スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにやってくる書きたい発作

2010年08月09日 04:35

読書はやっているような、やっていないような。たとえば、東野圭吾のプラチナデータとか読みました。可もなく不可もなく…よりは、ちょっと残念な印象だったかな。

上手く本を整理する本棚を持っていないから、ごちゃごちゃっと、それこそ山のようになった本の中で生活しています。要らない本はブックオフに、って思って早半年。

僕のブログの周辺もあまり活発な動きがないようです。コンスタントにクオリティ高い記事が見られるのは、『旅と読書と日常と』『売れてる本ランキングと読書系女子セレクト』くらい。
このブログに迷い込んだ人がいたら、上の二つに流れ込むとハッピーになれると思う。

今日は比較的にものを書いた方で、こことは違うブログだけど、昔書いた記事にも関係あるようなことを、モニョモニョとぼやきました。

近頃書いていてヒシヒシと感じるのは、言葉が出てこないこと。昔は下手くそなりに言葉が出てきたけれど、今は…。昔の下手くそな言葉たちを、僕は今でも大好きで、自分では面白いと思っている。愛しい言葉よ、来たれ。無から生まれろ、無闇なセンス。

ちなみに、このブログにはそういう言葉は書いてないし、今はウェブ上にも残していない。だからこそ、何だって言える。昔はパパ、凄かったんだぞ、みたいな。

また、少しずつ本を積み上げていく作業ができればいいな。そして、昔のパパを取り戻せれば言う事ない。
スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。