スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真ッ赤な東京

2008年06月29日 22:29

真ッ赤な東京 (集英社文庫)真ッ赤な東京 (集英社文庫)
常盤 雅幸

集英社 2003-07
売り上げランキング : 221239
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「真っ赤な東京」ではなく「真ッ赤な東京」
かなり前に読んだ本で。4コマ漫画なんだけど、センスがいっちゃってる。

MASAYUKI TOKIWA OFFICAL WEB

このページで毎週土曜日に4コマが一つ更新されるのだけれど、毎週楽しみで。真ッ赤な東京の一部はこのページの下のPREVIEWから見られるようになっている。

はじめ読んだとき、特に印象に残ったのは確かここにある「魔女」だった。その後は、読むたびに次々と気になるものが出てくる。読み込めば読み込むほどにおいしい。

切りつけるものは、わざとらしいほど切りつける。鋭さを見せつける。
こういうのを見てると、センスという言葉が鋭さで形容される理由が分かる気がする。ワンパターンなようなのに、毎回新しいもののように見えるのは、センスそのものが新しいからなんだろう。

たとえば、上に挙げた「魔女」。悪い魔女と良い魔女の対比。わざとらしいでしょう?わざとらしさがいいでしょう?わざとらしくないとダメでしょう?
この4コマにあからさまには表れないものが、あぶり出されていると思う。

いいなぁ、ホント。

そういえば、僕の妹はこの本を読みながら終始大爆笑だった。それはそれで凄いことだと思うけど…(笑)
でも、人によっては上記のサイトの「目撃者多数」とか、笑っちゃうんじゃないかな。

僕の評価は★★★★★(星5つ)
満足な一冊です。
是非、作者のオフィシャルウェブサイトはのぞいてみてください。

「本の山。」関連記事は「マンガ」と「笑い」と「鋭さ」を考えて、こんな感じ。
やさぐれぱんだ 1
われ笑う、ゆえにわれあり
トーマの心臓

アマゾンでの評価はこんな感じ。
ハードバージョンもある。

合わせてレビューが5個というマイナーさ。
それがまた良い?(笑)

僕も全然うまく表現できたとは思っていないけど、みんなレビューには困っているん様子。

確かに人を選ぶ本かな、とも思うけれど、これがマンガとして表現されているのは、サービスなんじゃないかな、とか思う。
どうなんだろう?

この絵が合わない、とか言いだす人がいそうな気がする。不幸な狭量さだと思うけど、そういう人は大体、いかにも作者が悪いかのような態度でそのことを話すんだ。
「いやぁ、あの絵、俺はダメだな。生理的にうけつけない」

ちなみに、僕はこういうやつ、けっこう生理的にうけつけない。

…って、何を架空の人物に文句たれてんだ、僕ってば。
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/129-12b9d2be
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。