スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラムはなぜ動くのか

2006年05月19日 23:58

『プログラムはなぜ動くのか ― 知っておきたいプログラミングの基礎知識』矢沢久雄 日経BP社

10年後も通用する“基本”を身につけよう

僕はけっこう前からコンピュータとかプログラミングとかに興味がある。
この本が流行ってたころか、それより少し後くらいからだったと思う。

それで、ずっとこの本が欲しかった時期があった。でもその頃は、基本的にお小遣いで本を買っていたのだが、やっぱりそんなにたくさんは買えないわけで、ずっと後回しになっていた。

それで、やっと買えたと思って買ってみると、この本、感じ悪いのである。これには凹んだ。

そのころのメモに、作者がもっと良ければもっと面白くなるテーマだったのに。って書いてある(笑)
いや、っていうか、マジ感じ悪いよ、これは。

この本は初心者には若干辛く、けっこう分かっている人には簡単すぎる。僕はどうしても分かりたかったから、2回ほど読んだ覚えがある。
そして、後ほど入門書にはもっといいものがあることを知った。

まあ、というわけだが、「ためにならなかったか?」と言われるとためにはなった。
確かに頑張れば、コンピュータの構造や、基本的な考え方、プログラムの仕組みの基本はこれで理解できると思う。
でも、それは頑張って勉強した僕の功績だと言いたい(大笑)

評価は★★★☆☆(星3つ)
まあ、いい本なのかもしれない。

アマゾンのレビュー
はこんな感じ。
最近のレビューは微妙だがけっこう人気の本だ。僕の理解力が疑われる。い、いや、僕もためになる本だとは思ってるんよ、実際。
ただ、「一生付き合える」ほどレベルは高くないので、その辺り勘違いしているレビューは参考にならないかも、とは思いました。
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/13-2d34a569
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。