スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラレ×キラレ

2007年09月20日 01:15

「あれで、人を陥れることができると思うんです。誰かを抹殺したいと思ったら、そいつの近くへプロの必殺痴漢被害者を送り込むわけですよ」

キラレ×キラレ (講談社ノベルス (モF-39))キラレ×キラレ (講談社ノベルス (モF-39))
森 博嗣

講談社 2007-09
売り上げランキング : 166
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久しぶりに更新。
ある会社のインターンシップに行っておりました。
何冊か読みだめしているので、少しずつ書いていこうかと。

その一発目は森さんの本。
やっぱり、出たら買ってしまうらしい。

Xシリーズの2冊目であるこの本は、前回同様に、真鍋くんと小川さんが主人公。
椙田(スギタ)という男が開いている探偵事務所(らしきところ)に出入りしている彼らに、知り合いの探偵から協力の依頼が入る。
ある変わった事件について調べていて、少し人手が欲しい、という話。

その事件がまた変わっていて、満員電車の中で30代くらいの女性が、突然刃物で切られるというもの。
それが何度が続けて起こっているという。
犯人は同一人物と思われながらも、誰が切りつけたのか結局分かっていない。
依頼主は、とある会社のお偉いさんで、ひょんなことから容疑をかけられ探偵に自ら依頼をしたんだとか。

調査を進めていくうちに、容疑者たちにつながりのようなものが見え始める。
無差別に狙っていたわけではない、という疑いが出始めた頃、容疑者たちのつながりの根っこの辺りで、殺人事件が。

さてさて、一体誰が、どのようにやったのか、という話。

で、感想としては、やっぱりそこまで面白くない。
ストレスなく読める日本語ではあるが、その日本語自体の魅力は大幅に減少していると思う。
その上、内容は「ない」と言ってもいい。
意外なところは一瞬もなく、全ての伏線がすっきり回収されているかというと微妙。
ってか、別にすっきりしなくてもいいような伏線と言ってしまった方が正しいかも。
こりゃあ、もうネタ考えるのが面倒になってるんだな、と思った次第。

というわけで、僕の評価は★★☆☆☆(星2つ)
このレベルなら仕方ない評価かと。

アマゾンのレビューの話は続きから。
アマゾンの評価はこんな感じ。
まだ3つ。星の数は、3.5個。
判断するには早いけども、どっちでもいいような評価ですね。

みんな威力が落ちているようには感じるらしい。
その後、それでも面白いと思う派と、やっぱり不満に感じる派の二つに分かれる様子。

僕としては、「これが森博嗣?」という意見に大賛成。
近頃のは「本当に同じ人が考えているのか?」と思うほどチープな本ですから。

「この本でも楽しめる」と書いている他の二つのレビューに表れる「次回以降への期待」が何に由来するものかは全く不明だが、それってこの本がイマイチって認めてるんじゃね?とか思ってみたりもする。

今から森さんの本を読もうと思っている方は、絶対この本を選ぶべきじゃないだろうな、と思いました。


少しでもお役に立ちましたら、ランキングのクリックの方、よろしくお願いします。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 樽井 | URL | -

    確かにパワーダウンしているけれど

     こんにちは、樽井です。
     ご無沙汰です。森さんの新作出ていたんで立ち寄りました。確かに昔ほどのインパクトやキレはないんですけれど、でもGシリーズよりは頑張っているかなぁと思うのですよ、方向性とかちょっといい方に向いたかなぁと思うんですけれど、そのあたりどうでしょう?
     

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    こんにちは。どうもお久しぶりです。

    Gシリーズ…。
    そうかもしれませんね。
    この前の『イナイ×イナイ』の時は、回復の兆し!?とか思った記憶があります。

    でも、今回のは、何が謎だったのか分かりませんし、誰かが何かを解いた感じでも見つけた感じでもない気がしまして、Gシリーズと似たり寄ったりな印象もあります。

    僕の読みが足りないのかもしれませんね。
    適当に読んでレビューなんかしたことを少し反省です。
    ちょっとのめりこめない本になってきたなぁ、という言い訳をしてみたり(苦笑)

    実は、近頃、実家から昔の森さんの本を少し持ち出してきました。
    読み終わったら、ここぞとばかりにベタ誉めのレビューでも書こうと思います(笑)

  3. 樽井 | URL | -

    森さんの本について

     こんばんは。こないだは書き込みありがとうございました。本に関しての感想は人それぞれあっていいからどっちの読みが深いとかないですよ~。それぞれが楽しんでいけばいいんじゃないかなぁ。
     といいつつ、新しくまた森さんの本の感想を一冊載せました。ゾラ、ですけれど、もう読まれましたか?

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    いえいえ、こちらこそいろいろありがとうございます。
    感想はいろいろあってもいいですが、読みとれてないことがある、というのが問題だな、と思った次第です。
    ゾラ。
    知りもしませんで。
    是非読みたいと思います。

  5. peco | URL | CN9x6TZA

    森さんの新刊

    はじめまして。前のイナイ×イナイが私的にいまいちだったのでこれは読んでないんですが。。。わざと気を抜いているのかなって気もします。でもこれ売れてますよね。
     Gシリーズは謎を残す感じが好きです。そっちの続きがむしろ気になるw
     森さんの良さはドライな辛口だと思うのでそういう作品が読みたいですね。

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    どうもこんにちは。
    わざと気を抜いてくれていて、いつか本気になってくれるのだといいですね。
    Gシリーズの謎を残す感じですか…。
    確かに気になる部分ですね。
    でも、僕の場合、それぞれのお話の面白さがツボにはまるタイプなんで、もっと一つ一つを練りこんで欲しいなぁ、とか思います。
    ドライな辛口。いいですねぇ。
    是非、読みたいです。
    そんな本の情報があったらよろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/104-6d84c42c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。