スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリー・カップス・オブ・ティー

2011年05月06日 10:29

「ここでうまくやっていきたいとお思いなら、我々のやり方を重んじてくだされ」お茶に息を吹きかけながら言った。
「バルティ族の人間と初めていっしょにお茶を飲むとき。その人はまだよそ者だ。2杯目のお茶を飲む。尊敬すべき客人となる。3杯目のお茶をわかちあう。そうすれば家族の一員となる。家族のためには、我々はどんなことでもする。命だって捨てる。グレッグ先生、3杯のお茶をわかちあうまで、じっくり時間をかけることだ」
温かい手を僕の手に重ねた。
「たしかに、我々は無学かもしれん。だが、愚かではない。この地で長いこと生きのびてきたのだから」


スリー・カップス・オブ・ティースリー・カップス・オブ・ティー
グレッグ・モーテンソン デイヴィッド・オリバー・レーリン 藤村奈緒美

サンクチュアリパプリッシング 2010-03-25
売り上げランキング : 5985

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今年のはじめに読んだ本。読書はじめとしては、良いスタートだ。その後の処理に関しては、ズルズルさぼったけれど。

山で遭難する。命を助けられる。恩返しに、村に学校を建てることを約束する。
そんなグレッグさんのお話。

反響を呼んでいたのは、その村がイスラムの村で、それが僕らのイメージしているものと全く違うから。彼らの村に学校ができることの意味の切実さが、伝わってくるから。そして、それがイスラムとテロという話題にも関わってくる。
イスラムと深く関わるグレッグさんのお話から、今まで見ていた世界と違うものが見えてくる。

グレッグさんが助けられたコルフェ村の村長、ハジ・アリ。この本を読んだ誰もが、最も印象に残った人としてあげるだろう。彼の言葉を、まずは、何も考えずに読みたい。

何も考えずに読んでも、記憶に残る。読んだ人はきっと考えるだろう。本当は何が問題で、どうすればいいのか。
教育があるということ。子供に教育を受けさせる場があれば、と願う大人。何かを学びたいと思う子供たち。イスラム教徒とテロ。今、再び話題のビン・ラディンも、チラッと出てくる。
もっと考えないと、という気持ちにさせられる。

必読の書、なんて押し付けがましい表現は大嫌いだけど、読んで欲しいな、とは思う。

★★★★★(星5つ)

[スリー・カップス・オブ・ティー]の続きを読む

ランキング


スポンサーサイト


広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。