スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身

2008年08月25日 17:00

あの母娘を助けるのは、石神としては当然のことだった。彼女たちがいなければ、今の自分もないのだ。身代わりになるわけではない。これは恩返しだと考えていた。彼女たちは身に何の覚えもないだろう。それでいい。人は時に、健気に生きているだけで、誰かを救っていることがある。

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
東野 圭吾

文藝春秋 2008-08-05
売り上げランキング : 5
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは面白かった。
この一冊で十分東野さんを好きになれる。

ある母娘が昔の父親を殺してしまう。
途方に暮れている時、隣の部屋に住む男(石神)が訪ねてきて「手伝いましょう」と言い出した。
あれよあれよと言う間に、石神が全てを処理してくれる。
警察の追及も何だか的外れなような…。
ところが、そこにこのシリーズの探偵役の湯川が絡んでくる。
石神と湯川は古い友人で…。

このシリーズは昔一冊読んだことがある。
きっかけは「容疑者Xの献身」に面白そうな宣伝がついていたことだった。
面白そうだったんだけど、その時はまだハードカバーしかなかった。
仕方なくその時文庫だった奴を適当に選んで読んでみた。
「探偵ガリレオ」これがすんごい自分に合わなかった。
一発ネタというか…。
考える問題というより、知識を問う問題。
その一発ネタのために、とりあえずついてくるお話。
そんな感じがしてつまらなかった。

もう二度とこのシリーズは読むまいぞ、と思ってたけど、天邪鬼の僕には映画の予告がまたしても面白そうに見えて。
で、今回に至る。
グッジョブ、映画の営業。
完全に満足しました。

「ああ、なるほど」と思ってしまうような良い塩梅の謎。
それに負けないお話。
ひどく単純な反応だけど、お話には感動した。
帯にあるようなチープな言葉を思わず並べたくなるような。
またちょっと東野さんの本を漁ってみようかと思うような。

評価は★★★★★(星5つ)

関連記事は長編でオチがきれいなのをピックアップ。
仮面山荘殺人事件
オーデュボンの祈り
木曜組曲
アマゾンでの評価は以下参照。
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
容疑者Xの献身
ハードの方とかレビューが266件とか。
読むの諦めた。
基本良い評価。これでいいかな、という手抜き。

近頃のアマゾンは評価の評価が充実している。
僕がここでブツブツつぶやくよりは、そりゃあ素晴らしいに違いない。
あまり評価の高くない有用なレビュー、というのが簡単に見れるのだけど、
その人の話では、感情移入できない恐れあり、とのことだ。
感情移入できて評価を上げている人もたくさんいるが、けっこうな人数が「よく分からない」という感想を持ったということだろう。

ちなみに、僕がざっくり評価すると、単純に楽しめる人の方が大多数だと思う。
そうじゃなかったら、人気なんてそもそも出ないし、ましてや映画なんて。

せっかく文庫になったし、シリーズの他作品に満足できなかった人もチャレンジする価値のある一冊かな、と思いました。
スポンサーサイト



広告


コメント

  1. さーにん | URL | -

    こんにちは

    東野 圭吾さんは「手紙」を読んで、すごく力のある作家だと、ぜひ次は「容疑者Xの献身」を読もうと思っていたのをすっかり忘れていました。
    思い出させていただけて、ラッキー♪
    ありがとうございます。

    ところで、MaThyさんは森博嗣さんをたくさん読んでらしたんですね。と、今頃気づいたわたし。
    実は先日はじめて「ナ・バ・テア」を読んだとき、文章の雰囲気から なんとなくMaThyさんのことを思い出していたことが腑に落ちたような。。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    こんばんは。
    手紙も面白そうですね。
    今までは東野さんってだけで軽く敬遠気味でしたが、良い機会ですし、手を出してみます。

    「ナ・バ・デア」読まれてましたね。
    雰囲気、ですか。
    全然わかりませんが、光栄なことなんでしょうね(笑)
    ありがとうございます。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. peco | URL | -

    私もこの作品、ミステリーとして純粋に面白いと感じました。
    東野さんなら『白夜行』が一番好きかな。
    『手紙』『悪意』『同級生』なども良かったですね。
    そうかもうすぐ映画公開なんですね。
    福山さんはかっこよすぎだと思いますがw

  5. MaThy | URL | OARS9n6I

    pecoさんも読まれたのですね?
    そして、楽しまれたようで。
    いやぁ、何かよく分からないですが、うれしいです(笑)

    同級生、僕も楽しんだ記憶が…。
    かなり前なことなので、あいまいな記憶ですが、その頃は東野さんの作品好きでした。
    これからまた読もうと思っているので、まずは挙げて下さった他の本たちにアタックしてみます。
    ありがとうございます。

    福山さんはかっこよすぎですが、けっこう好きなんで、許そうかと思ってます(笑)

  6. 樽井 | URL | -

    楽しみました

     この本、昨日読みましたが、予想以上に楽しんで読めました。構成が見事だなと感服いたしました。

  7. MaThy | URL | OARS9n6I

    樽井さん
    それは、良かったですね。
    僕も感服した、みたいな感じです。

  8. 秋庭 | URL | -

    こんにちは

    はじめまして
    こんにちは

    この本は手に取ったら一気でした。
    東野作品は結構読んでるんですが、僕のなかではダントツで一位ですね。
    あと『悪意』が良かった記憶が……

  9. MaThy | URL | OARS9n6I

    秋庭さん

    はじめまして。
    一気でしたか。
    その感じ、かなり分かるかもしれません(笑)
    僕の中でも今のところ一位です。
    秋庭さんと違い、たくさん読んでるわけではないので変わる可能性も高いですが。
    そういえば、この前「手紙」を読んで、かなり凹みました。
    面白かったのですが、僕には重すぎまして…。

    「悪意」
    これは要チャレンジですね。
    ご紹介ありがとうございます。

  10. 秋庭 | URL | -

    こんにちは

    「手紙」は僕の東野デビュー作なんですが、(根っから軽い)僕には重すぎな作品でした。どうやら僕は、すべての本に「笑い」や「楽」を求めてしまう傾向にあるようで……

    でもリアルに人間が描かれているなと。かなり衝撃を受けました。

  11. MaThy | URL | OARS9n6I

    秋庭さん

    こんにちは。
    丁寧にご返事いただいたのに、気づくの遅くなってすみません。

    僕も本には楽しさを求めてしまいます。
    軽く読めて幸せな気分になれたら…くらいのスタンスです。
    感じ方は近いのかもしれませんね。

    確かにリアルでしたよね、あれは。
    リアルだからこそ、キツかったと言いますか。
    近頃、東野さんの作品を読むのが怖です(笑)
    そして、近頃、なかなか本が選べなくなりました…
    これは、ピンチです。

    もし、何か良い「笑い」や「楽」のある本がありましたら、教えていただければ、とても助かります。
    よろしくお願いします。

  12. 秋庭 | URL | -

    こんにちは

    読んで面白かったのは
    有川浩さん全般ですかね。
    この作家さんは、僕の知人のブログを通して知りました。参考までにURLを…

    中でもいちおしは『塩の街』。SFな設定と、登場人物の魅力に惚れました。

  13. MaThy | URL | OARS9n6I

    秋庭さん

    早速ありがとうございます。
    有川浩さんですか。
    全く今まで触れたことのない人です。
    必ず読んでみます。

    お知り合いの方のブログによると塩の街がデビュー作なんですね?
    ライトノベルは初挑戦です。
    ちょっと学校になさそうなんで、探しに行かなくては…

    ありがとうございます。

  14. 秋庭 | URL | -

    こんにちは

    実は、僕の『秋庭』と言うペンネームは、塩の街に登場する主人公に憧れて付けたものです。

    先日ご紹介したブログの管理人には話を通してあるので、お時間あれば読了後に感想いただけると嬉しいとの事でした。

    では、塩の街楽しんで下さい。

  15. MaThy | URL | OARS9n6I

    秋庭さん

    こんにちは。
    そ、そうなんですか…
    以前のコメントの返事の時、秋庭さんの名前を間違えて書いてしまったことを、今さらながら悔やんでおります。
    すみません。

    実は、少し地元の本屋で探したもののまだ手に入れられてなかったりします。
    いつになるか分かりませんが、感想お伝えにいければ、と思います。

    ご丁寧にありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/139-9d93ebd3
この記事へのトラックバック

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 映画化を前に、やっと文庫化されたよ~。どんだけ待っていたか...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。