スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改革

2007年09月30日 02:18

会社を変えるには、社長が一人で勉強していても何一つ変わらない。幹部と共に勉強して初めてその第一歩が踏み出せる。

社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改革社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改革
石渡美奈

阪急コミュニケーションズ 2007-09-14
売り上げランキング : 39563
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回もA8.net関連の記事。詳しくは、前回の記事参照。

この本は、筆者のホッピーミーナことホッピービバレッジ株式会社三代目の石渡美奈さんが書いた、自分とホッピービバレッジの関わりについての本である。タイトルからは、会社の変え方を教えてくれる実用書だと勘違いしそうだが、内容を読んでみるとそういう内容ではないかもしれない。かといって、決して不毛な感じではなく、石渡さんの生き方や会社の変わっていく様子などはなかなか読ませるものがあった。

本書は、石渡さんの現時点での幸せな状況を描いたプロローグから始まる。経営計画書の発表会の場面なのであるが、その充実ぶりが正直羨ましい。良い本の予感を感じさせるにはなかなか良い書き出しだったと思う。その場面に向けて何が起こったか、というのが本書のメインコンテンツである。

その道のりは決して平坦でなかったようだ。お嬢様な筆者は、幾分軽い気持ちで父親の経営するホッピービバレッジに入社する。そして、会社のことに関してガンガン口出しし、時に強引に実行して、結果失敗してしまったりしたようだ。最終的に、会社を解体寸前まで追い込んでしまう。

そこで助けてくれたのが、以前から経営計画書に関して教えてもらっていた小山さんという人。会社を危機から救ってくれ、会社が立直るきっかけを与えてくれる。その後の、がむしゃらで、しかし社員と一緒に会社の環境整備やら何やらに取り組んでいく様子は、ちょっと参加してみたいと思うくらい楽しそうだった。周りの人間に恵まれている様子も読んでいて清清しい。

文章自体は僕みたいなローテンションな人間には時々痛く感じる。自分で「空飛ぶ看板娘」とか「ホッピーミーナ」とか言ってしまうところや、ことあるごとに「不純な動機」という意味の分からない言葉を使ってみたりするところとか。後、誤字脱字が多い本だという点も少しマイナス。でも、こういった辺りはあまり気にならない人もいるだろう。僕は少し気にするタイプだけど。

というわけで、僕の評価は★★★☆☆(星3つ)
そこそこ楽しめました。

この本は阪急コミュニケーションズというところから出ている本らしく、下のリンクからも情報は見れますよ。

社長が変われば、会社は変わる!

アマゾンのレビューの話は続きから
アマゾンの評価はこんな感じ。4つのレビューで星は5個。僕が思ったより良い評価。

何かやたら好評価だ。しかも、4つのレビューとも文章が上手く、僕のダラダラしたレビューよりためになる。どの部分がオススメなのか、というのはアマゾンのレビューを読んでいただいた方が分かり易いかと思います。

ところで、この本がA8.netから届いたとき、一緒にホッピーが一ビン付いて来た。これがおいしかった。お酒に弱い僕でもゴクゴクいけた。この本がらみで一番良かったのはこの点だったりする(笑)
本を書くのは、こういう風にホッピーの知名度やおいしさを伝える効果もあるんだろうとか考えると、なかなか良い戦略をとる人だな、と思わなくもない。

というわけで、今日の更新はこんなところ。
激務な9月だったが、明日からはさらに激務な10月が始まるようです。
また会える日がありましたら(苦笑)
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 生夜了花 | URL | idSxwv0o

    リンク報告。

    こんにちは、はじめまして。勝手にリンクを貼らせて頂きました。私の方も本のブログなんて物を書いたりしています。リアルでは中々読書友達を獲得できませんので、時々ネットに飛びこみます。

    「哲学の謎」、私も中学生くらいの時に読んだ記憶があります。平易な文体でわかりやすかったのでよく覚えています。哲学というのは、思考の問題ですから、理解できないということが頭が悪いという事では無いと思います。多分常識的なのだと。
    あ、そういえば、桐野夏生氏が著書の中で、「頭が良いとは、抽象的思考ができるという事だ」と語っていたのが印象的でした。何のことやら未だによくわかりません(笑。その発言自体抽象的だっつーの。

    何だかとりとめがなくなっちゃいましたね。
    私のブログは結構森博嗣批判していますが、別に嫌いなわけではありません。好きだから何だかいじりたくなっちゃうよーな、そういう小学男子の気持ちなのです。気分を害されると嫌なので、今のうちに言い訳します。

    それでは。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    どうもこんにちは。
    はじめまして。
    リンク貼っていただき、ありがとうございます。
    後で僕の方も貼らせていただきますね。

    基本、本を薦めたりする人って嫌われますモンね。ネットに来る気持ちも分からないではないです。

    ここのコメントで「哲学の謎」の話ですか(笑)
    僕としては、思考の問題だからこそ、理解したいわけです。想像力の問題ですからね。
    想像力がない人間の頭なんて悪いとしか言いようがないわけで。
    まあ、勝手な意見なので無視して下さい(笑)

    「頭が良いとは、抽象的な思考ができるという事だ」は僕も賛成です。
    これこそ想像力ですね。
    さらに、それを具体的に説明できるとかっこいいですよねぇ。
    僕は半分あきらめていますが。

    いやいや、僕もとりとめもなく反省モードに突入してしまいました。
    お見苦しいところ見せて申し訳ないです。

    と、終わろうと思ったら、森さんですか。
    批判されるのは、別にいいのではないでしょうか?
    僕が勝手に気分を害したとしても、それ以降行かなければいいわけですから。
    あ、僕がブログを荒らすことを心配なさっていたのですかね?
    大丈夫です、そんな勇気ありません(笑)

    長々とすみません。
    訪問とコメント、本当にありがとうございました。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/106-3abe65fe
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。