スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末のフール

2008年09月14日 13:27

かわりに、おまえもいつか、誰かを許してあげなさい

終末のフール終末のフール
伊坂 幸太郎

集英社 2006-03
売り上げランキング : 36173
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


帯に伊坂さんのこの本に寄せる言葉。

静かで、可笑しくて、
力強いものに触れたくて、
8つのお話を書きました。
どの話にも思い入れがあり、
大事な本となりました。


それはそれは面白い本でした。

世界の寿命が発表された。8年後に小惑星が落ちてくるという。絶望した人々が暴れに暴れ、町は荒れに荒れ…。そして、数年後、突然、疲れたかのように町が大人しくなった。

避けられない死を前にして人はどれくらい人を許せるだろう?
その優しさは、確かに静かで力強かった。

時に、力強さを失わない人に前に進む力を分けてもらったり、
昔は持っていたモノを思い出したり、
大切な何かを新しく身につけたりしながら、
静かに、できるだけ愉快に生きていく人たち。

思わず、自分が同じ状況だったら、と考えずにはいられない。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」



★★★★★(星5つ)

関連記事
死神の精度
チルドレン
どっちも伊坂さんの短編もの。
どちらも良い本だと思います。
アマゾンのレビューは以下のページにある。
終末のフール
49件のレビューで星は4個。
やっぱりいい評価ですね。

レビューは有用性のあるレビューを上から3つくらい読んで、とても読む気にはなれなくなりました。特に「評価が高くない有用性のあるレビュー」のところに表示されるレビューが僕にダメージを。

誰とどう過ごすのか?


そんな話だっけ?
…とか言うと、自分の首を絞めることになるわけで、い、いや、実際、ちょっとした誇張表現なんですよ、ハハハ。

とにかく、面白いと思っても「ダメポイントも挙げなくては公平じゃない」と思い込んでるようなレビューや、その逆のレビューなんかに正直さがあるとは思えない。

読む価値は薄いレビュー達でしょう…って、今回はあんまり読んでないですけどね。

僕は自分を棚に上げている訳ですが、そんなに高い棚じゃないんだ、と思いたい気持でいっぱいです。
スポンサーサイト



広告


コメント

  1. さーにん | URL | -

    明日世界が終わるとしても、明日の分の種をまく だったかな、そんな言葉があるんですよ。
    人として今出来ることを精一杯する みたいな意味で、わりと好きな言葉なんですが、これを別の意味で解釈してウハウハしたバカモノがおりまして(爆)前世はきっと種馬だったのかも。

    って、レビューとぜんぜん関係ない話ですみません。
    伊坂さん、「ラッシュライフ」と「終末のフール」どちらから読めるかわかりませんが、どちらも楽しみです。
    の、前に。森見さんの「走れメロス」より先に「太陽の塔」が入手できてしまったので、まずはこちらの予定です。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    そういえば、今世界が滅びたら、来世ってないんですね。
    強制的に悟らされるんでしょうか?
    誰かの予言どおりゴキブリだけがしぶとく生きてくれたら、来世は迷わずみんなゴッキーですね。
    ひどい世の中になったものです。

    読書計画、楽しそうですね。
    また期待しながら待っております。

  3. ゆきさん | URL | -

    はじめまして。

    はじめまして。
    面白い本をですね。私もビジネス書中心の
    ブログを運営しておりますが、私の読まない
    分野の本に関して、こちらの情報を参考に
    させて頂いております。これからもよろしく
    お願いします。
    もしよろしければ、相互リンクをお願い致します。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    ゆきさんさん
    はじめまして。
    面白い本を、なんでしょう…?

    参考にしていただいてますか?
    それなら本当にありがたいことです。
    こちらこそよろしくお願いします。

    えっと…
    相互リンクの話はとてもうれしいです。
    ですが、できれば先にブログの方を覗かせていただきたいです。
    ゆきさんさんを疑うわけではないのですが、いきなりメールを送るのは気がひけます。
    チキンなもんでして(苦笑)
    ブログのアドレスなど教えていただければ幸いです。

  5. seringo | URL | -

    読みたくなりました

    偶然にも最近「もし、世界が終わることが告知されてしまったらどうなるかしら」と考えてたもので。
    例えばあと3日と言われたら。
    みんな仕事なんかしないで、家族に会いたいでしょう?
    でも、みんなが仕事を放棄したら電車もバスも動かないし、飛行機だって飛ばないし、残り3日分の食料を買うスーパーだって開かないかもしれない。
    心穏やかに過ごせるかしら。。。

    根暗っぷりを発揮しましたが・・・
    是非読んでみたいです!

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    seringoさん
    そういう人は読んで損しないと思います。
    プロの作家さんの想像力で作られた世界はやっぱり凄いです。
    きっと続きを考えるきっかけにもなるのではないかと思います。

    ちなみに、僕は後3日でも普通に過ごしたいです。
    それなりに楽しい毎日なんで。

    なんにしろ、短い短編ですし、レッツ立ち読みだと思います。

  7. minoon | URL | -

    世界の寿命がわかったら…私はどうするだろう?
    単純に考え込んでしまいました。
    結論は出てませんが・笑
    最近本の感想を残しながら、文章にする難しさを実感しています。
    難しい言葉も知らないし、いろんなレビューを見ると上手な文章だらけだし。
    MaThyさんはどうやってこんないい感想を書いてるのか興味があります。
    数をこなせば上達するものなのでしょうか?

  8. MaThy | URL | OARS9n6I

    minoonさん
    どうもこんばんは。

    世界の寿命がわかったら…って問題はその時が来ないときっと答えが出ない問題でしょう。
    答えが出ないことを祈ってます(笑)

    文章書くのは難しいですね。
    残念ながら、僕の感想が良いと思うのは間違いだと言わずにはおれません。
    実際、この記事自体も、不満がいっぱいです。
    …言っていただけるのは嬉しいですが(ニマニマ)

    ちなみに、このブログは書くことと読むことの修行のためにあります。
    まだこの程度ですが、はじめの頃より上達しているのは確かなようです。
    僕だけの答えで良ければ、「目的をもって数をこなせば上達する」と断言します。

    ちなみに、日本語のきれいな本のブログといえば
    「分け入つても分け入つても本の山」
    というブログが凄いです。
    ご興味ありましたら、ググってみてください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/141-a5e672d7
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。