スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊の守り人

2009年01月11日 12:32

バルサが鳥影橋を渡っていたとき、皇族の行列が、ちょうど一本上流の、山影橋にさしかかっていたことが、バルサの運命を変えた。

精霊の守り人 (新潮文庫)精霊の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 3455
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バルサの運命が変わった後は、最後まで一直線だ。驚くほど、ごまかしがない。思わせぶりな伏線を散りばめたり、無駄に読者をハラハラさせたり、そんな、言ってしまえば、『ちょっと卑怯な技巧』は一切ない。正直で面白い。そこがこの本の一番凄いところだと思う。

今さら、何も書くことがないくらい有名な本ですね。あらすじも感想も、きっとウェブ上にあふれかえっていることでしょう。僕のお隣さんのブログでも取り上げている方がちらほら。
ワクワクできるストーリー解説をご所望なら、
無辺光 -ムヘンコウ-:書評:精霊の守り人 / 上橋菜穂子 - livedoor Blog(ブログ)
読んだ後の興奮と幸せな気分を覗きたいなら、
SA・N・PO♪ 精霊の守り人
で、その後、時間が余っていて、他にも読みたくなったら、
「精霊の守り人」 上橋菜穂子著 - 樽井さんの読書&電化よもやま日記
などを参考にされるといいかと思います。きっと、僕の書いている記事を読むより、この本を手に取りたくなりますよ。

文庫版には最後に恩田陸さんの解説が載っている。これまた、本に魅力をプラスするいい解説だと思う。ちょっと引用してみよう。

 下品な言い方だが、「モノが違う」。
 それが率直な感想だった。
 思えば、「ハリー・ポッター」シリーズ以降、有象無象の異世界ファンタジーが世界中に溢れた。それらは獲得するアイテムや敵味方のキャラクターのバラエティを描くことに終始しており、ポイント制のカードゲームを文字にしたようなものが散見されたように思う。
(中略)
 そういう二流、亜流の異世界ファンタジーは、世界を構築すらしていなかったのである。


その上橋さんが一冊の本の中に構築した世界を、自分たちの世界として楽しめるのは、やっぱり、日本人なんだろうな、と僕も思う。その世界は、言うならば、八百万の神々の世界を見えないまま、見えるようにした世界というか。

一度読んで、思い出しながら読み返したりして、言葉・文章・世界、それらの多層構造に舌を巻けばいいと思う。

僕の評価は★★★★★(星5つ)
アマゾンのレビューはこんな感じ。

やっぱり良い評価。この先もずっと、4.5個以上はキープじゃないかと思う。

内容は、そんなに期待しない方がいい気がする。「最高だ!」って叫んでるだけのはいいけれど、僕みたく、適当な解釈をつけはじめる人もいるから、興が削がれることもあるかも。一つ抜き出してみると、

この作品にはヒーローは出て来ません。それは人間だからです!


こんな感じ(苦笑)

日本人な訳ですし「未読なら読んどく」ってことで間違いないのではないでしょうか?
面白くなくても、「自分がいかに世間からずれているか」ってことが分かることですし。
スポンサーサイト



広告


コメント

  1. kova | URL | -

    Re: 精霊の守り人

    こんばんわ
    記事の紹介,ありがとうございます.
    >その上橋さんが一冊の本の中に構築した世界を、自分たちの世界として楽しめるのは、やっぱり、日本人なんだろうな、と僕も思う。
    確かに,唯一神や力を持った神々が支配する世界でなく,自然信仰というか,自然の営みを人間が解釈し信仰としているあの世界は日本の精神性や宗教観につながるものがありますね.

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    Re:Re: 精霊の守り人

    こんばんは。コメントありがとうございます。

    僕にはあんなに上手く粗筋を説明できないな、と思いまして、リンクさせていただきました。
    こちらこそ、ありがとうございます。

    何かホッとできる世界観でしたよね。あんまり大それた分析はできませんが、日本の精神性を持ちつつ書かれた話ってのには同感です。

  3. 樽井 | URL | -

    Re: 精霊の守り人

     おはようございます。
     読まれたんですね。良かったでしょう? 自分もこれを昨年読んで、そのあとは文庫に落ちている4巻までトントントンと一気に読んでしまいました。
     

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    Re: Re: 精霊の守り人

    樽井さん

    おはようございます。
    読みました!良かったですよ、ホントに。

    僕もできればトントントンと行きたいと思っております。

  5. さーにん | URL | -

    Re: 精霊の守り人

    楽しく読まれたようで良かったです。
    私にとっては一冊読み終わるたびに、素晴らしいファンタジーだというはじめの印象が深まるシリーズでした。
    読後何度も読み返した本も久しぶりだったような。
    機会があれば、続編もぜひ(*^^*)

    遅くなりましたが、記事の紹介ありがとうございましたm(_ _)m
    TBさせていただきますね。


  6. MaThy | URL | -

    Re: Re: 精霊の守り人

    さーにんさん

    実は、既に続きも読み始めております。
    どれも面白くて、全部読むまで止まりませんね。
    本当に良い本をご紹介いただき、ありがとうございます。
    トラックバックも感謝感謝です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/153-98800961
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。