スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図男

2008年11月16日 18:56

すると、しだいに見えてくる。それはどれも、それぞれの土地土地に深い関連性をもった、行動の軌跡を地図上にえがく人物たちの物語群だ。

地図男 (ダ・ヴィンチブックス)地図男 (ダ・ヴィンチブックス)
真藤順丈

メディアファクトリー 2008-09-03
売り上げランキング : 2863
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも勢いで買ってみた本だ。
近頃、衝動買いが3冊ほど続いて、その2冊目がこの本となっております。
ちなみに、衝動買い三部作は「ジョーカー・ゲーム」「地図男」「のぼうの城」
勢いだけで買ってしまう方が当たるのかもしれない。

つまりは、この本もそれなりに楽しめた訳です。
雰囲気が良い。
一言で言ってしまうと、先が気になる『枝葉』だけでできているような本です。
きれいな枝ぶりに、風流な葉の付き方…どんな木なんだろう?
そう思って近づいていくと、幹は意外とヒョロっと力なく、でも形はそんなに悪くない。
たとえ幹が弱いとしても「木がきれいだ」って言う時はたいてい、葉の色とか付き方が問題で…

…と無駄に抽象的な話は終わりにして、内容に触れてみよう。

語り手はある時、地図を抱え、それに物語を記しながら歩いてる男を見つけます。
それはちょっと奇抜な物語。
それ以上に、気になる地図。
地図に書き込まれた物語は、書きこまれた土地と関連のあるお話になっていて、物語の舞台が変われば、それにつれて物語が書き込まれる場所も変わっていく。
何の道しるべもなく、書き綴られたお話に、語り手ははまっていく。
同時に、なぜ地図男がそんなことをしているのか、気になって仕方がなくなってくる。

ある日、地図男がリアルタイムで物語を更新しているところに出会う語り手。
その地図男の異常な様子に…

なかなか見事な枝ぶりでしょう?
ま、僕の説明能力が現在進行形というか過去完了な感じで問題になってますが。

でも…
満足したような雰囲気を出しておきながら、俗世にまみれた僕としては、やはりズンと来るオチを期待してしまう訳です。
それなりにきれいに終わるんだけど、ちょっと物足りない。
そんなこんなで、★★★★☆(星4つ)

ちなみに、読むのがきわめて遅い僕でも、数時間で読み終わる本なので、普通の人なら本当に1時間の本じゃないでしょうか?
隙間にちょっと軽めの読書がしたい人は挑戦してみるのもありかもしれません。

『地図男』の評価はこんな感じ。

13個のレビューで星が3.5個。
意見は、面白いか面白くないかの真っ二つ。
むしろ、この状況が面白い。

個人的には、楽しんだと言いつつも、つまらない派の意見の方が賛成しやすい。
面白かった人たちの反応が過剰にすぎる気がする。
「ちょっと新しいだけじゃないか」という方が公平な見方かなぁ、と。

そんな本でした。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. simplegg | URL | -

    >>先が気になる『枝葉』だけでできているような本

    気になります.そういう物語を著者は計算して書くのでしょうか,それともやはり行き当たりばったりで書くのでしょうか?さらっと読めそうですし,立ち読みしてみます.

  2. よっちゃん | URL | SFo5/nok

    率直に言えば

    面白いところなどないではないか。
    地図帳に書き込まれた三つの短編小説があってそれだけのお話。地図男ってなんなの?

  3. MaThy | URL | OARS9n6I

    simplegg さん

    意外といきあたりばったりだけではなかったみたいですよ。
    伏線と呼べそうなものもありました。
    ただ、素人でも作れそうな伏線だったので、やはりそっちが重要ではないんだと思います。
    やっぱり、いきあたりばったりに見える枝葉を楽しむべき本かと。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    率直に言えば

    よっちゃんさん

    よっちゃんさんの感想はどうでも良いのですが、そのコメント、どう反応すればよいでしょうか?
    「?」はついていますが疑問文ではなさそうですね。
    それとも「地図男というのはですね…」という回答を求めていらっしゃるのでしょうか?
    いやいや、まさか、かなり目上の方とは言え、会ったこともない人が、そんなぞんざいな口をききながら、回答を求めるなんて都合よすぎますね。
    やはり、「これは面白くない」と言っているだけのようです。

    ブログに本の記事を書いてみたら、「いや、これは面白くない」とだけコメントされたのと違いを見つけられません。

    意見をつぶやくのは、ご自分のブログの中だけでするのがよろしいでしょう。
    まっとうに話しかけるのでなければ、コメントスパムと何ら変わるところがありません。

    ちなみに、ブログの記事は読ませていただきました。
    公平にみまして、至極、まっとうな意見かと思います。
    僕も、雰囲気が楽しめなければ、何も残らないお話だと思います。
    僕とは違い、一貫した文章も読みやすくて、「ああ、これはためになる」と思いました。
    コメントに一瞬イラっとした手前、ちょっと悔しい気分です(笑)

    ああ、でも、
    >地図男を探偵役にした構成
    これだけは是非勘弁してほしいですね。
    せっかく僕が楽しめた雰囲気を、雰囲気を楽しめない人のために壊すなんて、考えたくもないです。

    …かなりtoo muchな返答になったかと思いますが、ご容赦下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/148-4d302f22
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。