スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問者の話

2007年08月27日 23:11

くちぶえ番長という本を読んでレビューを書いた。
現在、検索サイトからこのブログを訪れる方の一番の目的はこの記事のようだ。
もうちょっとまともなことを書いておけば良かった(笑)

で、どんな検索ワードかと言うと「くちぶえ番長 読書感想文」
レビューとか書評じゃなくて、読書感想文を検索しているのが気になる。
で、一つストーリーを考えてみた。

子ども向けに書かれてそうなこの本は、実は大人こそ大好きな種類の本だと思う。
ってか、若干大人のエゴがちらつく本だった。
その部分に気がつかないのは鈍い大人だけだろう。

そして、大人は「これこそ子どもに読ませたい本」とか言い出しそうだ。
で、実際にそんな下らないことを実行しようとした学校の先生とかが、子どもに読書感想文の宿題を課しているのではないだろうか?
その課題が出た子どもはどうするか?
特に本が好きなわけでもない。

HPで検索して写せばいいんじゃね?
これなら内容読まなくてもいいんじゃね?

そんな風に考える小学生がたくさんいるのかもしれないなぁ、とか考えてみた。

大学生はこぞってウィキペディアを写してレポートを作成し、当然のように先生にばれる。
小学生は、どこの馬の骨とも分からない奴のブログから適当に読書感想文を失敬する。

つかまりにくいだけ、小学生の方が賢そうだ(笑)

もちろんこの話はフィクション。
だけど、くちぶえ番長がらみの検索ワードで「くちぶえ番長 読書感想文 パクリ」というのもかなり多いので、既にパクリが問題になっている本なのかもしれない。
もちろん、くちぶえ番長が「この本はパクリだ」という評判の本なだけかもしれない。

どうなんだろう?
もし、この謎の答えをご存知の方がいらっしゃいましたら、コメント欄で教えていただけるとありがたいです。

最後に。
ちょっと、文句みたいなことばかり書いたけど、その部分があったとしても、この本は普通に面白い本だったと僕は思います。
参考になるかは分かりませんが、もしよろしければ、僕のレビューなどのぞいてみて下さい。
くちぶえ番長
…いや、こんなんじゃあ、参考にはなりそうにないですね(苦笑)


少しでもお役に立ちましたら、ランキングのクリックをお願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 樽井 | URL | -

    読書感想文

    こんばんは、樽井です。
     うちのサイトも、今「人間失格 読書感想文」でよく検索されています^^
    タイミングがあってしまっただけなんですが、果たして中学生たちはやってきて何を思うのでしょうか。
     くちぶえ番長。未読でしたけれど、ちょっと読んでみたくなりました。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    こんばんは。…一日遅れですが。

    読書感想文って言葉は、やっぱり小中学生なイメージですよね。
    人間失格くらいになると、本に興味ない学生には苦行かもしれませんね。

    僕としてはこのブログがお役に立てるというなら、嬉しい限りです(笑)

    くちぶえ番長は、軽い本なので、空いた時間に良いかもしれませんよ。
    つぶしたい暇があれば、試してみて下さい(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/102-b01d90d5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。