、凹んでしまうかも?
時間つぶし、と思うとそれなりに満足かも?

僕の評価は★★★☆☆(星3つ)
もしどちらかを選んで読むなら、100%木曜組曲だと思います。
[訪問者]の続きを読む

ランキング





広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。