スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反社会学講座

2007年09月05日 22:32

彼ら社会学者は、自分たちこそが社会正義であり、自分たちの処方箋だけが病んだ社会を救えるのだ、と信じて疑わないチョット危ない優等生だからです。

反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1)反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1)
パオロ・マッツァリーノ

筑摩書房 2007-07
売り上げランキング : 16620
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前レビューした『つっこみ力』を書いたパオロさんの本。こっちの『反社会学講座』の方が早く出版されていた本で、近頃文庫になった、ということらしい。アマゾンでの評判通り、『つっこみ力』よりこっちの方が面白かったです。

この本は、社会学の学問としての歪みをからかいまくった本だ。根拠が薄い、または議論に都合のいいデータだけを選んできて、それを元に無駄に不安をあおる社会学者。それをバカにしまくる。
けっこう爽快。
また、その語り口の軽さに対して、議論に必要なデータをしっかり集めてくる辺り好感が持てるし、そもそも議論自体に説得力がある。

扱われているトピックは『少年犯罪の凶悪化』『パラサイトシングルは悪』『日本人は勤勉だ』『ふれあいが大好きな日本人』『日本人はダメでイギリス人は立派』『少子化問題』などなど。読んでみたら、どれだけ社会学者の都合で議論がなされているか分かるだろう。
ちなみに著者の結論は、『少年犯罪は凶悪化していない』『少子化は問題じゃない』だ。

単純に新しい考え方・知識という点でも魅力的な本だけど、その文章も十分に読みがいがある面白さ。ユーモアはお洒落と言って良いレベルだと思う。
たまにジョークと本気の違いが曖昧になる気がするが…それは各自の良識のある判断に委ねられているんだろう(笑)

僕の評価は★★★★★(星5つ)
四つにしようか一瞬迷ったけれど、まあ、今日はこれくらいで。
ちなみに、この本はウェブ上で公開していたものを書きなおしたものらしく、今もその内容を読めるようです。
スタンダード 反社会学講座
買うか迷っているような人は、一度ここで内容を見てみるといいかもしれません。
アマゾンのレビューはこんな感じ。
レビュー7つで星は4.5個。
ちなみに、ハード版はこんな感じ。
57個のレビューで、星が4.5個。非常に良い評価。

多かったので、悪い評価のだけ読んでみたけれど、それもあまりけなしているわけではない様子。けっこうみんな満足していると思われます。

『少年犯罪の凶悪化』トピックについてイケてないレビューを発見。きっと、良識のある判断ができなかったんだろうと思う。

よくテレビなどで出てくる少年凶悪犯罪の件数を示したグラフはここ数年のものを抜き出したもので、それ以前のグラフは提示されない。このグラフをもう少しさかのぼると、少年犯罪の件数は激増する。実は、少年犯罪は増え続けていないんだよ、という話。
これに対して「戦後の混乱期と現代で数字を比べるのはおかしい」という反論をしている。

このレビュワーは「自分だけがそのツッコミに気がついた」と思ったのだろうか?普通の人は「なぜこの部分について考えないのだろう?」と問い、そしてパオロさんの言っていることを理解しようとする。そしてある程度の理解をして、続きを読み進めるんだろうと思う。

もうちょっと注意深い読み方が必要だっただろうね。少なくともアマゾンにレビューを書くというのなら。

でも実際のところ、パオロさんの元に同じようなツッコミをしたつもりの手紙なり何なりがいくらか届いたんじゃないかな?とか予想をしている。今回、文庫版で書き足された補講の部分でも全く触れられていないので、その程度に下らない意見なんだろう、とさらに妄想を膨らます。

いや、全部僕の妄想ですから。
みんなも、僕の意見なんか信じちゃダメだぞ?←ウザい

とりあえず、短絡的に信じ込んだり、適当に読み落としたり、そういう下らない読み方は、この本に似つかわしい読み方じゃないことに注意したいなぁ、と。

スポンサーサイト


広告


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. seringo | URL | 5IlVsvFI

    こんばんは。seringoと申します。
    リンクさせていただいた際に、どちらにご報告すればよいか分からず、結局黙ってリンクしてしまい、申し訳ありませんでした。

    反社会学。。。一人で本屋をウロウロしたら絶対に注意が向かなかったタイトルですが、MaThyさんのレビューを読んだらとても興味が湧きました。
    是非、読ませていただきます。

  3. 「ノート術・学習法+健康法・・ /></td> </tr> <tr> | URL | -

    こんにちは、ホッカです。
    パオロ・マッツァリーノ さんの本を紹介していらっしゃったので、今度読んでみようという気になりました。
    ありがとうございました。
    これからもがんばってください。
    ブログランキングにクリックしておきました。
    では。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    seringoさん、こんばんは。
    僕も、何も連絡せずにリンクし返してしまいまして、そのままでした。
    すみません。
    これからどうぞよろしくお願いします。

    反社会学講座…。
    seringoさんにとっても面白いと嬉しいのですが。
    祈っております。

  5. MaThy | URL | OARS9n6I

    ホッカさん、こんにちは。
    コメント遅くなってすみません。

    読む気になってしまいましたか…。
    不思議でなりませんが、ホッカさんにとっても良い本であればいいな、と思います。

    ランキングのクリックもありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/103-d80a23f6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。