スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレィドゥ・ザ・スカイ

2007年11月10日 21:56

不思議と、誰も空を見上げようとしない。知らないんだ、空のことを。

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyクレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky
森 博嗣

中央公論新社 2007-06
売り上げランキング : 19844
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「スカイ・クロラ」から始まるシリーズの最終巻。新書で買っているため、読む時期が相当遅い。近頃の森さんの本に失望してきた僕だけど、やっぱりこのシリーズだけは期待を裏切らない。
面白かった。

今回の語り手は「僕」
彼は記憶を失っている。さらに、彼が誰なのかということは作者によって意図的に隠されている。スカイ・クロラシリーズを読んできた読者だけ、彼が誰なのかということにちゃんと気がつく仕組み。際どい候補がいるけれど、時系列を考えて注意深く読めば、むしろ親切なくらいだろう。まあ、この部分は作者のサービス精神で、最も重要なことから比べれば枝葉な気もする。

このお話にはキルドレという種類の人類が登場する。彼らは永遠に子供のまま。年を取らない彼らは、戦場で命を賭けて戦っている時だけ、生を実感できる。

戦闘機乗りとして戦うキルドレを主人公にしたこのお話で、一体森さんは何を書きたかったのか。自分を忘れても、戦闘機と空のことだけは忘れられなかった、この語り手を通して、何が語られたのだろう?
いろいろ書きたいけれど、書いてしまったら、終わりな気もする。

何にしろ、端から端まで切なくて、心が揺さぶられる話だった。丁寧に丁寧に作られたシリーズだな、という感想を持ちました。今は、このシリーズを初めから読み直したくてしょうがない。

評価は★★★★★(星5つ)
アマゾンでの評価はこんな感じ。
6つのレビューで星は4.5個。
このシリーズこそ一番売れればいいのに、と思っている僕には残念な数字。

レビューの中に現れる、『潔癖さ』とか『純文学』とかって言葉には何となくうなずける。
純文学っていうカテゴリが何となく理解できないので、曖昧にしかうなずけないわけだけども。

でも、レビューの内容は興奮のまま書かれていたりして、何か恥ずかしい。

シリーズ全体のテーマは「思い通りに空を飛び、迷いなく敵を撃ち落とす(人を殺す)ことの美しさ」であると言って良い。

とか

まるでカズオ・イシグロの小説のように

とか。
もういいや(笑)

ただ、こういうのが本物のレビューなんだろうな、とも思う。
僕の不完全な奴よりは、ずっと良いのは確か。

それでも僕は「難しいから解説書出せ」って書いてる星が3つのレビューの方が正直で好きだったりする。
このシリーズの中でも読みやすい方だったこの本の感想としては、いかがなものかと思ってしまうけれど。


と、いつも通りグダグダした感じで、久しぶりの本の感想を書いてみた。
ついでにこの本のレビューに合わせてテンプレートも変えてみた。
気持ちを入れ替えてやっていこうかな、とそんな風に思っている次第です。
スポンサーサイト



広告


コメント

  1. キタムラ | URL | ODezlQbw

    初めまして。

    デザインがリニューアルされてすっきりしたまとめになってますね!
    いつも楽しみにしています。

    森博嗣さんの作品は本棚に並んでおります。その作品もあったんですね。彼の作品は何となくですが、論理的な文章が多いのではないでしょうか。
    理系の方には読みやすいと聞きますが、文系の人にとっては馴染めない、という声も聞きます。

    その違いから、評価が分かれるんじゃないかと思われます。きっと。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    論理的じゃない文章が受けているのを見たことがない僕としましては、なかなか難しい話です。
    いやぁ、哲学的ですね。

    その違いから評価が分かれるのかもしれませんね。

  3. 樽井 | URL | -

    イメージ変わりましたね。

     ご無沙汰です。樽井です。
     コメントありがとうございました。
     僕も来週あたりには、この最終巻を読みたいなと思っています。主人公が誰か、それも楽しみに読みますね。たぶん、読み終わった瞬間、本棚からスカイ・クロラをだして来そうですけれど^^
    心機一転ということで、楽しみにしています。
     今後ともよろしくです。ちなみに、、僕もレビューをアマゾンで書いています^^
     あと。文系だけれど、僕は森さん好きですよ。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    こちらこそコメントありがとうございます。

    >今後ともよろしくです。ちなみに、、僕もレビューをアマゾンで書いています^^

    正しく読んでいただければわかるかと思いますが、すべてのアマゾンレビューについて言及しているわけではありませんので、お気を悪くなさらないで下さい。

    >文系だけれど
    僕は理系ですが、好きです。
    全然、関係ないと僕は思っていますが、どうなんでしょうね?(笑)

  5. peco0102 | URL | CN9x6TZA

    はじめまして。このブログの趣旨面白いですね。参考になります(^▽^;)
     鶴田謙二氏の絵素敵ですよね。単行本で持っていますがノベルス版も欲しくなります。

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    面白いですか?
    いや、ありがとうございます。
    でも、面白いのは趣旨だけ、というワナが待っているようですよ?
    お気を付け下さい(笑)

    この絵、相当雰囲気出てますよね。
    でも、僕はハードの方の表紙を並べて飾りたい衝動に必死にあらがっているわけです。
    貧乏学生は大変ですよ、まったく(苦笑)

    もし、ご機会ありましたら、またの御来訪お待ちしております。

  7. 西由記 | URL | -

    はじめまして
    何も知らずに大学の図書館から借りました
    最終巻を!!

    でもおもしろかったです^^
    全部読みたいんですけど
    財布が地球温暖化を
    防止しようとしているので冷え切ってます
    どうしましょう?
    また、来ます。お互いがんばりましょうね。

  8. MaThy | URL | OARS9n6I

    どうもはじめまして。

    最終巻から…
    それは、なかなかアグレッシブですね。
    でも、面白かったなら、是非、全部読んで下さい。
    地球温暖化もついでに防止していただけるとありがたい限りです。

    頑張る…
    やっぱり、僕も頑張らないといけないんですかね?(笑)
    意図は不明ですが、ありがとうございます。
    また、いらっしゃった際には、コメントください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/109-3c8edf1a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。