もう、不満は言わない

2008年10月06日 00:11

「人生をつくり出すものは考えであり、考えは言葉によって表現されます」。言い換えると、「明確に言葉で表現したものは、実際に行うことになる」ということです。
私たちはみな、毎日自分の人生をつくっています。だから人生の手綱を取って自分の望む方向に向けてやることができます。


もう、不満は言わないもう、不満は言わない
ウィル・ボウエン

サンマーク出版 2008-06-05
売り上げランキング : 335
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕らしくない本を読んだ理由は、A8.netのオファーがあったから。
ラッキーなオファーだ。
さらに、ラッキーなことに意外と楽しく読めた。



こんな感じで本とブレスレットが届いた。
不満を言わないようにすると人生が変わるらしい。
効果は本によるとかなりのものだ。

あなたと同じように初めは半信半疑だった人たちが、やってみた結果、慢性的な体の痛みから解放されたとか、人間関係が解放されたとか、仕事がうまくいくようになったとか、いつも幸せな気分で過ごせるようになったとか、そういうことを知らせてくれます。



ブレスレットをはめて、不満を口にした時に違う手に付け替える。
これを繰り返すことで、自分の発言に注意するようになり、結果、不満を言わない生活をゲット。
そしたら、もうウハウハ。
そんなストーリー。

ちょっと試してみた。
元々、けっこう不満ばかりの生活を送っている僕だけど一人でいる時も
「腰いてぇ」
「疲れた」
「死ねばいいのに(自分に向って)」
とけっこう一人でブツブツ言ってることに気づいた。
キモいな、ホント。

人と会ったら会ったで、気づいた時にはイライラしたことの報告を半ば終えてたりする。
けっこう病気だ。
自分の病気に気づいた今となっては、これを続けるだけで自分の発言が改善されるなら、楽な試みだと思う。

別に不満だけじゃなくて、言いたくない種類の言葉に注意するのは悪くないだろう。
ブレスレットがなくても、デスクの上の置物を移動させたり、ポケットの中のカギを移動させたり、ってのでもいいらしい。
ブレスレットが欲しいなら、ボランティアがただで配ってたりするし…A Complaint Free World
本を買えば応募した人みんなにプレゼントらしい。

本の中身にも触れておこう。
この運動の始まりとか体験談とか利点を書いてあるが、一冊の本にするには内容が薄い。
いろんなところで様々な言葉が引用されていてその部分は面白く読めた
ネット上で読んだら、もっと少ない時間で同じだけためになったかも、とも思う。

また、不満を口にするようなグループに属しているなら、仲が良くても「離れればいい」という考えが紹介される。
僕にはちょっと厳しいかも。
でも、どうでもいい関係や切ってしまえるのに続いている不快な関係は切ってしまうといい、とは思う。
義理でちょくちょく訪問してるけど、どうしても頭の悪さにイライラしてしまうようなブログとか、もう行くのはやめたらいいじゃないか。
僕のブログに義理で訪れている方も、もっと大事なことに時間を使っていただければ…
…と、ちょっと自分の首を絞めてみる(笑)

総合的に見て、僕にとって新しく、いろいろ楽しめる本でした。
評価は★★★☆☆(星3つ)
これからも続けていきたいな、と思ってますが、まだまだ道は遠い(苦笑)

関連記事(生き方を愉快なものにしてくれる本?)
最後の授業 ぼくの命があるうちに
反社会学講座
アマゾンでの評価をチェックしてみる。
もう、不満は言わない
6件のレビューで星は5個。
こういう本を買う時点でけっこうフィルタがかかっている気はするけど、それでもこれは良い評価の方だろう。

みんな始めるぞ、と意気込んでいる。
僕も不満を言わない生活をゲットしたいもんだ。
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/142-58e23cfc
    この記事へのトラックバック