スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハサミ男

2008年01月31日 23:09

棚を順に見ていきながら、しばらく考えたすえ、クレゾール石鹸液を買うことにした。
もちろん、自殺するためだ。


ハサミ男 (講談社文庫)ハサミ男 (講談社文庫)
殊能 将之

講談社 2002-08
売り上げランキング : 55235
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一言で言うと、よくできた本でした。
不自然じゃなく、頭に残るたくさんの伏線。
しかも、それを一瞬で回収している。
上手いなぁ、と思った。

語り手は"ハサミ男"と呼ばれている殺人鬼と軽く幼い感じのある警察官。
この語り手のチョイスがまたよろしい。
追う側と追われる側っていかにもありきたりな気がするけど、このハマり方は尋常じゃない。

ハサミ男は、次のターゲットを偽物に殺されてしまう。
今日にも殺そうかという日、ターゲットが殺されているのを自ら発見する。
しかも、ハサミ男風の殺し方。
<医師>にたきつけられて、偽物を探し始めることに決めたハサミ男。
偽物探しの過程で、被害者となった女子高生の世間から隠された一面に迫ってみたり…
物語が語られる間、滑稽なほど自殺未遂を繰り返すのもポイントで、その時だけ現れる<医師>がまた良い味を出している。

警察官の語りパートは、事件を捜査しながら、お話の複雑な伏線を読者の意識にストンと落としてくれる。
最後に二つのパートが重なって、怒涛のようにやってくるオチ。
あの伏線もこの伏線も、しっかり印象に残ってる、この満足感。

評価は★★★★★(星5つ)
一つ気に入らないとしたらタイトルか。
こんなタイトルだったら、人に薦められでもしない限り買わないなぁ、ってのは僕だけ?
まあ、読んだ後は「上手いな」と思えるんだけど、取っ掛かりとしてはどうなんだろ?

アマゾンでの評価
アマゾンでは63件のレビューに星が4個。
まあまあか。

ただ、読む前にアマゾンの書評および以下を読むのはやめた方がいいかも。
特にアマゾンの方はネタがばれるとか、そんなことも考えないで書かれている。
自分の書評に酔ったようなやつほど、何も考えずに書いちゃうから、イライラしたぜ。
…というのは半分自戒の気持ちもこめております(笑)


とりあえず、まず目についたのが

ハサミ男というタイトルが絶妙である



…ごめんなさい。
きっと人それぞれなんだろうな、と思った。
確かに、読み終わった後は、良さが分かるんですよ。
でも、タイトル自体の印象といいますか…
いや、それも含めて彼(彼女)はそれを良いと言っているのかもしれない。
諦めよう。

とにかく、「お話が上手い」というのが多くを占める意見でよさそうだ。
そして、読んでる最中に結末に気がついた人が「つまんなぁい」とか言っている様子。
つまり、後者の人たちは、書かなくてもいいのに書評を書いているような人たちなので、無視しちゃえばいい、ってことだろう。
ちなみに、僕もばらされるよりも早めにオチはわかったけど、十分楽しめましたぜ(笑)

こんな感じで、良い本を薦めていただいた幸せに感謝しつつ、久しぶりの更新を終えるてみる。
スポンサーサイト



広告


コメント

  1. 山形県 | URL | idSxwv0o

    お久しぶりですー。
    おやおや、こういう企画だったんですね。今更気が付いた私は大分頭が弱っているようです。
    ハサミ男、お気に召されたようでよかったです^^
    つまんなかったらどうしようと内心びくびくしてました。
    タイトルはねぇ・・・・・・。ちょっとねぇ。私もどうなんだと思いますよ。他に無かったんでしょうか・・・・・・。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    どうもこんにちは。
    気づくも何も、そんなに宣伝してたわけではないですから。
    面白そうな本のレビューがあってもスルーしまくってるな、もったいないな、ということで、はじめてみたわけです。

    ハサミ男、ありがとうございました。
    しっかりした話で、名前の割に古臭くもなかったですね(笑)
    機会があったら、是非、殊能さんの他の作品も読んでみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/115-ce2df6ed
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。