スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因

2008年05月24日 22:51

解釈は、記述との間で整合性がある限りにおいては自由ですが、整合性のないものは許されない


わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)
西林 克彦

光文社 2005-09-20
売り上げランキング : 2217
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文章を読むときに起こる「わかったつもり」を防ぐにはどうするべきか、ということについて書かれている。ざっくり言ってしまうと「本の読み方入門」って感じ。そして、良い入門書だと思う。

僕の中で、文章を正しく読むことはけっこう大きなテーマで、なかなか意識し続けるのは難しいのだけれど、一応努力はしている。そんな僕の頭に、この本の内容はすんなり入ってきたし、ためになった気もする。とにかく、面白く読めた。

昔、「本の読み方は自由だから」と言って憚らない友達がいた。今も友達だけど。これが、とんでもない読み方をする。最早、本の内容とか関係ないくらいの解釈。しかも、「読み方は自由」という、何だかイメージの良い言葉を振りかざすから扱いようがない。

小学校では「読み方は人それぞれ」と習う。たぶん、先生たちが理解していないから、子供が誤解するんだろうけど、正しくは「正しく解釈して、そこから何を考えようと自由」だよね?だって、好きに解釈するって「他人(=作者)の言ってることを無視」と同じじゃないかな?

この本は「正しく読もう(解釈しよう)。そして、その正しさを妨げるものが何か知っておこう」と言っている。感じがいいでしょ?
例文を使って、正しさを妨げるものが説明される。いかに人が浅い読み方をしているか。いかにイメージに流されて間違った解釈をしてしまうか。このパートが面白い。
上っ面を読んだだけでは、小学生の教科書すら正しく読めないことがあったり、勝手に持っている触りの良い知識を文章の解釈としてしまったり。

解決方法は「ミスポイントをよく理解して注意すること」だって。ここがもう少し身につけやすいものであったら、完璧だったのにな、と思う。難しいんだろうけど、もっと、僕みたいな怠け者でも実践できる訓練法とかないんですかね…
ぎぶみー、コツ的なもの。

そういえば、この本でははじめの方から、やたら小学校の国語の教科書が例文に選ばれている。
「小学校での国語教育は微妙だ」ってことを言いたいんだろうな、と思って読んでたら、案の定。最後の方に出てくる。
僕も常々問題だと思ってたんだよね、的な知ったかぶりをしてみたり。

真面目な話、「読み方は自由」って教えるのってやっぱり無責任すぎると思う。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)

「文章の書き方」に関する本は前に記事にしていて、こっちもかなりお気に入りなんで、興味のある方は、参考にしてみてください。
理科系の作文技術
…日本人って国語を教えるのが下手なんだろうね。
アマゾンでの評価はこんな感じ。
40件のレビューで星は4.5個。
良い評価の部類だろう。

軽く読んでみたところ、みんな「こいつわかったつもりだぜ?」と言われるのを恐れてか、それなりに考えて書いてある(笑)
星が少ないレビューも「なるほど」と思われる意見が多い。

特に、例文を使って読者の読み間違いを明らかにする点においてネガティブな意見が多かった印象。そのとき、ちょっとした縛りを設けて、例文を読まされる。そんなに精読させてくれないんだけど、そこについて、
「文章は常に精読する必要はない」という点でもって、「読み飛ばしてしまうのが、むしろ普通」
という意見や、
「記憶力が問題になる場合もありそうだ」という点でもって、「間違いは『わかったつもり』以外からも起こるだろう」
という意見があった。

何か正しい気がする。けど、この本の趣旨を無視しているような気がする。

「精読しないといけないときに、今ミスったようなことをしないでね」という本だと思うんだ。だから、読み間違いのパターンを浮き上がらせるために、若干の縛りを設けて、僕らに例文を読ませたんだと思うんだけど…

でも、僕が読めなかっただけで、「得意げに相手の読み間違いを指摘」しているような印象も与える本なのかもしれない。それが読めてしまうと、きっと違う解釈ができるだろう。

今回、僕はたまたまラッキーで感じの悪さを読み落としたようだ。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 樽井 | URL | -

    ご無沙汰です 

     こんばんは。
     ご無沙汰でした。
     復調されたようで、よかったです。さて。自分なんかは読み取る前に、ちゃんと書けない、きちんと書くことに手を抜いてしまうところがあるから、きちんと読んでもらうために書く方も気をつけないとね、と少々ピントがずれたところでドキっとしました。
     正式な仕事用の文章とかでないから、ブログに書くときって勢いだとかノリだとか話し言葉的な感覚を重視して書いちゃうから、けっこうあとで読み返してみて「あちゃあ」と思う事もしばしばなのです。  
     

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    樽井さん
    いえいえ。
    ここから書き手の話に議論が及ぶのも自然で、実際、本書の中でも言及されていました。
    そして、ぼくも「あちゃあ」度合いは樽井さんには全く負ける気はしません(笑)
    樽井さんのブログは間違いなく読みやすいですし。

    頑張って国語の力をつけていきたいものです。

  3. さーにん | URL | -

    こんにちは

    私はつい先日「本を読む本」を読んで、かなりためになった気がしたのですが、論文系を正しく読む以前の読解力に問題アリの自分には こちらの方がためになるかも。 さっそくチェックしてみます(^∇^)ノ

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. MaThy | URL | OARS9n6I

    その「本を読む本」を知らない僕としては、何とも言いかねますが…
    ただ、はじめての内容なら楽しめる気がします。
    それに、例文も僕は好きでした。

    トラックバックの件ですが、是非よろしくお願いします。
    少なくとも、僕は大歓迎です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/124-b6423eed
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。