スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考具―考えるための道具、持っていますか?

2009年04月29日 23:28

常日頃思うのですが、考えることが仕事なのに、そのための道具を持っていない人があまりに多い気がします。わたしたちは毎日何かアイデアを考え、企画にして、実行することで対価を得ているのです。しかしそのためのインフラ=道具の充実度はあまりにも酷い。最新鋭機種のパソコンの前にずっと座っていても、何も浮かんできません。考えるためにどうすればいいのか???

考具―考えるための道具、持っていますか?考具―考えるための道具、持っていますか?
加藤 昌治

阪急コミュニケーションズ 2003-03
売り上げランキング : 2671
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今さら、こんな本を読みました。いろんな本を読みっぱなしにしていますが、書けるタイミングで読み終わった本がこの本でして…。ああ、あの本もこの本もほったらかし。読み終わったのは、こんな今さら内容を紹介するのも憚られるような本。…残念。

…と、こんな残念な形ではありますが、なかなか楽しめました。全く新しさはない本なのですが、考具という新しい軸でごっそりと集められてきたことで、それらが新しい価値になっているのかもしれません。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」


って言葉通りじゃないですか。
ちなみに、この言葉は、
アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング
4484881047

この本からの引用です。アイデアに関する本としては、僕は「アイデアのつくり方」の方が好きです。「考具」は、「アイデアのつくり方」の質をちょっと低くして、その分、使いやすくしたものという位置づけだと思います。

それぞれの考具については、今さらなんで置いておいて、アイデア作り一般について適当に思うところを。

僕は、アイデア出すのが難しいとか、あんまり思ったことがありません。「企画」ってレベルにまで作り上げた回数はそんなにないので、「考具」が扱っている話題全てを簡単だと言うことはできませんが、アイデア出すくらいなら簡単だと思っています。

僕は基本的には「考具」に近い発想法をしているようです。どちらかというと、アイデアとなる既存の要素の組み合わせとして「より突飛な組み合わせ」を積極的に選ぶ傾向はありますが、その時目に入ったものをアイデアの素としたりしてアイデアを作る辺り、似た手法を採用していたのかな、と。
そして、「誰にでもできることだ」「できない人はやり方を知らないだけだ」と考えていた訳です。その点については、考具って本も似たような発想の本だと思います。

後は、「質」なんですよ。僕はこの部分こそ難しいと思います。
アイデアは「既存の要素の組み合わせ」ってことで異存ないのですが、「信じられないほど新しいのに、信じられないほどぴったりの組み合わせ」って奴が時々ありますよね。この度合をアイデアの「質」だとすると、たぶん、「考具」って本が弱い部分もここだと思うんです。本に載っている例が既に低品質なのが、特に残念。確かに、この程度の「質」までならば、この程度のノウハウで何とか辿り着けるだろうさ。「量」を出せれば、時に「質」が高い組み合わせが見つかるかもしれない。でも、ある程度だというのも間違いない。

「質」はセンスだろ。
ここは譲りたくない。

「アイデアのつくり方」はアイデアを待つステップってのがある。「考具」には扱えなかったこと。僕にもイマイチできないこと。きっと、センスが働く時。
もしかしたら、質の高いものに浴びるように触れられれば、何かわかるのかも?
そんなことを思いながら、自分が「いいなぁ」と思うものに日々敏感に生活し…たいのに、何だか余裕がなくなってきて泣きそうな、そんな4月最後の更新でした。

★★★★☆(星4つ)
アマゾンでの評価

115件で星が4.5個。
かなりの評価だろう。

役に立ったレビューはさすがに数が多いだけあって、僕の記事なんかより役に立ちそう、と今さら書いてみる。
全部は読めないが、115個目のレビュー(By Comment Centreさん)は面白かった。
「このレビューは参考になりましたか?」ってところでは「いいえ」に投票しておきましたが…。
いや、嫌いではないのです。ただ、噛み合ってないのは参考にはならないだろう、という判断。
一つの極論が読めるのもいいが、何より文章が、なんか凄い。

本当に価値のあるアイデアは、真の理学的な学問探求方法による日常的な追求過程の論理的発展の究極的な到達点においてしか「絶対に」生まれないのではないでしょうか。


この文とか、どれだけ僕の理解が正しいかもわかりませんが、凄いですよね。

うん、今日も良い一日だった。
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/164-9d9f882d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。