スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯人に告ぐ

2007年09月24日 23:18

犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)
雫井 脩介

双葉社 2007-09-13
売り上げランキング : 212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


犯人に告ぐ 下 (3) (双葉文庫 し 29-2)犯人に告ぐ 下 (3) (双葉文庫 し 29-2)
雫井 脩介

双葉社 2007-09-13
売り上げランキング : 200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「多少時間はかかったが、我々はようやくお前を追い詰めた。逮捕はもう時間の問題だ。逃げようと思うな。失踪した人間は真っ先にマークする。今夜は震えて眠れ」


今回は突然、
A8.net
というところからメールが届き、そして本が届き、記事を書くことになった。
このことも「続き」のところに詳しく書こうと思う。
とにかくまずはレビュー。

2004年週刊文春(ミステリーベストテン)第1位!
2004年週刊現代(最高に面白い本)第1位!
2004年大藪春彦賞受賞!
「ダ・ヴィンチ」BookOfTheYear 2004ミステリー&エンタメ 第10位!
2005年版 このミステリーがすごい! 第8位!
という感じで、成績は文句ない本書。
映画化に際して、文庫化されたらしい。
確かに、面白かった。

主人公の巻島の苦い過去の事件からはじまる。
かなり腕利きの刑事な彼であったが、ある意味不運と言えるミスのため、誘拐犯を取り逃がし、誘拐された子どもは結局殺されてしまう。
その上、その後の記者会見で逆ギレしてしまうというオマケ付き。
当然のように左遷される。

その6年後。
小さな子どもが連続して殺される、という事件が起こる。
なかなか捕まらない犯人に警察も焦りだす。
その上、やりたい放題の犯人は、自分のことを批判したあるテレビ番組のアナウンサーに脅迫状を送る。
警察に対する世間とマスコミの批判はピークへ。

警察は捜査方法を一新する決心をする。
自己陶酔の激しい犯人による”劇場型犯罪”に対して警察が取った方法は”劇場型捜査”。
例の脅迫状が届いたテレビから犯人に対する呼びかけを行い、尻尾をつかもうという型破りな捜査である。
テレビに出て犯人に語りかける役として抜擢されたのが、左遷先の警察署で驚異的な検挙率をたたき出していた巻島だった。

捜査は意外なほどスムーズに始まるが、その道は険しい。
出演した番組のコメンテーターは食えない男で、秘密にしておきたい捜査の裏側まで入ってくる。
捜査本部内での風当たりも強い。
その上、捜査情報が外部に漏れ始める。

巻島は様々な障害の中、捜査を進めることができるのか?
そして、過去を振り切ることができるのか?

読み始めからグイグイ引きこまれていった。
淡々とした文章や心情描写の中に、ジワジワ張り巡らされていく伏線。
そして、けっこうに心が動かされるラスト。
満足の一冊(二冊だけど)じゃないでしょうか?

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
一つ減らしたのは、何となく新しさを感じられなかったから。
見たこともない設定だったのに、なんでだろう?
映画になりそうなその雰囲気が若干\"ありがち\"だったのかもしれない。
そんな雰囲気の中、何となくお話全体が深くなりきれない印象はあったかも。
あ、いや、でも、本当に面白かったですよ。

映画情報はこっち⇒映画「犯人に告ぐ」

アマゾンのレビューについては続きから。
アマゾンの評価はこんな感じ。
レビュー数59で星は四つ。
良い評価と言える。
というわけで、批判的な意見のみを書き出してみよう。

映像化を意識して書いたことがバレバレらしい。
そういう浅さを僕も感じたのは、上で書いた通り。

長さも少しだけ無駄を感じるとか。
その点に関しても、ちょっと納得。

オチというか本編の犯人に関する部分が弱かったのも確かにそうかも。
作者にとって、そこが最も書きたい部分じゃなかったということかな、というのが僕の意見だったりするけれど。

後は稀にキャラクターに魅力を感じない人がいたり、期待しすぎていたため思ったほど満足できなかったり、という人がいたよう。
その人たちの気持ちは分からないや。

何にしろ、面白かったという意見がかなり優勢。
浅いというのも裏を返せば、軽く読めるということに他ならないわけで。
後は、これが2冊じゃなかったらなぁ、とそんな下らないことを思うばかり。


…。
レビューは以上。
で、A8.netのこと。
このアフィリエイトに登録してたら、突然メールが来た。

本のレビューを書きませんか?
本は郵送します。
書いてくれたら5000円出します。

かなりの好条件。
お金をくれるのも嬉しいが、僕の代わりに本を選んでくれるという辺りが最高に楽ちん。

興味のある方は、登録してみてはいかがでしょうか?
A8.net



お役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの方お願いします。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. カフカ☆ | URL | 905o7r1s

    初めまして

    ランキングから参りました

    雫井作品のリアル感が好きです。
    読みたいと思っていたタイトルなので参考にします。


    うーん、このアフィリエイトは魅力的ですね(・o・)


    では、ポチッと

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    はじめまして。
    リアル感。確かにかっこよかったですね。
    お好きなら参考になんかなさらず、いっちゃって下さい(笑)
    たぶん、あんまり参考にならないかと思いますよ。

    アフィリエイト魅力的ですね。
    なかなか面白い本をお得に読めて、ハッピーでした。
    まあ、ブログは感じが悪くなるっぽいですが、僕にはあんまり関係ない気もします(笑)

    コメントなどありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/105-f3b32a13
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。