スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

2008年02月04日 22:58

ぜひ、何か、やってみてほしいのです。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代

ダイヤモンド社 2007-12-14
売り上げランキング : 265
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


電車の中吊り広告で見て気になった。何か、すんごい人らしい。
2005年、ウォール・ストリート・ジャーナルから「世界の最も注目すべき女性50人」に選出
2006年、エイボン女性大賞を受賞(史上最年少記録)

こんな感じ。エイボンが何か知らないけど、凄い気がする。騙されやすい体質なんですよ、僕は(笑)

この本では、『労働生産性』、タイトルで言うところの"効率"にこだわった本だ。特に、情報が大量にあるといわれている現代でのインプット・アウトプットの方法と、それを可能にする自分づくりに焦点が当てられている。
勝間さんは本を書くときに『再現性』を一つのテーマにしていて、確かに、けっこういろんなコンテンツがそのまま使えそうな感じでした。また、本の構成がきれいで、読んだまま頭の中に残せるのもいい。

インプットのコツは、整理してインプットしよう、…って書くとそのまんまだ(笑) とにかく本全体で強調されている"フレームワーク"もここで一番威力を発揮する様子。フレームワークというのは、そのまま『型』って意味だろう。情報を整理するべき型を大量に持っておくことが大事なんだとか。
具体例としては、戦略の3C(Customer, Company, Competitor)などが挙がってた。この情報は3Cのうちどれに当てはまるか、って考えながら議論なんかを構成していく、例の戦法だ。確かに情報の整理ってこうしたら便利だな、と思えた。

インプットに関しては他にも、良いものから情報を仕入れよう、ってことが強調される。特に良いものが、自分の経験、他者の経験、良書、だそうだ。本とかガンガン買って、積んどけってさ(笑) 痛快な意見だと思う。そして、貧乏性の僕には難しいんだ、これが。

他の項目も面白かった。アウトプットでは「最終的には出版を目指せ」とか言ってみたり。けっこうなことではないか。ちょっと出版に夢を見すぎる人が増えてしまいそうだけど。
何にしろ、「ぜひ、何か、やってみてほしい」という思いがよく伝わってくる本だ。

僕が思ったのは、何かフレームワークとか、他のもいろいろ便利だろうけど、もっと自由であってもいいかな、みたいなこと。使いたいところは確かにあるけど、全部には使いたくない。残しておきたいところが山ほどある。そのあたり、勝間さんはどんな風にしてんだろう?調節の仕方が知りたかった。
特に、生活の仕方。こんな窮屈な生活してまで、上げたい効率って何なんだろう?僕も大人になったら分かるのかも(笑)

世の中には全ての情報に対して、こんな風に武装している人もいるんだろうけど、そういう人にはなりたくない。特に、この本の中で時々出てくるマッキンゼーでの会話とか、正直キモかった。
マッキンゼーで、フレームワークのない会話なんて、主婦やサラリーマンのおしゃべりと同じよね

ああ、普段も調子にのってそうな連中だよね、確かに。一人二人の知人を思い浮かべながら、そんなことを思ってみたり。実際、もしマッキンゼーの人がことごとく、こんな感じで喋る人たちだったら、確かに仕事はできそうだけど、一生友達になれそうにもない。たぶん、まともに会話もできないな。僕の会話の自由さと来たら…(ちょっと反省しつつ)

何にしろ、面白い本であった。
評価は★★★★☆(星4つ)
効率アップとか興味があったら読んでみてもいいかも。特にIT機器を使った効率アップ。軽い気持ちで他人に薦められる程度には良い本でしたよ。

アマゾンの評価はこんな感じ。
54件のレビューに星が4個。まあまあの評価だ。

でも、ダメな本だ、と書いている人も星を3個つけたりしてるから、注意が必要。ダメな本だ、と言っている人に多いのが「ありがちな本だ」という意見。僕は読書量が足りないようだ。
っていうか、他で読んだってことより、中身の質を判定して欲しいもんだ。

今回はアマゾンではなく、この本が盛り上がっているブログたちを見つけた。ちょっと載せてコメントしてみる(ビクビク)
あなたの知的生産性を10倍上げる法
このブログには勝間さん本人のコメントもあるから楽しい。これに対するコメントも見かけた。
我々全員の知的生産性を10桁上げる方法
こっちは、書評など参考にさせていただいているブログである。このブログたちの近所で、少なくとも僕のような弱小ブログよりは、お話が盛り上がっている。

上のブログでは才能云々のくだりが非常にナンセンスだった。どういう趣旨で出てきたんだろう?
知的生産って意味を考えると、本自体がハウツーなのも別に問題なさそうだ。
少なくとも、勝間さんの本は「何かやってほしい」というコンセプトで書かれている本だと読めた。こうやってみたら?ああやってみたら?という文章なんだという理解だ。
そうすると、上の方の記事はピントのずれ方がでかいように思える。

下のブログでは知力とカ知的生産力の定義のウザさに加えて、知識と知力の違いがわからない部分があったりして、何とも言えず、記事のレベルは低いんじゃないかな。
どうだろう?この一方的な意見。言葉に対する勝手な意味づけ。

…そして、僕の上から目線(反省orz)。

やばいやばい。もうちょっとでやっちまうところだったぜ。それとも、もうやっちまったか?(笑)

みんな、自分が良いと思ったものを紹介するにとどめておけばいいのに。もちろん、僕も含めて。いつから、僕のブログが道を間違えたのか、という問いに対して、「生まれたときからだ」という答えを思いつきました。…僕泣かない。

本当は批判するときはできる限りギリギリまでみんなにわかってもらえるようにしないといけないんだよね。今日、反省。
明日からよくなろう、少しでも。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 樽井 | URL | -

    効率だけが全てではないけれど

     自分もこの本を読みましたが、なんつーか、そこまでしなくてもいいんじゃないかなぁと思ったりする部分もあったです。
     営業職の場合、遊びの部分、そのまんまの遊びや余裕というか幅というかの意味での遊びが実は大きなファクターであったりするので、生産性だけ考えるとどつぽにはまります。
     ので、こういう考え方や利用できる部分もあり、てなくらいの読みで終わりました。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    僕もバランスについての疑問は少しありますが、この本は効率化できる部分を教えてくれているだけで、あくまで使うかどうかを決めるのは読者なわけです。
    「こういうことをやった方がいい」ではなく「何かをやってほしい」と書いた本です。

    また、営業の人でも全く違う意見の人もいるでしょうし、遊びの部分を作るために他を徹底的に効率化しようとする人もいるでしょうね。

    個人的には押しつけがましい本が嫌いですが、上記のような理由でこの本は少し違うかな、という感想でした。
    それに対し、樽井さんは少しこの本から押しつけがましさを感じた様子でしたね。
    上辺だけでないところが樽井さんには見えているのかもしれません。
    ただ、樽井さんの営業職を持ち出された感想には強く一方通行な意見を感じました。
    そのような理由で、今回のこのグダグダとしたコメントとなっています。
    読まれた場合はガキだと思ってご容赦ください。

  3. 樽井 | URL | -

    一方通行でしたね

     こんにちは。
     うん、確かに読み返してみると一方通行的というかきめつけてしまうような書き方で申し訳ないです。押し付けがましさは、感性的なものなので、感じる人もいるし感じない人もいるのでなんとも言えないんですが、自分は行間に感じてしまったのでああいう書き方になってしまいました。
     で、補足的に訂正させていただきますと、確かに営業とくくって書いてしまうのは乱暴な話で、商社相手の営業もあれば、一般人相手の営業もあるし、中にはルートセールス的な営業もあるので、あくまであれは自分から見た商社や一般の人相手の営業ということです。言葉足らずでした。
     今後とも、気になることや、こういう言い方はどうだろうという事は変に遠慮せずどしどし書いていただいて結構です。自分は人間が粗忽にできているので結構筆が滑ることもありますので。
     この件で不快感をもたれた方がおられましたらこの場を借りてお詫びします。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    樽井さん
    無礼なコメント返しに対して、丁寧にありがとうございます。やはり、本書から押しつけがましさを読み取られていたのですね。読み取れていなかった自分は、まだまだ読み方が足りないようです。
    精進せねば。

    営業云々の話に関しては、まだ少し意見に食い違いがあるかもしれません。営業による違いを頭においていたわけではないんです。
    効率を重視することと、余裕がないことには、どう考えても関係がないように思えます。
    同じだけの仕事をするとしたら、むしろ、効率を限界まで考えている人の方が、必要なところで余裕があるんじゃないでしょうか?

    また、真面目な人はちょっとやりすぎてしまうかもしれません。
    あまり誉められたことではないかもしれません。
    でも、きっと誰よりも真面目なんでしょうね。
    そういう人を見て、その人ほど仕事に必死になってない人が「真面目すぎるからドツボにはまって」と言っているのを見たとしたら、僕は激怒するでしょう。

    というわけで、こんな感じの考えが僕の中でごちゃごちゃと形をなしたのが上のコメント返しでした。
    何か違う気がしたわけです。
    まだまだ夢を見ていたいガキなもんで、現実の社会を見た人からすると、甘い意見だと思います。
    これこそ、感性の違いでしょうか?
    何にしろ、コメントをいただいておいて、このような無礼をすみません。
    僕の言葉足らずでご不快になるようなことがあったら、またおっしゃって下さい。
    できるだけ、適切な弁解をしますので、今一度チャンスをいただければ、と思います。

  5. 樽井 | URL | -

    ごめん。返事遅れました

     こんばんは。
     まず最初に書いておきますが、僕のほうが読み取り不足で申し訳ないです。仕事のほうの話でいくと、真面目でない人間のことを悪くいうのはそりゃダメです。そういう意味では僕も同じように思います。
     真面目に取り組むのは当然そうでなくちゃならなくて、その上で、その取り組み方が余裕のないものなのか遊びを作った上でのものなのか、効率を追う姿勢が逆に相手にとって逃げ場がなくてまとまりにくいものになるのかそのあたりが業種や職種によって違うということはありますが、真面目に取り組む人間が悪くいわれるのはよくありません。
     まぁ、営業の場合は数字を作れるのが一番優先能力ではあるので、ちゃらんぽらんでも数字をしっかり作るほうが評価されるという部分はあるのですが、真面目にやらない人間はいっとき成功してもいずれは大敗するので帳尻はあいます。
     ともあれ、悪い気持ちはまったくいだいていないことだけ取り急ぎ。うちのサイトを見てもらっていたら分かってもらえるかと思いますけれど、自分はいたって言葉が足らないので深読みとかしないでそのまんま思った事をぱっぱっ書いているので変な風にとらえられたらごめんなさい。

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    いやいや、読み取り不足には自信があるMaThyとしては聞き捨てなりませんな(笑)
    まあ、この話はおいておきますね。

    悪い感情を持たれなかった、と言っていただき、ホッといたしました。
    何か、勢いで、ガンガン書いてしまうんですよね…
    すみませんでした。

    文章を書くのがいかに難しいかを今回、またしても、まざまざと実感いたしました。
    そういう意味では、本当にありがとうございました。
    精進させていただきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/116-0f58b4de
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。