スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の講義の後

2008年07月26日 23:18

最後の授業 ぼくの命があるうちに
この記事を書いたのがちょうど一週間前。
とても心が動かされる良い本でした。

今日は著者ランディ・パウシュの訃報を見つけた。

An Enduring Legacy - Carnegie Mellon University


404 Blog Not Found:訃報 - Randy Pausch, the Lecturer of "the Last Lecture"
こちらのブログで知ったのですが、ここに書かれている言葉がなぜだか僕の気持ちとしても嘘くさくならなそうだと思った。

Thank you, Randy, for sharing something not for us.





僕も少しずつ、最善を尽くす練習をしていこう。
誰かのために最善を尽くして、それが他の誰かのためにもなったりしたら、素晴らしいじゃないか。
そんなことをちょっと思ったのでした。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. さーにん | URL | -

    日曜日の朝刊で訃報を読み、ああMaThyさんの書かれていた本の方だと思いました。

    言葉を発することの大切さを あらためて考えさせられました。
    思っていても発しなければ伝わらないこともあり、伝わらなければ どれだけの思いがあろうと相手にとってはゼロなのかも と。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    ああ、難しい問題ですね。
    言っても言わなくても後悔する時がありますよね(笑)

    でも、それならせめて、最善を尽くしたいものです。

    ただ、あんまり僕の下らない記事で考えこまないでくださいね。
    後悔しちゃいます(笑)

  3. さーにん | URL | -

    検定に再チャレンジされたら教えてくださいね。本日は応援ポチのみで^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/133-569537d3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。