スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

99.9%は仮説

2006年05月21日 18:51

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 竹内薫 光文社新書


ダメだ。この本は。

まず、手に入れた経緯がまずい。間違って買ってしまった。

そして、内容はもっとまずい。ただひたすら「あおる」だけ。
その煽りが目に付いてしょうがないので、もしかしたら普通に正しいかもしれない部分までも胡散臭い。信じる勇気は僕にはない。

例が少し(多いように見えるが、実は少し)出てくる。でも、僕らが日常的な判断で使えないような例ばかりだったりする上に、古い。平均的に大学の教養で教わること(つまり他の新書に書いてあるくらい)よりは古い。
時々、やりすぎるくらい言いすぎて、間違っているとも言える記述もある。
論理的な流れはない。

新書って、最先端の考えを分かり易く書いたものだったり、今までにない啓蒙書だったり、新しい種類の入門書だったり、少なくとも今までになくて、しかも分かり易く、納得できるものだからいいのだと思う。

この本はそういった本としては最低レベルだと言うほかない。

実際、本を読むのが久々に嫌になった。
でも貧乏性だから、買ったら最後まで読まずにはいられない。そしたら、最後は言い訳っぽかったりして・・・。

この本を読んで、冒頭にあるように頭が柔らかくなったら、たぶん今までが硬すぎたんだと反省するのがいいと思う。

僕の評価は☆☆☆☆☆(星0個)

アマゾンのレビュー
・・・え?評価高い?
どういうことだろう?
小学生とか中学生とかの頃に読んだら、少しためになったと思ったかもしれない、と思った。その頃なら、あまり本を読んでいなかったので、知識として持っているものが少なかったからだ。それでも、この不必要な「あおり」は不快だったろうけど。
つまり、この本はあまり本を読まない人のための本なのかもしれない。つまり、この本を良く書いている人は本を普段読まない人なのではないか?
・・・あれ?ベストレビュワーとかもけっこう好評価だぞ?

うーむ。なぞだ。もしかしたらこの本は名著かもしれない。でも、あくまでレビューは主観的に書くものだから、これでいいや。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. めがね | URL | -

    はじめまして

    はじめましてこんにちは。
    めがねといいます。
    星0個厳しい!
    いろんな本のサイト見たけど、
    星0個は初めてです。
    けどわかりやすくてよいです。
    どのくらいひどいのか、
    少し読んでみたくなりました。
    これからもよろしくお願いします。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    はじめまして。
    どうもコメントありがとうございます。
    今読みなおしてみるとちょっとした失望から怒りの感情を優先しすぎて、ちょっとやりすぎているみたいですね。
    へぇ、と思ったところも少しはあったはずなのですが、全く書いていないですし。

    また、読後に感想をお聞かせいただけるととてもありがたいです。
    では、本当にありがとうございました。

  3. 悠崎 | URL | wjF23NZ2

    この本は啓蒙という新書の働きを立派に果たしていると思いますが

    問題なのはこの程度の内容で「再」啓蒙しなければならない世の中でしょうね

    amazonの高評価の多さはサクラを除いても、それだけ世間にとってそれが新鮮な内容だったということ

    新書がブームとなったことで今までよりも一段教養の低い(都合上この表現を使わせていただきます)啓蒙が可能
    +今の世間の状態はこの程度なのだ、と今までの読者層に痛感させることが可能

    という考えのもとに出版されたのでは?

    そう考えれば名著とまではいきませんが良書だといえると思いますよ(^^)

  4. 悠崎 | URL | wjF23NZ2

    おっと「人々」が抜けていた

    申し訳ありません

  5. MaThy | URL | OARS9n6I

    そうですか…
    まあ、常識的に考えて、こんだけ良い評価を受け立てたら、良書でしょうね。
    自分に合わない、ということだけで大きく客観性を欠いていたようです。
    ま、上のコメントにも同じようなこと書いてますが、やりすぎている、と反省しております。
    お見苦しいもの見せて申し訳ないです。

  6. 悠崎 | URL | wjF23NZ2

    質問の意図が理解されていない・・・・・

    僕のコメントは完全にアイロニーなのですが・・・・

  7. MaThy | URL | OARS9n6I

    あ、それは奇遇ですね。
    ぼくのもそのアイロなんちゃらです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/15-3e10290c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。