スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男のための自分探し

2008年10月26日 02:37

男が「気持ちいい」と感じるのは、ハーレム建設に役立つものばかりです。

男のための自分探し男のための自分探し
伊藤 健太郎

1万年堂出版 2008-08
売り上げランキング : 1405
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕が絶対に手を出さないような本だな、と記事を書く段になって改めて思っております。
これも、A8.netのオファーだったわけです。
「たまにはこういう本を読んでみて良かった」と思うどころか、「一生に、何度こんな酷い本を読めるだろう?」と思ってへこんでいるところです。
お金のもらえる記事っていつもは嬉しいのですが、今回みたいに酷い本に当たった場合、何かいろいろ考えてしまいますね(笑)

作者さんは東京大学大学院で修士を取られて哲学者になられたとか。
哲学者って何なんでしょうね?
学校で哲学の研究を続けられている先生方が聞いたら失笑するんじゃないかと思うのは僕だけでしょうか?
しかも、修士って、みたいな。

とりあえず、内容に移りましょうか。

幸せってどうやったらなれるのか?という問いから始まります。
「その答えは結婚だ!」…というのはウッソー、そんなスタートです。
欲望が求めるままの快楽、つまり女・金・地位とかそんなのゲットしても、本当の幸せはゲットできない。
本当の幸せは、人生の意味を探しながら、本当の幸福を求めて生きていけば…って感じで終わる。
もう、日本語にもなってない(笑)

この下らないスタートから、意味のないゴールまで、哲学(笑)を使ってうろうろさせてくれる。
哲学というのは仮の姿で、有名哲学者の言葉を適当に引用しているだけ。
その言葉に対する「反射」だけでいろいろ書いてあります。
それなのに、哲学について中途半端な(ぶっちゃけ偽の)説明をつけようとするから、本には構成すらない。
そして要約してみたら、上に書いたみたいに5行くらいで終わったりする。

でも、集められた言葉はけっこう好きです。
最後の方に駆け足で出てくるウィトゲンシュタインの言葉とかいいなぁ…。
ウィトゲンシュタインが、こんなナンセンスな本に引用されたいかは謎ですが。
そんな本ですが一応ウィトゲンシュタインの「幸福に生きよ」って言葉に向けて書かれた本だったりします。
その周辺だけ、若干整合がとれているように見えるのも作者の思い入れの問題かな、と思う次第です。
幸福とは「幸福になりたい」という欲求が消えることによって初めて解決する問題だ、って感じのことが書いてあります。
安っぽいけど、それっぽい。
そして、ここにきて「僕、もう幸せなのかもしんない(笑)」とか思ってみたり。

そういえば、僕の知っている人が「幸せになるには元気の出る嫁」って言ってた。
大好きな言葉で、奴は実に幸せそうだ。
この本はこの一言に劣る。
評価は☆☆☆☆☆(星0個)
ランク外です。

関連してそうな本の記事
論理哲学論考
この本に関するレビューはこんな感じ。
14件のレビューで星は2.5個。
半分の7件が星1個のレビューです。
ちょっと納得できた文章を引用してみる。

読後には、『もやもや感』と『むかむか感』が残った。

最後まで著者自身の哲学的思索は見られず

自己啓発系かと思ったが、内容はメンタル系の本。それもかなり幼稚なメンタル系。

この人はもう40歳なのに、気持ちは「自分探し」なんでしょうか。

科学哲学とはとても言えません。

著者はまじめに人生を生きようとしたことがあるのだろうか。

著者は哲学者とありますが、調べても何の実績も見つかりません。



すげぇ…
そして、良い評価をつけている人は最早サクラにしか見えない。

一つおもしろかったのが、上でめちゃくちゃ書いている人たちの中に、この人の前作を読んだことがある人がいること。
しかも面白くなかったんだとか。
もしかしたら、中毒になるのかもね(笑)

前後不覚、または脅迫されている、というのでないなら、この本を見かけてもスルーしとけば間違いないと思う。
カバーも魅力ないので、手にとってしまったら「ああ、自分前後不覚だ」と反省しよう。
…ここまで書かれてたら逆に手にとりたってしまう、そんなあなた!
思うつぼですよ(笑)
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. ナオー | URL | -

    タイトルが自分探しで内容が幸せになる方法っていうのは
    その時点でニーズに答えられて無い気が・・・
    後もうちょっと表紙に力を入れて欲しいです。

    再開した後、ここが次更新されたらちゃんとコメントしようと
    思ってたんですが、オススメできない本にしても意味ないですね(笑)
    次回期待してます。

  2. simplegg | URL | -

    実はこの本,僕もあるところから献本して貰ったはいいが,どうしようかと思ってます 笑

    へこむこと必至ですね・・・.

  3. MaThy | URL | OARS9n6I

    ナオーさん

    ああ、そこは僕のミスかもしれないですね。
    自分探し=幸せな人生の模索、みたいな感じで書かれていた気がします。
    最早、記憶が定かではありませんが(笑)

    コメントありがとうございます。
    僕もこんな記事にコメントさせてしまって心苦しい限りです。
    しかも、こんな記事に限ってコメントがいつもより早くにたくさん…
    申し訳ありません。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    simplegg さん

    お察しします(笑)
    でも、読んだら意外と楽しめるかもしれませんし、凹んでも凹んだと書いてやればすっきりするかもしれません。
    僕はすっきりしませんでしたが(苦笑)

  5. さーにん | URL | -

    すごい本を読んだんですねえ・・・
    私はここまでハッキリ書かれているのを読んでなにか爽快な気持ちにさせていただきましたが、MaThyさんには おつかれさまでした^^
    コメント欄にまた書けるようになって良かったです♪

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    どういう意味ですごいんでしょう?(笑)
    もしかして、というか、やっぱり、いろいろ謝罪しなくてはいけないかもしれませんね・・・。

    爽快になっていただけたのだとしたら、救われる思いです。
    実際には書きたくなかったですし、誰かの役に立つ可能性があるとも思えなかったので・・・。

    コメント欄、すみませんでした。
    知らず知らずのうちに、URLが書かれているものを禁止にしていたようです。
    ご指摘、ありがとうございました。

  7. 山形県 | URL | idSxwv0o

    これは……ww
    なかなか香ばしそうなにほい(´∀`)

    哲学者って博士が名乗るものだと思っていました……;; 誰でも名乗れるものなんですね。そういう点では心理家や宗教家なんかと近い物がありますね。もう哲学という言葉を使えば何でも許される感がありますねww
    ここまで酷評を受けるとなると妙に気になってしまいます。はい、踊らされています(笑)。
    ん?でも「男のための」って……。女は駄目なんですかねww

    「元気のでる嫁」って素適ですね。私も今度からは、ニートになりたいとかふざけたこと言ってないで、「元気のでる彼氏」が欲しいとか言う事にします。

  8. 樽井 | URL | -

    一番驚いたのは

     今日のスポニチの一面の下半分の広告スペースがこの本にあてられていた事です。売れているのか、それとも、かなり力を入れているのでしょうか?

  9. MaThy | URL | OARS9n6I

    山形県さん

    これはこれは。
    ブログがさびしいことになっていて、どうなったことかと思ってましたよ。

    心理家…これまた凄いのがいるのですね。ゴロも悪い(笑)
    哲学者は許してあげたい気がしてきました。
    僕としてはそんなに酷いこと書いていないつもりでしたが…
    A8の報酬も取り消されたところを見ると、酷いんでしょうね(笑)
    奴のいう哲学を紹介したつもりだったのですが、この仕打ちは最高に気持ちいいです。
    おかげですっきりできました。
    ちなみに、A8は女性のレビュワーも想定していたようなので、女性大歓迎だと思います。

    「元気の出る彼氏」は良い目標だと思います。
    もう、僕も元気が出れば彼氏でもいいですね。
    だって、元気出るんですから(意味不明)
    でも、何をしたら達成できる目標なんでしょうね。
    ああ、哲学。

  10. MaThy | URL | OARS9n6I

    樽井さん

    売れているのかもしれませんね。
    アマゾンでも予想外にレビューがありましたし。
    僕ったら、またしても、適当なこと書いてしまったようです。

    怖いっすね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/145-f9599934
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。