スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムゾン・ルーム

2008年09月08日 02:42

目覚めたとき、男は狭い部屋の中で、小さなベッドに横たわっていた。
彼を取り巻く壁と天井は、深紅だった。



クリムゾン・ルームクリムゾン・ルーム
高木 敏光

サンマーク出版 2008-04-03
売り上げランキング : 228816
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリムゾン・ルームって脱出ゲームがある。
僕も昔やったことがあった。
Wikipediaで脱出ゲームを調べると、説明の中に現れる。
そんなに有名なゲームとは知らなかったな。
脱出ゲーム - Wikipedia
どうやら、そのゲームの作者が、同ゲームをモチーフに本を書いた様子。

主人公は著者と同じ名前の高木。
高木はゲームはクリエイタだが、純粋な創作に関わらなくなって久しい。
そんな折、『K』という男に出会う。
高木に憧れる才能のある若者。
彼の作品を高木の名前で出し始める二人。
そんな彼らの周りで起こる事件と、クリムゾン・ルームというゲームのお話。

ハードボイルドな雰囲気で進んでいくお話で、先が気になるお話。
ただ、ハードボイルドな雰囲気は過剰で、おっさんが自分を主人公にしたてて作ったお話だ、とか思うと萎える。
ニヤリと笑ってるつもりで、外から見てたらニタニタ、みたいな。
たぶん、ハードボイルドの勘違いだと思っている。

お話はどこに見せ場があるのか分からない感じ。
伏線があまり絡み合っているように見えない辺り、実はよくできたお話ではないんだろう。
実際、何の話だったか?なぜクリムゾン・ルームってお話なのか?オチは?という質問の答えがことごとく弱い。

でも、見せかけだけで、何となく先を気にさせる辺りは上手いと言えるのかも。
決してリピーターがつくものではないとは思うけども。
せめてもっと短ければ、とも思う。

あ、ちなみに48章あるうちの9章までは読めるようです。
サンマーク出版:クリムゾン・ルーム:著者:高木敏光

評価は★★☆☆☆(星2つ)

ゲームの方はこの本よりきっと面白い。
ゲームバランスがよくて、意地悪すぎもしない。
たぶん長くても30分程度でクリアできるんじゃないかな。
気になる方は是非チャレンジしてみてください。
FASCO-CS > CRIMSON ROOM
(音がなるので注意)

今回は訳あって、届いた時の写真をアップしないといけないようなので…。(理由は続きから)

アマゾンでの評価はこんな感じ。
3個のレビューで星は5個。

紹介文を読んでみたら

「創造とは何か」を根源的に問いかける


と書いてあった。
確かに「創造」がテーマになってはいるが、「根源的に」の意味が分からない。
もうちょっと短かければ(以下略)

他の部分(紹介文、推薦文、レビュー)はどれもtoo muchだと思う。
読み終わった僕としては、違う本についたレビューではないのか、と思ってしまうほど。

ただ、僕の読み方はご存じの通り、そこまで信頼が置けるものではないことには注意が必要(笑)

今回の記事はエーハチネットってところの企画。
クリムゾン・ルームをタダで読んで記事を書こう!みたいな感じ。
写真も記事の条件として必要だったわけでして。
本をタダで読ましてくれたり、時には記事を書いたら逆に謝礼をいただけたり、活字なら何ででも時間を潰せる僕としてはうれしい限り。
今も2冊ほど家に届いてたりする。
気になる方は試されてみては?
スポンサーサイト



広告


コメント

  1. 山形県 | URL | idSxwv0o

    お久しぶりです(ノ∀`*)。
    ★二つという低さに逆に興味をそそられてしまいます。ミス天邪鬼とはこの私の事ですとも。ちょっと挑戦してみようかしらん。
    >「創造とは何か」を根源的に問いかける
    まあこういうでっかい事言ってる本は大抵それほど凄く無いので、あまり期待を持たずに読んでみます。
    たまにいますよね、小説の中に自分を登場させる人。モブならともかく主人公が作者だとちょっと受けますよね。法月倫太郎とかそんな理由で読むの挫折した気がする。
    ていうか……、タダで本が読めるなんてうらやましすぐる……。私も受験生でさえなければ……(´;ω;` )。悔し紛れにぶーぶー言っちゃいますよ。ぶーぶー。

  2. さーにん | URL | -

    こんにちは
    「クリムゾンルーム」は読んでいないですが、「せめてもう少し短ければ」こう言いたくなる本、ありますねえ。
    わかるー!と思ったら可笑しくなっちゃいました。

  3. MaThy | URL | OARS9n6I

    山形県さん
    お久しぶりです。
    なんだか本当に久しぶりな気がしますね(笑)

    いや、3つにしようか迷ったんですよ、これでも。
    でも、甘やかしちゃいかんな、と思いまして(嘘)

    たぶん立ち読みをすると挫折する気がしますので、本気で買われるなら、「えいや」って感じが必要かもしれませんよ(笑)

    タダで読書って何か本当に偉そうで、いいですよね。
    ニマニマ言っちゃいますよ。ニマニマ。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    さーにんさん
    半分でいいかも、むしろ脱出ゲームだけでやめておけばよかったんではないか、とか言い出すと言い過ぎですかね?
    ま、そう思っているのは僕だけかもしれないので、あまり本気で笑わないであげてくださいね。

  5. 読書系女子 | URL | Zs4YPSp2

    いまいちかな?と思っても、最後まで読んであげるのですね。
    ある一定の親しみ?みたいなものを最後まで保てたら読めるかな。。。

    (スパムって何とかならないかしらね)

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    読書系女子さん

    もちろん読みます。
    もったいない、の精神です。
    それに、今回の本は先が気になったのです。

    スパムって頭の悪い人がひたすら手を動かす、っていう知性を捨てた人たちにしかできないことですよね。
    消えてしまえば、世の中はもっとよくなるでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/140-c226363d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。